タグ別アーカイブ: Google

新しい組織と個人のあり方を求めて

“New technology will not necessarily replace old technology, but it will date it.”

(新しい技術が古い技術に取って代わる必然性はない。ただ、古い技術がそのまま古くなるだけのことだ)
― Steve Jobs

グローバルな人材とネットワーク構築力に乏しい日本企業

 Googleが新しいインタラクティブなゲームのサービスを開始するというアナウンスは、任天堂ソニーといった、ゲーム機器を販売している企業に大きな衝撃を与えました。
 今、世の中は、パソコンあるいは手に取って移動できるiPhoneのような端末と、インターネットで稼働するソフトウェアがあれば、ほとんど全ての情報や学習、そして娯楽が楽しめるようになってきています。これによって失われ、時代遅れになる機器やサービスが、今後10年の間にどんどん増えてくるのではないかといわれています。
 
 この現象を日本の将来に当てはめたとき、「ものづくり」という言葉に依存しすぎてきた日本人のおごりが、日本の凋落の原因となることを危惧する人も多いはずです。
 以前、日本の自動車業界を見舞うことになりそうなリスクについて触れたことがありました。そこでも解説したように、日本の多くの企業はいまだに組織という縦社会のピラミッドを大切にしすぎて、横のネットワークをグローバルに広げることに長けていないのです。もっといえば、国際的な人材を育成するノウハウに劣っているといえましょう。
 そこで今回は、そうしたノウハウを育成するために、海外のビジネスの現場ではどのような行動が求められているかをまとめてみたいと思います。

個人の「ひらめき」から始まるネットワークと戦略の進化

 全てのビジネスはそれが大きな組織であろうと、個人企業であろうと、「ひらめき」から始まります。要は、この「ひらめき」を組織がつぶすことなく促進し、さらにそこから新たな機能のネットワークを構築することが必要なのです。
 
 欧米流の発想では「ひらめき」に続くプロセスは、大まかにいえば以下のようになります。
 
ひらめき(Inspiration
→プラン二ング(Planning
→ビジョンの創造(Vision
→イニシアチブ(Initiative
→ネットワーキング(Networking
→説得と議論(Presentation and Brainstorm
→チームワークの創生(Creating teams)
→目標設定(Goal setting)
→異なる意見や発想(Counter opinions and ideas)
→顧客のニーズの査定(Customer needs assessment
→試行錯誤(Trial and Error)
→調整(Adjustment
→最終目標(Final Goal setting)
→完成(Completion)
→イノベーション(Innovation
→新たなひらめき(New Inspiration)
→さらなるネットワーキング(New networking)
→成長(Business development)
 
 一見すると日本も同様に思えるかもしれませんが、このプロセスの中に散りばめられた発想法を見てゆくと、そこにいかに異なるビジネス文化が潜んでいるかがわかってきます。
 そして、物事は最初の「ひらめき」から始まる一連の事業で求められる完成では終わりません。完成のあと、常に完成品の刷新が求められます。このとき、再び新たな「ひらめき」によって開発がはじまるのです。
 
 グループ志向で、組織の構造を重んずる日本と異なり、海外ではより個人のイニシアチブが評価されます。そして、個人が組織の縦ではなく、横のネットワーク、時には組織を超えたネットワークを通じて戦略を進化させてゆくことが求められます。
 組織が「ひらめき」を促し、個人がいかにそれをプレゼンし、チームワークを創生し、チームの中でブレンストーミングを重ねながら「ひらめき」を具体的な計画に発展させてゆくかが大切です。
 
 日本の組織に欠けているのは、Individual Initiative(個人のイニシアチブ)を奨励し、育てることです。日本ではとかく「出る杭は打たれる」といわれますが、グローバルな競争に晒されて生き残るためには、まず、この「ひらめき」をいかに育ててゆくかという価値観が大切なのです。
 日本の社会では、自らの発想や意見を直截に発言することを避ける風習があります。しかし、世界中の人が寄り添う環境では、遠慮することなく自らの気持ちを述べ、提案する行動が必要です。その時には assertive、つまり堂々と自信をもった対応をしなければなりません。上下関係や横の関係を気にかけて引っ込み思案になってはいけないのです。
 

グローバル競争が激化する今、日本のビジネスに求められること

 そして、Inspiration「ひらめき」を組織としての目標というVision(ビジョン)に高め、そこで生まれるリスクを検証するために立ち止まるのではなく、リスクを冒しながら、失敗から学び、常に前に進む迅速さとしたたかさが求められます。そのためには、失敗したら責任を取らなければならない、という発想自体を変えなければなりません。
 現在のリーダーに求められるのは、この個人の「ひらめき」をみんなが共有し、その「ひらめき」の向こうにある大きな「貢献」、そして「あるべき姿」をビジョンとして皆が心の中に抱けるよう、情報を共有してゆくファシリテーション力とネットワーク力なのです。そして失敗を責めず、責任を追及することに終始せず、むしろ失敗を奨励し、そこから学べる環境を整えることなのです。
 
 グローバルな環境では、様々な人が世界中から集まり共同作業を行います。このときに、お互いの difference(違い)を尊重し、様々な異なる発想や考え方が集合する diversity(多様性)を受け入れ、そうした環境を積極的に創造しなければネットワークは成り立ちません。常に日本ばかりに目を向け、他者を排除してはいけないのです。
 
 ありとあらゆるビジネスにおいて、世界からプレイヤーが参入し、競争はますます激しくなってきています。
 ここに挙げたグローバルでのビジネスの基本に加え、迅速にadvantage(有利な状況)を獲得し、他者より少しでも先に新しい製品やサービスを提供することが、我々に今求められています。ソニーや任天堂が受けた衝撃は人ごとではありません。日本の産業界全体が取り組まなければならない、喫緊の課題を突きつけられているのです。
 

* * *

『日本人がグローバルビジネスで成功するためのヒント Tips for How to Succeed in a Global Business Context』ジョン・K・ギレスピー (著)、小野寺粛 (訳)日本人がグローバルビジネスで成功するためのヒント Tips for How to Succeed in a Global Business Context
ジョン・K・ギレスピー (著)、小野寺粛 (訳)
グローバルビジネスのスキルを学びながら、英語学習にもなる。ビジネスパーソンのための対訳読み物。
20年間で、海外の日系企業の5000人を超えるビジネスパーソンと面談を行ってきた著者が教える、「日本人のためのグローバルビジネスで成功するためのヒント」。日本人以外の人々とのコミュニケーションやビジネスに対する見方を説明しながら、日本人の問題点を指摘し、その解決方法を伝授。グローバルに成功したいビジネスパーソンのみなさんに、英語力よりももっとはるかに大事なことをお教えします。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

未来型のCore Competenceの創造とは

“China e car venture future mobility names brand Byton, eyes U.S.,Europe.”

(中国の未来型の自動車へのカーベンチャーはアメリカとヨーロッパを視野にバイトンというブランド名を)
ロイターより

“Byton has revealed an electric vehicle that it thinks presents a glimpse at the future of how we will drive and interact with cars.”

(バイトンは将来我々がいかに運転とデジタル上のインタラクションとを共有してゆくかというテーマを見据えた電気自動車を披露)
BBCより

Byton が自動車業界に本格参入

中国とヨーロッパ、そしてアメリカの頭脳を集め、自動車産業に新しい台風の目を創造しようという動きが注目されています。ロイター通信、BBC放送などが積極的に報道しています。コンシューマーテクノロジー分野での見本市で知られる CES(Consumer Electronics Show が、現在ラスベガスで開催されています。
そこで注目されたのが、中国の資本により BMW Apple などの技術者が共同して開発した新型の電気自動車 Byton でした。
Byton という名前は、Bytes on Wheels からきています。Byton の母体となる Future Mobility Corp. は中国の電気自動車開発会社で、ここに BMW の技術部門で活躍してきた Carsten Breitfeld 氏が中心となって制作してきたのが Byton という車です。

この車は、我々が日常触れているインターネットの世界を車に導入し、車とインタラクティブな環境との究極の融合を目指した製品で、開発センターは南京とカリフォルニアのサンタクララ、ミュンヘンにあります。そして、技術者の中には、Google やApple、さらには TeslaNissan に関わった人々までが含まれています。
Byton はまずアメリカとヨーロッパの市場で2019年にデビューし、その後販売ネットワークを拡張してゆくことになっています。もちろん中国も重要なターゲットです。

人材ネットワークが Core Competence のあり方を変える

このプレスリリースが物語ること。それは人のネットワークです。
今まで企業はその企業が持つ Core Technology(コアテクノロジー,基幹技術 を基に、その企業技術と文化をいかに大切にしながら海外に進出し、そのテクノロジーを海外に移植してゆくかというテーマに没頭していました。日本の企業はその典型です。ですから、海外に進出するとき、自らのスペックに対するこだわりが極めて強く、海外で採用した社員もそのスペックを学ぶことにプライオリティをおかされてきたのです。これが通常のグローバル企業の Technology transfer(技術移管)のあり方でした。そしてこの Core Technology によって育まれるのが Core Competence (強い競争力)であると考えてきたのです。この企業経営の土台が根本から変化しようとしているのです。
ある意味で日本人が一番苦手としている、海外の知恵とネットワークして、コンセプトを造り、そこに資本を投下して製品を作ってゆくという手法が Byton をはじめとした自動車業界をも席巻する世界各地のベンチャー企業の手法となっているのです。

昔、Silicon Valley(シリコンバレー)と Silicon Alley(シリコンアレー)のコラボという発想がありました。
ハイテク産業都市が集中するシリコンバレーで技術を開発し、もともと出版産業などが多くコンテンツを制作することのできるニューヨークの alley(路地)で技術にコンテンツを注入して製品化するというのが、電子ブックなどの開発の背景にあったのです。

自動車産業の場合、この Silicon Alley にあたるのがコアテクノロジーを有する既存の自動車メーカーと下請けネットワークでした。ここに世界中の未来型知識を導入することが、現在版の Silicon ValleySilicon Alley のコラボなのです。engine(エンジン)と chassisシャシ,車台)の技術にいかに世界の知恵と結合させ、integrate(統合)してゆくかが課題なのです。

日本の製造業の課題とは

そもそも、Byton はなぜ日本のマーケットをターゲットにしていないのでしょうか。おそらく日本は日本の自動車業界が既にネットワークしているため、進出が難しいと思ったからでしょうか。それとも、日本に進出するには日本独特のガラパゴス的な要望に応えてゆく必要があり、その手間とコミュニケーションの難しさを考えたとき、とりあえず日本はスキップしておいたほうが効率的と思ったのかもしれません。こうしたことから推測し、考えなければならない日本の産業に求められる将来像。それは、「世界の人材と自由に交流できるノウハウと人の養成」に他なりません。そして、日本のノウハウの輸出というスタンスから、日本のノウハウと世界の知恵との融合というスタンスに、製造業の戦略をシフトさせることから、新たなCore Competence(強力な競争力)を創造することが必要です。
そのための発想と組織構造を企業が育成してゆくことが求められているのです。

* * *

『海外メディアから読み解く世界情勢』山久瀬洋二日英対訳
海外メディアから読み解く世界情勢
山久瀬洋二 (著)
IBCパブリッシング刊

海外ではトップニュースでありながら、日本国内ではあまり大きく報じられなかった時事問題の数々を日英対訳で。最近の時事英語で必須のキーワード、海外情勢の読み解き方もしっかり学べます。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ