タグ別アーカイブ: キリスト教

IT社会のプログラムで融合する漢詩的発想と欧米型ロジック

Since then, these and many other areas have shown to be successful application niches, such as end user programming, the related area of programming by example and programming by demonstration and intelligent tutoring systems.”

以来、エンドユーザー向けのプログラミングや、それと関連して例示型プログラミング、デモンストレーションや知的教育分野など多くのニッチな領域で帰納プログラミングが応用されるようになった。
(ウィキペディアより)

論理的な思考方法に、演繹法 deductionと帰納法 inductionがあることを聞いたことがあるかと思います。演繹法とは、大きな前提や仮定を定めて、そこから各論を導き出そうとする発想法です。それに対して、帰納法は各論や個々の事象から最終的に全てに共通した結論を導き出してゆこうとする考え方を示します。
 
この発想法の違いを欧米型の文化とアジア型の文化に当てはめるといろいろなことがわかってきます。
例えば、キリスト教のような一神教 Monotheismの文化では、神は絶対であるという大前提があり、そこから人々の行動規範が導き出されてきました。こうした価値観は演繹法で容易に組み立てられます。演繹法は元々ギリシャやそれを継承したローマ文化の中で、物事を正当化してゆく論理展開の方法として確立されました。いわゆる三段論法がその基本です。
そして、欧米では、キリスト教がこうした古来の修辞法を活用して体系化され、社会規範の土台となって以来、欧米の人々はロジックを語るときはこの演繹法を使用してきたのです。
 
それに対して、多神教 Polytheismを信奉する人々は、様々な各論から自然や宇宙について考えます。日本は伝統的に多神教の国でした。
神道はその典型です。神道は元々樹木や水、そして岩や山など、自然の中に宿る様々な力を敬う宗教でした。そうした様々な精霊などのパワーを、自然界を司る共通の力として崇拝するために、神社が造られました。これは帰納法的な発想に他なりません。
 
そして、この帰納法的な発想は、そのままアジアに共通したコミュニケーションスタイルを生みだしました。
漢詩の世界に五言絶句という形式があります。これは5文字の漢文を起承転結の順に並べて心情を表現するもので、これは五言絶句が生まれて以来1400年以上を経た現在でも、実際に我々が日常使用している修辞法の原点となったのです。
それは、まず自然界の中に感じたものについて語り、次に、その感じたものをさらに進めて描写します。そしてふと自らが気づいたことを「転」として記述した後、自分の思いを最後に訴えて結論とする、というのが五言絶句での修辞法でした。これも帰納法的アプローチです。
日本や韓国、そして東南アジアといった中国の周辺の国々の人は、中国からこうした論理展開の方法を学び、その思考方法を自らの遺伝子として現在まで継承してきたのです。
 
そして、この演繹法と帰納法的な発想の違いが、欧米とアジア社会でのコミュニケーション文化の違いとなり、今なお交渉や商談での行き違いの原因となっているケースがあることを考えてみたいのです。
 
演繹法を重んずる文化背景を持つ人々は、交渉をするときに、まず「大前提」を定めようとします。ルールや法律、さらには大きな建前への合意がない限り、各論には進もうとしません。
それに対して、帰納法を重んずる人々は、各論を積み立てて、一つ一つパズルを合わせながら全体の図面を最終的に造ろうとします。例えば、ルールを決める前に人間関係を構築し、その証として起承転結にも通じる「起こり」となる何かを共有し、そこから先に物事を進めたがります。
 
従って、帰納法を重んずる人々は、演繹法を重んずる人々より、過去の事例にこだわり、過去に起きた特定の詳細を解決しない限り前に進みたがりません。それに対して、演繹法を重んずる人は、新たな前提さえ合意できれば、大きな絵図面をそこで策定し、どんどん未来へ進もうとします。さらに、一度決めたルールを常に重んじることが、お互いの信頼関係の前提となるのです。
一方、帰納法を重んずる人々は、個々での「融通」がいかに効くかに注目し、相手との信頼関係を構築します。例えば実社会では演繹法で考える人が賄賂だと思うことが、帰納法的な発想からしてみれば「便宜」として捉えられるのです。
 
従って、グローバル化の波は、この演繹法的な発想と帰納法的な発想との摩擦を生みだします。そもそも、「グローバル」という考え方自体が極めて演繹法的な発想法だということに、欧米の人々は気付いていません。アメリカと中国との貿易摩擦、覇権をめぐる論争、さらにはアメリカによる中国社会への民主主義がないことへの批判とそれに対する中国の反発の背景には、こうした発想法の違いが歴然とあるわけです。
 
もちろん、この意識的な摩擦は日本人が欧米社会と接するときにも起こっています。海外との交渉で、常に過去を検証して先に進もうとする日本と、過去を捨てて未来を見つめようとするアメリカとの摩擦は、企業同士の交渉などでも日常におきているのです。
 
最後に、21世紀になって、この演繹法と帰納法との融合の試みが必要とされていることを強調します。それはITやAIでのプログラムの問題です。個々の事象への理解がなければ、コンピュータ上でトータルなソリューションとしてのプログラミングをすることは不可能です。帰納法的発想がどうしても必要なのです。アジア系のプログラマーがシリコンバレーで活躍できるのは、こうした思考方法を彼らが伝統的に抱いているからなのです。
 
こうして、グローバルなビジネスニーズに対応するために必要な演繹法と、そのソリューションとしてのノウハウを確立するための帰納法とが、双方に影響を与え、シナジーを生み出すのです。
 
交渉やコミュニケーションの分野での摩擦と、IT社会でのシナジーという二つの現象が、現在の国際社会を理解するためのヒントとなるのです。
 

* * *

外国人とビジネスをするためのテクニックを学ぶなら

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊
*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

パレスチナの人々と黒人、そして一人の日本人

“Israel and Evangelicals, New U.S. Embassy Signals a Growing Alliance”

(イスラエルと福音主義者、新しい大使館の設立はその緊密な同盟を示唆している)
New York Timesより

久しぶりに、大分県の杵築(きつき)に里帰りをしました。
そこは、松平家が治めていた3万2千石ほどの静かな城下町です。
ここの家老職を勤めた中根家に、明治になって中根中(なかねなか)という人が生まれました。彼は明治時代のキリスト者として、この地に今も続く杵築教会の創立にも深く関わっていました。
 
そんな彼がアメリカに渡り、黒人運動の指導者へと変身します。
1930年代、FBIは彼がデトロイトなどで黒人運動を組織し、暴動を煽動したとして、彼のことを厳しくマークしていました。一度は国外退去処分になり、日本に帰国しますが、すぐにカナダに渡り、そこからアメリカの同志と連絡をとり、運動を継続したのです。その後偽名を使ってアメリカに潜伏し、FBIに逮捕され、第二次世界大戦が始まる頃は獄中の人だったのです。
彼は釈放後デトロイトで余生をおくり、1945年に他界したといわれています。面白い人物です。
 
中根はその奔放な性格から、厳格な生活を要求するメソジスト派の教会から破門されたといわれています。
渡米した中根は、西海岸やハワイを中心に戦前日本から移住してきた貧しい日系移民に接します。彼らは、アメリカで厳しい偏見と差別に晒されていたのです。中根はそんな日系人と共に、アメリカで同様の状態にあった黒人系の人々の生活に興味をもったのでしょう。やがて彼は社会運動へ身を投じるようになったのです。
戦前日本でキリスト教を伝道した人々の多くはアメリカのプロテスタント系の牧師でした。そんなキリスト教を信ずる人々が、アメリカでは日本人や黒人を差別しているという矛盾を突きつけられたわけです。
 
戦争中、中根はアメリカで暴動を組織するように、日本軍から密命を受けていたのではという嫌疑を受けます。
実際、彼は日本の国粋主義団体と関係があったといわれていますが、軍部とどのようなつながりがあったかは定かではありません。
しかし、彼が黒人暴動を何度も組織し、それがアメリカ中西部の都市部の不安定要因となったのは事実です。
 
そして、彼と接触した多くの黒人の活動家が、その後の黒人運動を担ってゆきました。その一人が、Nation of Islamという組織を育てたエライア・モハメド Elijah Muhammadです。Nation of Islamは、アメリカの黒人はイスラム教徒の子孫だという信条をもち、白人への激しい憎悪を表明した団体でした。
Nation of Islamの影響を受け、戦後に黒人の地位向上のために活動した人物にはマルコムXモハメド・アリなどがいるのです。
 
アメリカでは、移民同士の確執と摩擦がその歴史を作ってきました。
差別や偏見を克服するために社会運動がおこり、法制度が整備され、教育活動が進化します。その進化のサイクルがアメリカ社会を形成しました。その過程で、差別する人と差別を受けた人々の憎悪が人種対立の原因ともなりました。
Nation of Islamの活動は、そうした憎悪を助長し、白人系の人々への逆差別や偏見を助長したという批判も多くあります。人によっては彼らのことをテロリストだと糾弾します。中根中の行動もそうした批判の対象となりました。
 
面白いことに、大正時代の作家有島武郎など、日本の文化人で元々はキリスト教の影響を受けながら、渡米後アメリカ社会の矛盾を見つめるうちに社会主義国家主義へと転身した人は少なくないのです。
 
ところで、60年代から70年代にかけて、黒人の活動家がキリスト教を棄て、イスラム教に転身していることは、中東の人々の間にも少なからぬ影響を与えました。
戦後アメリカは、中東問題でイスラエル側に立ち、混迷するイスラム社会の憎悪の標的となりました。そして今ではアメリカは、イスラム教過激派のテロの対象となっています。Nation of Islamとこのテロ活動とは全く無縁です。しかし、奴隷としてアフリカから強制移住させられた人々の子孫である黒人が自立するとき、白人系の人々から伝道されたキリスト教を否定した経緯と、イスラエル建国後に土地や財産を失ったパレスチナ難民が、イスラエルに対して憎悪を抱き、イスラム教徒としてのアイデンティティにこだわるようになった経緯を比較すれば、そこにアメリカに対する人々の共通した意識がみえてきます。
 
今、トランプ大統領は、アメリカ国内の福音主義者 Evangelicalと呼ばれるプロテスタント系保守派の意向に支えられながら、エルサレムにアメリカ大使館を移動させ、イスラエルのパレスチナへの支配を事実上公認する政策を打ち出しています。それが今回紹介したヘッドラインです。
そうした状況下で、ガザ地区に押し込められ、経済的にも苦しむ人々が、イスラエルに向け抗議行動を起こし、イスラエル軍の発砲に遭い犠牲者がでたことが大きく報道されました。中根中が現在のアメリカのこうした政策をみたとき、同じように暴動やテロを煽動したでしょうか。
 
この問いこそが、今の国際政治の狭間に置かれた犠牲者や、アメリカ社会の格差に苦しむ人々のことを考えるとき、常に考えさせられる課題です。
暴力やテロを憎むのみではなく、その原因となった歴史と社会の矛盾に光をあてることが必要なのです。
 
九州の静かな城下町に生まれ、明治から昭和へと生きた一人の破天荒ともいえる活動家が、アメリカでのアジア系や黒人系の人々の置かれていた状況を目にしたときに感じたこと。それは戦前のみならず、今のアメリカの動向を見つめるヒントをも与えてくれるのです。

* * *

あの名演説からアメリカを学ぼう!

『I Have a Dream!』マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (著者)、山久瀬洋二 (翻訳・解説)I Have a Dream!』マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (著者)、山久瀬洋二 (翻訳・解説)
1955年、バスの白人優先席を譲らなかったという理由で逮捕された男性がいた。この人種差別への抗議運動として知られるモンゴメリー・バス・ボイコット事件を契機に、自由平等を求める公民権運動がにわかに盛り上がりを見せた。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアはこの運動を舵取りし、そのカリスマ的指導力で、アメリカ合衆国における人種的偏見をなくすための運動を導いた人物である。「I have a dream.」のフレーズで有名な彼の演説は、20世紀最高のものであるとの呼び声高い。この演説を彼の肉声で聞き、公民権運動のみならず、現在のアメリカに脈々と受け継がれている彼のスピリット、そして現在のアメリカのビジネスマネジメントの原点を学ぼう。山久瀬洋二による詳細な解説つきで、当時の時代背景、そして現代への歴史の流れ、アメリカ人の歴史観や考え方がよく分かる1冊。
* アメリカ人が最も愛するスピーチを対訳で展開
* スピーチの「歴史背景」と使われている「英語表現」の意味を徹底的に解説!
* 特別付録:「アメリカ独立宣言」全文対訳
* ワードリスト付きだからストレスフリーで読み通せる

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

2000年の歴史の鏡に映る中東の要、サウジアラビアの異変とは

ムハンマド・ビン・サルマン

“Crown Prince gains power after sweeping purge of Saudi officials”

(皇太子はサウジの高官を一掃して権力を集中)
ワシントンポストより


【ニュース解説】

サウジアラビアの異変

サウジアラビアに異変がおきています。日本からは遠い話かもしれません。
しかし、石油を通して中東問題は日本経済に直結しています。サウジアラビアは、「斬首による処刑」や「女性の社会参加への厳しい規制」など、イスラム教の最も保守的な価値を政策にも導入している王国として知られています。この国は日本とは石油で結ばれながらも、イスラム教の保守的なイメージを象徴する国家として、中世さながらのミステリアスな王国として多くの人の目に映ります。一方、同国は長年動乱の続く中東の中にあって親米国家としても知られています。

しかし、新たに王権を継いだサルマン国王の皇太子ムハンマド・ビン・サルマンへの権力集中が進む中で、そうしたサウジアラビアがより開かれた国家に変貌しようともがいているのです。
そして今、長年石油の利益を独占し、富豪として君臨していた王家のありかたにもメスがはいります。皇太子は昨日、世界のメディアやTwitterなどの株主としても知られるアルワリード王子などの王族とその取り巻きを逮捕、追放という大鉈をふるったのです。世界経済にも大きな影響が考えられます。

今回の改革の背景を知るには、サウジアラビアに異変がおきています「そもそもイスラム社会にとってのサウジアラビアとはいったいどのような国家なのか」を知っておく必要があります。

古代ローマ帝国にとっての脅威

ここであえて古代史に目を向けます。
古代ローマ帝国以来、西欧社会の脅威は常に中東にありました。
ローマ帝国は古代ヨーロッパの超大国でした。そんなローマが拡大したとき、どこを占領して膨張したでしょうか。今のフランスやイギリス、ドイツ、そしてスペインといった西ヨーロッパがローマの版図拡大のターゲットでした。

一方、ローマは中東からアジア方面には拡大できませんでした。どうしてでしょう。そこには、ペルシャに代表されるメソポタミア文明の恩恵を受けた強力な帝国が存在していたからです。逆に、現在の西ヨーロッパはローマから見れば蛮族の住む未開地でした。ですから、ローマは未開の地を版図にいれ、そこから人員を補給しながら東の脅威に備えたのです。

従って、ローマ帝国が強靭な国家になった後、ローマの戦略的な拠点はローマではなく、東方に睨みをきかせ、迅速な対応ができるコンスタンチノープル(今のイスタンブール)とその周辺へと移行していったのです。
東の文明、つまりローマから見たオリエントこそが、彼らが常に意識しなければならなかった脅威でした。

ローマ帝国とキリスト教

ところが、時とともに蛮族の土地とされ、傭兵などの供給源となっていたアルプス以北のヨーロッパが変化します。それらの地域が次第に開拓され、ローマ化が進み、力を蓄えながら、独自に版図を広げ始めたのです。ローマが、自らが支配した辺境の人々に飲み込まれていったとき、社会は大きく変化します。

特に、ローマで禁止されていたキリスト教は、ローマを逃れ、そうした地域に広がっていました。彼らが、ローマとの交流を通し次第に経済力や軍事力を蓄えたとき、ローマ帝国としては東方の脅威に向けて国家を統一させるためにも、彼らと妥協しなければなりませんでした。こうして4世紀末にキリスト教はローマ帝国の国教になったのです。

イスラム国家の誕生

やがて、中世になると、東方では新たな宗教の元に、強大な国家が生まれました。イスラム教を信奉する数々の王朝です。当時ローマ社会はすでにキリスト教を軸にしたヨーロッパ諸民族の連合体へと変化し、それぞれの地域が自立、独立していました。現在のヨーロッパ社会の始まりです。後年、ヨーロッパ社会は新大陸にも膨張し、今のアメリカを建設します。

このことによって、長い世界史の流れの中で、ローマをご先祖様とするキリスト教社会と、東方のイスラム社会とがユーラシア大陸の西半分の文明を二分するのです。この東西の対立が、現在も尾を引いているというわけです。

ですから、ヨーロッパ社会とその延長となるアメリカは、常に中東の問題に目を光らせ、必要に応じて鋭く介入します。これは2000年にわたる東西の対立の中で培われた遺伝子のようなものです。この介入に対抗していたイスラム社会は、15世紀以降オスマントルコがその盟主となりました。彼らは、1453年にはローマ帝国を継承していた東ローマ帝国を滅亡させ、17世紀には当時の西ヨーロッパの中心であったウィーンなどへも遠征しました。
しかし19世紀になってその大帝国が衰微したころに、逆にヨーロッパ諸国は産業革命を経て力を蓄えたのです。

欧米の脅威と、衰退するオスマントルコへの民族運動が融合する中、ちょうどキリスト教にとってのローマのように、イスラム教の聖地メッカのあるサウジアラビアが、20世紀にイスラム社会の精神的支柱となる国家として建国したのです。建国前夜にはオスマントルコの衰亡を企むイギリスなども大きく関与します。ですから、サウジアラビアは伝統的にイスラム右派を標榜する国家でありながら、親米、新ヨーロッパ政策を継承してきたのです。

イスラム教の分離

もちろん、キリスト教がカトリックやプロテスタント諸派に分離したように、イスラム教もスンナ派やシーア派など諸派に分離し対立します。スンナ派の拠点がサウジアラビアであれば、シーアの拠点はイランです。
こうした内部対立はあるものの、世界がキリスト教とイスラム教との対立を軸に激しく争い、混乱を生み出しているのはこうした背景によるのです。

今回のヘッドラインは、そんなサウジアラビアにおきた政変です。スンナ派の盟主とされるサウジアラビアの今後は、今、中東で起きている様々な政治問題にも微妙な影響を与えるはずです。だからこそ、あえて2000年にわたる東西交流と対立の歴史を紐解きながら、今回のサウジアラビアの情勢を注視してゆきたいのです。

* * *

『海外メディアから読み解く世界情勢』山久瀬洋二日英対訳
海外メディアから読み解く世界情勢
山久瀬洋二 (著)
IBCパブリッシング刊

海外ではトップニュースでありながら、日本国内ではあまり大きく報じられなかった時事問題の数々を日英対訳で。最近の時事英語で必須のキーワード、海外情勢の読み解き方もしっかり学べます。

山久瀬洋二の「海外ニュースの英語と文化背景・時事解説」・目次へ

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ