タグ別アーカイブ: IT

IT社会のプログラムで融合する漢詩的発想と欧米型ロジック

Since then, these and many other areas have shown to be successful application niches, such as end user programming, the related area of programming by example and programming by demonstration and intelligent tutoring systems.”

以来、エンドユーザー向けのプログラミングや、それと関連して例示型プログラミング、デモンストレーションや知的教育分野など多くのニッチな領域で帰納プログラミングが応用されるようになった。
(ウィキペディアより)

論理的な思考方法に、演繹法 deductionと帰納法 inductionがあることを聞いたことがあるかと思います。演繹法とは、大きな前提や仮定を定めて、そこから各論を導き出そうとする発想法です。それに対して、帰納法は各論や個々の事象から最終的に全てに共通した結論を導き出してゆこうとする考え方を示します。
 
この発想法の違いを欧米型の文化とアジア型の文化に当てはめるといろいろなことがわかってきます。
例えば、キリスト教のような一神教 Monotheismの文化では、神は絶対であるという大前提があり、そこから人々の行動規範が導き出されてきました。こうした価値観は演繹法で容易に組み立てられます。演繹法は元々ギリシャやそれを継承したローマ文化の中で、物事を正当化してゆく論理展開の方法として確立されました。いわゆる三段論法がその基本です。
そして、欧米では、キリスト教がこうした古来の修辞法を活用して体系化され、社会規範の土台となって以来、欧米の人々はロジックを語るときはこの演繹法を使用してきたのです。
 
それに対して、多神教 Polytheismを信奉する人々は、様々な各論から自然や宇宙について考えます。日本は伝統的に多神教の国でした。
神道はその典型です。神道は元々樹木や水、そして岩や山など、自然の中に宿る様々な力を敬う宗教でした。そうした様々な精霊などのパワーを、自然界を司る共通の力として崇拝するために、神社が造られました。これは帰納法的な発想に他なりません。
 
そして、この帰納法的な発想は、そのままアジアに共通したコミュニケーションスタイルを生みだしました。
漢詩の世界に五言絶句という形式があります。これは5文字の漢文を起承転結の順に並べて心情を表現するもので、これは五言絶句が生まれて以来1400年以上を経た現在でも、実際に我々が日常使用している修辞法の原点となったのです。
それは、まず自然界の中に感じたものについて語り、次に、その感じたものをさらに進めて描写します。そしてふと自らが気づいたことを「転」として記述した後、自分の思いを最後に訴えて結論とする、というのが五言絶句での修辞法でした。これも帰納法的アプローチです。
日本や韓国、そして東南アジアといった中国の周辺の国々の人は、中国からこうした論理展開の方法を学び、その思考方法を自らの遺伝子として現在まで継承してきたのです。
 
そして、この演繹法と帰納法的な発想の違いが、欧米とアジア社会でのコミュニケーション文化の違いとなり、今なお交渉や商談での行き違いの原因となっているケースがあることを考えてみたいのです。
 
演繹法を重んずる文化背景を持つ人々は、交渉をするときに、まず「大前提」を定めようとします。ルールや法律、さらには大きな建前への合意がない限り、各論には進もうとしません。
それに対して、帰納法を重んずる人々は、各論を積み立てて、一つ一つパズルを合わせながら全体の図面を最終的に造ろうとします。例えば、ルールを決める前に人間関係を構築し、その証として起承転結にも通じる「起こり」となる何かを共有し、そこから先に物事を進めたがります。
 
従って、帰納法を重んずる人々は、演繹法を重んずる人々より、過去の事例にこだわり、過去に起きた特定の詳細を解決しない限り前に進みたがりません。それに対して、演繹法を重んずる人は、新たな前提さえ合意できれば、大きな絵図面をそこで策定し、どんどん未来へ進もうとします。さらに、一度決めたルールを常に重んじることが、お互いの信頼関係の前提となるのです。
一方、帰納法を重んずる人々は、個々での「融通」がいかに効くかに注目し、相手との信頼関係を構築します。例えば実社会では演繹法で考える人が賄賂だと思うことが、帰納法的な発想からしてみれば「便宜」として捉えられるのです。
 
従って、グローバル化の波は、この演繹法的な発想と帰納法的な発想との摩擦を生みだします。そもそも、「グローバル」という考え方自体が極めて演繹法的な発想法だということに、欧米の人々は気付いていません。アメリカと中国との貿易摩擦、覇権をめぐる論争、さらにはアメリカによる中国社会への民主主義がないことへの批判とそれに対する中国の反発の背景には、こうした発想法の違いが歴然とあるわけです。
 
もちろん、この意識的な摩擦は日本人が欧米社会と接するときにも起こっています。海外との交渉で、常に過去を検証して先に進もうとする日本と、過去を捨てて未来を見つめようとするアメリカとの摩擦は、企業同士の交渉などでも日常におきているのです。
 
最後に、21世紀になって、この演繹法と帰納法との融合の試みが必要とされていることを強調します。それはITやAIでのプログラムの問題です。個々の事象への理解がなければ、コンピュータ上でトータルなソリューションとしてのプログラミングをすることは不可能です。帰納法的発想がどうしても必要なのです。アジア系のプログラマーがシリコンバレーで活躍できるのは、こうした思考方法を彼らが伝統的に抱いているからなのです。
 
こうして、グローバルなビジネスニーズに対応するために必要な演繹法と、そのソリューションとしてのノウハウを確立するための帰納法とが、双方に影響を与え、シナジーを生み出すのです。
 
交渉やコミュニケーションの分野での摩擦と、IT社会でのシナジーという二つの現象が、現在の国際社会を理解するためのヒントとなるのです。
 

* * *

外国人とビジネスをするためのテクニックを学ぶなら

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊
*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

Homo Sapiensは生き残れるのか

“Who was responsible? Neither kings, nor priests, nor merchants. The culprits were handful of plant species, including wheat, rice and potatoes. These plants domesticated Homo sapiens, rather than vice versa. “

(これは誰の責任なのだろう。王でもなければ、聖職者でもない。はたまた商人でもない。犯人は一握りの植物だった。小麦や米、そして芋といったような。これらの植物が人類を家畜化したのだ。我々が彼らをそうしたのではなく)
Yuval Noah Harari 著 Sapiens より

AIの進化に、哲学が追いつかない。
こういう風に懸念する人が多くいます。つまり、科学技術が進歩し、人々の生活様式が大きく変化し、人の寿命までも操作できるまでになった現在、はたして人類はその技術を深化させ、社会を維持してゆくだけの思索力と寛容力、さらに洞察力を獲得できたのだろうかということが問われているのです。
 
この見出しの一文が綴られているSapiensという書籍は、そんな人間の科学技術へのうぬぼれに鋭い視点で迫っています。
人類は自らの行動様式や社会を変革する大きな転機を幾度か経験してきました。
その一つが農業革命です。一万年以上前に人々は植物を栽培することを覚えました。多くの人は、それを大きな進歩と捉えます。ところが、著者はそうした我々の常識に鋭いメスをいれているのです。
 
農業を発明する前、人々は狩猟生活をしていました。
自然の中を、小さな集団で移動しながら食物を得て、共同体を維持していました。では、そんな折に人類を見舞った天敵や天災の脅威や、部族同士の争いを農業が解決し、人々はそれ以上に豊かな生活を満喫できるようになったのかと著者は問いかけます。
農業によって社会が生まれます。そして、人類は豊作不作によって自らの運命が左右されるとき、神に祈り、宗教が規模の上でも組織の上でも影響力を持つようになります。
そして、分業と階級が生まれ社会が膨張します。すると、ほとんどの人は必死で育てた作物を税金で権力者に奪取され、宗教的儀式にも捧げるようになります。以前は獲物を追って必要なときに食事をとっていた人々が、飢饉となるとなす術もなく飢餓の犠牲になるのです。狩猟採集生活をしていた人々より豊かになった人は、ほんの一握りの権力者だったというわけです。
とはいえ、生産は増え、人口も増えますが、その需要に追いつくために、労働はさらに過酷になり、豊かで人口の多い地域は他の部族からの侵略の危機にもさらされました。
 
これが農耕の発明の所産というわけです。
そして、人口が増えるに従って、この負の歯車の回転が加速するために、社会が進化してゆき、それを停止させることが不可能なまま、世の中は変化を続けていったというわけです。
 
しかも、面白いのは、農耕によって、人類が穀物を支配し、自然を支配したように我々は考えがちですが、本当の勝者は穀物の側だったというのです。
例えば、小麦は中東北部に群生していた植物に過ぎないのに、人類によって世話をされ、雑草や害虫を駆除してもらい、収穫のあと種まで保存され翌年に再びよく肥えた土地にそれを撒いてもらいます。種としての小麦はこのように人々を家畜化し、奴隷のように働かせることで、世界中に拡散し、繁茂することができたというわけです。
 
農業革命のあと、18世紀以降の産業革命を経て、さらに人類はIT革命を経験します。人類は今までに到達したことのない文明の渦に巻き込まれています。300年以前の人は、1000年以前の人とそう変わらない生活様式の中で生きていました。しかし、300年前と現在とを比較すれば、その違いは明白です。
 
さて、ここで我々が考えなければならないことは、文明の進化と共に、これからも人類は幸福な発展を遂げられるのかということです。著者は、人類が今や神の領域に至りつつあると強調します。つまり、19世紀の小説『フランケンシュタイン』がAI技術の進歩で可能になろうとしているのです。また、遺伝子などの操作によって、まったく新しい、ホモ・サピエンスではない人類が誕生する可能性もあるのではといわれています。
 
人類がどこまで神の領域に入り込むことができるのか。また、利便性を追求し、情報も電子信号で簡素化された人類同士が、お互いの背景をしっかりと理解し、何か課題がおきたとき、理性と洞察力、そして愛情によってものごとを解決することができ続けるのか。我々に突きつけられた課題は、人類の存続に関わる重大な課題というわけです。
 
人類の誕生以来、地球は過去に経験をしたことのない生命体の大量絶滅に関わってきました。乱獲や家畜化、そして自然破壊は、人類が言葉を操り、社会を形成し始めた頃から加速したといわれています。そうしたツケをこれから人々はどのように支払ってゆくのか。
 
Sapiensの著者ハラリ氏は、中世の軍事を専門とした歴史家です。そんな彼が記した本書は、従来の歴史的事象を細かく記述するのではなく、Homo Sapiensという人類の数万年に及ぶ歩みを鳥瞰し、そこから大胆に歴史そのものを見つめ直すことで、未来学へと視点を拡大してゆきます。
歴史から何を学ぶか。年号や英雄の名前を覚えることが歴史を学ぶことではないことを著者は明白に語っているのです。
 

* * *

先人たちから学ぼう!

『Inspirational Proverbs and Sayings (心に響く英語のことわざ・名言100)』 レベッカ・ミルナー(著)Inspirational Proverbs and Sayings (心に響く英語のことわざ・名言100)』 レベッカ・ミルナー(著)
庶民の生活や知恵から出た社会常識を示す言葉。ビジネスやスポーツ選手の経験からくる事柄の本質をうまくとらえた言葉。そして人生の真実や機微を端的にまとめた先人の言葉。本書で集めた100の名言・ことわざは、現代の生活にも通じ、我々にその教訓や戒めを再認識させてくれるものばかり。100の言葉には意を汲んだ和訳つき。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

アジアからみる「Cultural Synergy」とは

Cultural differences provide opportunities for both synergy and dissynergy. The more the cultural styles of the companies differ, the grater the potential of cultural synergy, and the grater the potential for cultural conflict.”

異文化環境ではシナジー効果とその逆のリスクとが共存する。組織での文化が異なれば、その分相乗効果を生み出すケースも極めて大きくなるものの、一方で文化の違いによる衝突の危険も大きくなるというわけだ。
(Wendy Hall 著 Managing Culturesより)

20世紀終盤ごろから、IT革命の浸透によって世界はみるみる小さくなりました。それと同時にグローバライゼーション globalization という言葉が日常のように使われはじめたことは、記憶に新しいはずです。
では、そもそもグローバル化とはどのようなものなのでしょうか。
多くの人が勘違いしていることは、この globalization の波がIT革命の震源地だったアメリカからおこり、アメリカ型のビジネスの方法、コミュニケーションのノウハウが世界に浸透していったと思っていることです。
 
確かに、シリコンバレーなどではじまった新しい技術革新は世界を変えてゆきました。それが単に技術だけではなく、人々の常識や行動規範そのものにも影響を与えたことは事実でした。
そして、技術革新をより可能にするために、人材への投資や人材育成のノウハウがそうした企業の中で培われ、世界に輸出されたことも確かです。
 
しかし、アメリカ社会は、その当時アジアからの精神文化の影響を大きく受けていたことを忘れてはなりません。70年代後半以降、急激に増加したアジアからの移民が特に西海岸や東海岸の都市部のライフスタイルを大きく変えていったのです。当時のアメリカはベトナム戦争で躓き、その後の都市の荒廃といった社会問題の出口を見出せずにもがいていました。そのことで人々の中に、既存の欧米流価値観への信頼と自信への喪失感が蔓延していたのです。そこに浸透してきたアジアからの文化は彼らにとっては新鮮な驚きでした。特に仏教をはじめとする東洋哲学が一様に説くマテリアリズムへの鋭い批判に、彼らは大きな影響を受けたのです。
その結果、都市部で New Age と呼ばれる、既存の価値から離れ、瞑想や自然への回帰などを求めるライフスタイルが流行します。
これがアメリカにとってのグローバライゼーションのはじまりだったのです。
その世代の多くが高度成長を遂げた日本や、神秘的な宗教が混沌の中に共存するインドなどにわたり、アジアとの架け橋になってゆきました。
また、その世代がその後IT革命の第一世代へと進化していったことも忘れてはなりません。スティーブ・ジョブズなどはそれを代表する人物でした。
そして迎えたIT革命。それを担った人々の多くがアジアからの移民やその二世でした。彼らは、高度な教育を受けた技術者としてアメリカのIT産業を支えたのです。
このように、アメリカはアジアからの移民によって社会が変化しました。そして、アジアからの移民はアメリカの社会の仕組や価値観を吸収しながら、より高度なライフスタイルに挑戦します。それがIT革命の精神的なバックボーン backbone になったのです。アメリカのみでも、アジアのみでも起こりえないグローバライゼーションの発熱効果がこうして産み出され、世界に影響を与えたのです。
 
Synergy という言葉があります。これは、異なる薬を調合し、より効果のある薬品ができあがることを意味した言葉でした。この Synergy 効果を文化の融合の中に見出そうとしたのが、Cultural Synergy という発想です。
シリコンバレーでおきたように、世界中から人々が集まり、異なる発想法を融合させることでより高度な技術やノウハウを産み出そうという動きがその発想の原点だったのです。グローバライゼーションはこの Cultural Synergy への発想を抜きにしては語れないのです。
 
つまり、グローバル化はアメリカ化でも、欧米化でもないのです。70年代以降、それまで長年にわたって続いていた欧米からアジアへ向けた文化の流れが弱くなり、暗黒の植民地時代を克服したアジアからの新たな文化の輸出がはじまりました。その流れが欧米に影響を与え、Cultural Synergy という化学変化を起こしたことが、現在のグローバライゼーションのエネルギー源となったのです。
 
異文化環境で Synergy を生み出すには工夫が必要です。片方の価値観のみでは、それを押し付けられる側に抵抗を生み出します。それでも強引に変革を強要すれば、受け手の組織はいびつに変質します。
日本企業も含む、多くの世界企業が、それを克服できず、Synergy を生み出せずに苦しんでいます。
我々が今さらに考えたいのは、今後アジアの価値をIT社会、AIの社会の中でさらにどのように活用し、還元することで、次世代に向けた Synergy を創造できるのかということなのです。
 

* * *

外国人とビジネスをするためのテクニックを学ぶなら

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊
*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ