タグ別アーカイブ: 日韓関係

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

セックススキャンダル、円安、そして橋下発言

【海外ニュース】

Park apologizes for scandal
パク大統領、セックススキャンダルを謝罪

Samsung, LG keep close eye on depreciating yen
サムスン、LGは円の下落を注視

Japanese Mayor: Wartime sex slaves were necessary
戦時下の慰安婦は必要だったと日本の市長が語る

(The Korean Herald より)

【ニュース解説】

14日の韓国のメディアは、パク・クネ大統領の訪米中にユン・チャンジュン大統領報道官がおこしたセクハラ問題を受けて、大統領が沈痛な面持ちで国民に謝罪したことを大きく取り上げていました。
事件は、去る7日夜、ユン大統領補佐官が在ワシントン大使館の臨時職員の体に触り、彼女をホテルの部屋に呼んで下着姿で応対しようとしたことでした。しかし、このセックススキャンダルの真相がだんだんと明らかになるにつれ、同紙は時折 Sexual assault (性的暴行) というより強い表現で報道するようになっています。まだまだユン・チャンジュンがどのような行動にでたのかという詳細はわかっていないのです。
事件は米韓首脳会議が行われた日の夜におこりました。被害者が警察に通報した直後、加害者の補佐官は行方をくらまします。そして13日になってソウルでメディアの前に姿を現したのでした。

続きを読む

「世界の心の交差点で」〜コミュニケーションと誤解の背景〜

韓国でのビジネスコミュニケーションの一つの課題: ステレオタイプのバイアスが、誤解を増幅

ソウルのヒルトンホテルのロビーで、ある出版エージェントと打ち合わせをしたときのこと。
彼女は私の長年の知り合い。私は残念ながら韓国語は喋れない。しかし、彼女は日本語が堪能。そして、日本のことをどんどん質問してくる。

「最近円安に是正して日本経済を立て直そうってしてるけど、本当に日本は大丈夫なの」

「わからないよ。消費や雇用、賃金のアップがついていかないと、国の借金だけが残るからね」

「でも、なんかはっきりしないわね。日本の方針って」

「そう?どうして?」

実は、ここ数年彼女の中に日本への不信感がたまっていることを、私はなんとなく意識していた。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

竹島問題とドイツの戦後処理

【海外ニュース】

President Lee called on Japan to act like a big nation and take responsibility for its past misdeeds.(Korea Timesより)

イ大統領は、日本は大国として、過去の過ちにたいして責任をとるべきだと呼びかける

Many Koreans are up in arms over the International Olympic Committee’s (IOC) decision to bar Korean footballer Park Jong-woo from attending the medal ceremony after celebrating Saturday’s victory over Japan with a banner that read “Dokdo is our land.”(Korea Timesより)

多くの韓国人は、IOCが韓国のサッカー選手のパク・ジョン・ウーが、土曜日の対日本戦に勝利したあと、「ドクト-日本では竹島-は我が領土である」と書かれたスローガンを掲げたという理由で、表彰式に出席することを禁じられたことに憤慨している

【ニュース解説】

イ・ミョンバク大統領が竹島(韓国では Dokuto)に上陸したあと起きた一連の事件は、日韓関係を一気に冷却化させてしまいました。
そして、オリンピックで韓国のサッカー選手が竹島問題に関する政治的なスローガンを掲げたことが、五輪憲章に違反するとして懲罰の対象になろうとしています。この問題に韓国人が憤慨していることを、ここでは up in arms という言葉で表現し、angry を越えた憤りを露にしていることを表現しています。

私は竹島問題についてどちらの国の立場が正しいかについては、触れません。そのかわり、第二次世界大戦で日本と同じ立場で戦ったドイツの戦後の動向を紹介することから、この問題への一つの視点がみえてこないか考えたいと思います。

続きを読む