日本人の謙虚さが誤解されないために


“The squeaky wheel gets the oil”
(車輪が軋んでオイルをさす)

アメリカのことわざより

英語を学び、海外の人と英語でコミュニケーションをするにあたって、この格言を是非知っておいて欲しいのです。

気持ちを”外”に表す文化

車輪はスムーズに回転しているときは音をたてません。しかし、オイルがきれてくるとギーギー!!と音をたてて、車輪の不調を訴えます。言い換えると、ギーギーと音をたてると、人がそれに気付き、オイルを注すのです。

このことから、この格言は、「自分の気持ちをしっかりと言葉で表明しない限り、人は取り合ってくれないよ」ということの例えとして、アメリカ人の間で使用されているのです。

気持ちを”内”に秘める文化

日本人の好きな言葉に「謙譲の美徳」というものがあります。言い換えれば、自分のことを主張するのではなく、控えめであることが日本人には良しとされています。
つまり車輪が軋んでも、あえてそれを声にださず、じっとしていることで、逆に控えめな良い人だということで、日本人は阿吽の呼吸でオイルを注してくれることになります。

しかし、この日本人の発想が海外では「日本人は何を考えているかわからない。不可解で付き合い辛い人たちだ」という「誤解」へとつながるとしたら…それは極めて不幸なことといえましょう。
でも、この誤解は実際に世界のあちこちで起こっているのです。

コミュニケーション方法の違い

海外と日本とでは、コミュニケーションの方法そのものが異なる場合が多々あります。アメリカをはじめ多くの国では、自分の意思や主張をしっかりと語って、初めて相手に意図が伝わります。

それには言いたいことを瞼の内側に具体的な画像で描いてみて、それを客観的にできるだけ詳しく語らない限り、相手に自分の意図が伝達されないことを意味しています。
しかも、強調するところはしっかり強調し感情的ではなく、それでいてはっきりとした口調で相手に意思を伝える必要があるのです。

(伝えた量)÷(距離・文化差)=???

日本人が100伝えたつもりでも、実は10も意図が伝わっていないことがよくあるのです。
控えめな表現に慣れている日本人が、日本人同士で語り合うときと同じ発想で英語で話をすることがその原因です。

英語で話をするときは、自分の気持ちをちょっとしつこいぞと思うぐらいに表明して、初めて相手が意識してくれると思うべきです。

人のメッセージは、時間と距離が長くなり、