タグ別アーカイブ: 英語プレゼン

英語コミュニケーション講座・その6

相手の英語をしっかり理解するためにすべきこと

前回、英語でコミュニケーションを行うには、自らのニーズをはっきり表明することが大切だということを、レストランでの注文の方法を例に解説しました。

あなたが最初に伝えなければならないニーズは、恐らく相手の話している内容をしっかりと理解するために、自分がわからないことがあれば、英語の意味がわかっていないことを相手に働きかけ、ちゃんと相手の意図を理解しなければならないというニーズでしょう。

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その5

飲み物のオファー: 遠慮は日本の風習

前回では、海外で相手のオフィスなどを訪問し、自己紹介をするところまでの様子をまとめてみました。

自己紹介の後は、いよいよ打ち合わせに入ります。
しかし、その前に、必ず相手は飲み物などをオファーしてくるはずです。

日本では、こちらから何かを頼む前に、お茶ならお茶、コーヒーならコーヒーと、ホストが勝手に飲み物をアレンジします。

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その4

自己紹介のノウハウ

自己紹介は、大切なプレゼンテーションの一つです。

その時の心がけは、
“I am an open-minded and easy to talk to”
(私はオープンで話しやすい人間だ)
という印象を相手にもってもらうようにすることです。

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その3

初対面で良い印象を与えるためのノウハウ

さて、第三回目です。
前回、初対面でのノウハウについて書く予定で、初回のときにその予告をしましたね。
ちょっと順番がくるってしまいましたが、今回、その初対面でのノウハウについて語ってみます。

第一印象はとても大切です。
ある心理学者はいいました。人は出会って30秒以内、長くても3分以内にその人への固定概念をもってしまうと。

では、欧米の人と最初に出会ったとき、相手に良い印象を与えるために、まず心がけないと悪いことは何でしょうか。

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その2

本題に入る前のスモールトークのコツ

英語でのコミュニケーションのノウハウについて、二回目です。

今日は、カジュアルなコミュニーエションスタイルについて考えてみます。
フォーマルな物言いや文章が要求される、法的な文章などといった例外をのぞいて、英語でのコミュニケーションは日々カジュアルになってきています。

よくメールを書くときでも、文章なのに、そんなにカジュアルな書き方で失礼ではないんですかと心配する人がいます。
しかし、既にコンタクトしている相手の場合は、カジュアルな方がむしろ適切なのです。

続きを読む