タグ別アーカイブ: 日本の英語教育

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

インタラクティヴで、プロアクティヴな英語能力の育成を

【海外ニュース】

The education ministry reported last month that high school English-proficiency scores fell far short of its goals. That report will come as no surprise to most people in Japan, but it is additional evidence that the English education system in Japan is still in desperate need of reform.
(Japan Timesより)

文部科学省は、先月高校の英語能力テストの結果が極めて低いレベルであると発表。日本人にとっては聞き飽きたことかもしれないが、これは日本の英語教育システムの抜本的な改革に必要性をさらに裏付けるものに

【ニュース解説】

日本人はどのようにして英語力を向上させればよいのでしょうか。
そして、そのためにはどのような教育やテストシステムが必要なのでしょうか。
この問題を考えるとき、我々は日本で一番よく使用されているテストの一つである TOEIC が抱える課題をみてゆく必要があります。

実は、巷で TOEIC の高得点者が、実際の仕事での英語のコミュニケータとしてはまったく役に立たないという苦情や愚痴がささやかれています。

その理由を考えましょう。
それは、単純に、多くの人が TOEIC のために練習をし、TOEIC で高得点を取るために「傾向と対策」に集中しているからです。
つまり TOEIC の受験がマニアクックなテスト対策の末に行われ、実際のコミュニケーション現場とは乖離した知識で受験している者が多いことが、その原因なのです。

続きを読む

新たな英語教育に向けて

これから英語教育が変わるといわれています。
今、中学1年生の子供が大学受験に臨む頃、英語の受験は外部のテストを導入して、よりコミュニケーション力を重視した選抜方法に移行するといわれています。

では、コミュニケーション力とはそもそも何でしょうか。
例えば、「駅で会いましょう」という文章に対して See you at the station. という英文がその英訳としてあり、この文章の中の at の部分がブランクの括弧になっています。そして正解として at をいれることが従来の受験のあり方でした。

でも、考えてみてください。
例えば、東京駅で待ち合わせているとき、ただ、See you at Tokyo station. などと言って、本当に二人は出会うことができるのでしょうか。
不可能ですね。しかも、実際は東京駅の中で会うわけですから、See you inside Tokyo station. という方が現実的じゃないでしょうか。
つまり、inside であろうと at であろうと、よしんば by であろうと、状況によってどのような正解でもいいわけです。
今までの英語教育はそこに無理矢理 at という一つの正解を押し付けていたわけです。

続きを読む

その一言が!乗り越えよう異文化摩擦

エグゼクティブ・コーチング(29): 社内の人材開発において、あるいは一般的に、今日本の英語教育に求められるものは何ですか。

今、日本の英語教育が大きく変わろうとしています。
その変革は単なる掛け声ではないようです。
今までの読解と文法偏重の教育からの離脱を本気で進めようとしているメッセージが、毎週のように手元に届いてきます。

確かに、日本人の英語でのコミュニケーション力の低さは目を覆いたくなるほどで、これはそのまま将来の日本の世界レベルでの競争力にも悪い影響を及ぼすのではと懸念されています。
ですから、コミュニケーションのできる英語力を鍛えなければならないのです。では、どのようにすればよいのでしょうか。

最初にいえること。それは、従来の受験教育で求められてきた、答えを一つだけ選ぶ習慣を忘れることです。
たとえば、黄土色の器をみて、この器の色は何でしょうという質問があったとします。黄土色と答えてもよければ、「なんだろう。よくわからないけど、濃い黄色かな。とても落ち着いた色だね」という風に答えてもいいわけです。
むしろ、後者の答えの方がよりコミュニケーション力の高い答えとなるのです。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

アリババの成功物語から見えてくる日本の現実

【海外ニュース】

Alibaba valued at nearly $230bn as stock surges on NY opening
(Financial Times より)

(ニューヨークでの公開で株価が高騰し、アリババの時価総額は 2300億ドル近くとなる)

【ニュース解説】

中国の電子商取引会社アリババ Alibaba がニューヨーク証券取引所 New York Stock Exchange で公開し、記録的な高値をつけたことは、世界中の経済紙がそのトップで伝えています。
この記事が配信された後、さらに株価は上昇し、最終的には公開価格から 38% 上昇し、株価は 93.89ドルをつけたということです。

アリババの創業者、ジャック・マー Jack Ma 氏は、同社のインタビューに対して、Today what we got is not money. What we got is the trust from the people.(今日我々が得たものは金ではない。我々が得たものは人々の信用なのだ)と満面の笑顔で語っています。

続きを読む

iTEP 英語コミュニケーション能力検定試験

英語コミュニケーション能力検定試験「iTEP」説明会

iTEP はご存知ですか?
新しい英語コミュニケーション能力検定試験です。
3月21日に東京で説明会があります。

iTEP 創業者のペリー・S・エーキンス (Boston Educational Services 会長) や小池生夫 (慶應義塾大学名誉教授)、その他の講演があります。興味がある方は行ってみてはどうでしょうか?

3月21日(金) 午後1時から4時まで(要予約)
会場はイイノホール (東京都千代田区内幸町 2-1-1)
ご予約・お問い合わせは:
iTEP日本事務局 03-3513-4511
http://www.itepexamjapan.com