海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

大統領選挙の舌戦の向こうに見えるアメリカの「政治家」の危機感とは


【海外ニュース】

After 30 years in the Senate, during which he transformed himself from war hero into political icon, John McCain now finds himself in more jeopardy than at any time during his political career. And for much of that, he can blame Donald Trump.
(ワシントンポストより)

30年に及ぶ上院議員として、(ベトナム) 戦争の英雄から政界を代表する人物となっていったジョン・マケイン。彼は今ドナルド・トランプのために、政治家としてのキャリアを通した最大の危機に直面している。

【ニュース解説】

今回の大統領選挙は、候補同士の個人攻撃の連鎖が続く中で、有権者の一部からは政策論争はどこにいったのだという批判が広まっています。
実際、ドナルド・トランプは、女性への過去のハラスメントや暴言が暴かれ、「トランプは女性の敵」とばかりに、民主党サイドは攻撃を強めています。CNN などのメディアには過去に言いよられたり、「おさわり」をされたりした女性からの証言が報道され、大統領選挙というよりは、ドナルド・トランプの性癖の暴露大会となっています。
一方のヒラリー・クリントンはというと、一度火消しに成功したかに見えた公的なやりとりを私的なメールで行っていたという失態が、組織的なものだったとウイキリークスから暴露されました。それをトランプ陣営は絶好の機会として、脇の甘い候補の犯罪的な行為としてヒラリー・クリントンを執拗に攻撃しています。
そもそも、大統領選挙の攻防で最も必要な政策論争はどこにいったのかと、多くの有権者が思っているのです。

こうした中、例えばヒラリー・クリントンが絶対に有利だと予想されているカリフォルニア州などでは、ゲリー・ジョンソンに投票しようという人がでてきています。ゲリー・ジョンソンは、元ニューメキシコ州知事で、リバタリアン党の公認候補です。どちらの候補にも賛同できない人の心が揺れているのです。
では、リバタリアン党とはどのような政治団体なのでしょうか。
リバタリアン党とは、個人の権利を最大限に容認し、徴税や徴兵はもとより、麻薬や児童ポルノなどへの公権力の規制をも否定する政党です。
極端な理想主義だとして、マイノリティの弱小政党だと思う人もいるかもしれません。しかし、アメリカにはリバタリアン党の主張を支持する人は少なくないのです。

例えば、犯罪の増加に対して銃規制を唱えるとき、多くのアメリカ人は銃を所持することは、個人が個人を守る最低限の権利だと考えます。また、国民全体が健康保険を持てる制度をと民主党がとなえると、そもそも徴税によって個人を縛り付けること自体がよくないことで、同様に国家が予算をもって健康保険制度を導入することは問題で、健康保険にはいるかどうかは完全に個人の判断だという根強い反論があります。
アメリカの中に伝統的に残る、個人の自由と自立を最優先させようという考え方の延長に、リバタリアン党があるわけです。
リバタリアンの考えを持つ人は、例えば犯罪による個人の拘束は、他人の自立と存在を妨害したときのみに適応されるべきだとして、国家による個人への介入を極力否定し、最小規模の政府の存続だけを認めています。

実は、こうした考え方はアメリカの伝統的な考え方として共和党の中にも深く根付いているのです。共和党が政党として妥協して、個人や地方の権利よりも国家の利益を優先するときには、党の中に不満が吹き出します。その動きが、リバタリアン運動へと直結していったことは過去に何度もありました。保守党といわれる共和党の考え方を純化してゆくと、そこにあるのがリバタリアンの発想なのです。

共和党の内部矛盾は、こうしたリバタリアンとしての意識を持ちながらも、国家としてのアメリカは強い軍隊を維持し、世界へのプレゼンスを持ち続けようと主張することです。
そんな矛盾が表面化したとき、共和党からリバタリアン党へと移籍したのが、元ニューメキシコ州知事のゲリー・ジョンソンをはじめとした一派なのです。

ここで面白いことに気付きます。それは、リバタリアンとしての遺伝子を心の奥に抱く多くの共和党員にとっての、ドナルド・トランプへの嫌悪感です。共和党員の多くは、ここに解説した党内の矛盾を知らないわけではありません。多くの人はそれを妥協させ、あるときは小さい政府を唱え、同時に強力なアメリカを主張してきました。代表的な人物が、ロナルド・レーガン元大統領であり、2008年にオバマ大統領と選挙で争ったジョン・マケインです。
レーガンは故人ですが、マケインのように、この共和党のデリケートな妥協と調和を、「毒舌や暴言」で乱すトランプは、受け入れがたい存在なのです。

リバタリアンとしての小さな政府と個人の尊重という概念、それに対してアメリカを代表する保守党として世界での強いプレゼンスを押し出す共和党。
そんな共和党の苦しみが、大統領選挙の舌戦の裏に見えてきます。
リバタリアン党の党首への投票を考える有権者の心の中を覗くとき、共和党のあるべき姿、民主党の行くべき道をアメリカ人がどう考えているかを観察できるというわけです。

あと 20日少々で大統領選挙です。この選挙の結果は、我々が思う以上に重要な歴史の転換点になるかもしれません。

* * *

『海外メディアから読み解く世界情勢』山久瀬洋二日英対訳
海外メディアから読み解く世界情勢
山久瀬洋二 (著)
IBCパブリッシング刊

海外ではトップニュースでありながら、日本国内ではあまり大きく報じられなかった時事問題の数々を日英対訳で。最近の時事英語で必須のキーワード、海外情勢の読み解き方もしっかり学べます。

山久瀬洋二の「海外ニュースの英語と文化背景・時事解説」・目次へ

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ