タグ別アーカイブ: クライストチャーチ

ニュージーランドの事件が日本に及ぼす危険性とは

写真:ニュージーランド総督府

“Indian newlyweds came to Christchurch with a dream. On Friday, that dream died.”

(クライストチャーチに移住してきたインド人の新婚夫婦の夢が、金曜日に死に絶えた。)
― CNNより

「若きウェルテルの悩み」から広がる連鎖反応の波

 このヘッドラインは、先週末に発生したニュージーランドでのテロ事件で犠牲になった、インド系の女性と彼女の夫の苦しみを報道した記事です。
 
 1774年に発表された「若きウェルテルの悩み」というゲーテの名作には、この作品にまつわる逸話が残されています。それは、主人公が自殺したことから、この小説を読んだ若者が共鳴して自殺をした、というチェーン・リアクション(連鎖反応)が起きたことです。
 このことから、例えば青少年の自殺事件が起こり、それが報道されると、その報道の影響を受けて同様の事件が拡散することを「ウェルテル効果」と呼ぶようになりました。
 
 シャンソンの中に、Sombre Dimanche「悲しい日曜日」という曲があります。この曲は1935年にレコーディングされ、世界中でヒットした名曲です。ただ、この歌詞が、亡くなった恋人を想って自殺を決意するまでの女性の気持ちを語っていることから、この曲を聴いた人の自殺が絶えず、曲が最初に発表されたハンガリーでは放送禁止になったといわれています。これも、「ウェルテル効果」の事例の一つです。
 

続きを読む