タグ別アーカイブ: ヘレニズム

文化というコインの表と裏を考える

“Once, “Yuzu” or flexibility was one of the key values among Japanese. Traditionally, to maintain Japan’s interdependent society, one had to take action based on how the person one is dealing with feels and what that person wishes to do.”

以前は、「融通」は日本人の最も大切な価値観の一つでした。伝統的に、お互いが依存し合っていた日本社会では、相手がどのように感じ行動したいかを考えて、その意思に対して自らも対応できるようにしなければなりませんでした。
 
(IBCパブリッシング刊行「日本人のこころ」より–一部編集–)

「融通」に見える、文化の「表」と「裏」

先週、西欧文明をヘブライズムヘレニズムという概念から分析してみました。それをベースに、今回は日本人の意識とその変遷について考えてみたいと思います。
全ての文化には、コインの表と裏のように、強い部分と脆弱な部分とがあります。
例えば、日本に昔からあった価値観に「融通」というものがあります。まずは、この「融通」という考え方にスポットを当ててみましょう。
 
融通の利く人といえば、柔軟で物事を多面的にとらえ、その場その場で状況や人に対してうまく対応する知恵をもった人を指しています。
しかし、コインの裏側となる脆弱な部分をみれば、例えば人脈やコネ、さらには賄賂といったもので、特定の人や組織に便宜を図ることも「融通」は意味しています。
このコインの裏側が社会悪として指摘されたとき、コインの表側にあたる本来の強い部分までもが同時に否定され、その価値自体が絶滅してしまうリスクを我々は常に抱えているという問題を、まずここで指摘します。
 

「表」:西欧文化の受容と伝統的価値観の継承

このことを心に留めながら、前回紹介したヘブライズムとヘレニズムの乖離について、場所を欧米から日本に移して、さらに考えてみたいのです。
キリスト教社会において、ヘレニズムとヘブライズムとが両輪となって、西欧文化という馬車を走らせてきたことを先週解説しました。
そんな西欧の文化を、明治以降日本人は必死で学び、社会を変革させてきたわけです。しかし、明治時代においては、その変革を行ったのは日本人自身でした。従って、当時の指導者の多くは、欧米の文化を取り入れながらも、日本の従来の価値観はしっかりと維持しつつ、社会を近代化させていこうとしたはずです。
 
その従来の日本の価値観は、ヘブライズムに象徴される一神教的な価値観とは相容れぬものでした。日本人の宗教観は、もともと森羅万象に神々が宿るとされたアニミズムにその基盤がありました。仏教が伝来したときは、仏教を知恵の学問として捉え、寺院を建立しながらも、アニミズムとしての神社が寺院の一角に祀られるなど、まさに日本人は宗教においても「融通」を利かせて文化を育ててきたのです。
突き詰めていうならば、「正」と「邪」を二元論で捉えるのではなく、状況に応じて相対的に捉えることに、日本人は心の拠り所をもっていたのです。従って、欧米流の一神教の原理にそぐわない行為をしたときに発生する「罪」の意識は、日本人には希薄でした。
 
第二次世界大戦に至るまで、日本人はこの伝統的な判断を維持しつつ、技術や手法としての西欧文明を受容してきたのです。
これが、一刀両断に否定されたのが、第二次世界大戦に日本が敗れたときでした。
日本が占領されたときに、ヘブライズムとヘレニズムの二つの刃をもった欧米の価値観が、日本に容赦無く突きつけられ、浸透していったのです。
 
それは良いことでもありました。それまで日本にはなかった、基本的人権主権在民という意識が芽生えたことなどは、そんな利点の代表例といえましょう。また、過去にアミニズムによって育まれた神道を政治に導入し、日本を軍国主義の軍靴に巻き込んだ事実への反省もなされました。戦争を放棄し平和を求める憲法の制定などが、それにあたります。その結果、政治と宗教を分離し、天皇制を頂点とした社会のために、人々が犠牲を強いられなくなったことも良いことでした。
 
この利益はまさに、戦後の日本文化のコインの「」を象徴していたのです。しかし、同時に日本はコインの「」の影響も被ったのです。
長い戦後の歴史の中で、先に触れた「融通」などの価値観が葬られだしたのです。戦後の歴史を通して、ヘブライズムに象徴される「正」と「邪」の二元論で、日本人の古き良き「曖昧さ」が裁かれてしまったのです。
 

「裏」:ヘブライズムの注入と価値観の否定・歪曲

前回、私は欧米では、ヘブライズムとヘレニズムとの乖離が、現代社会の分断に直接影響を与えていることを強調しました。
しかし、この乖離のプロセスの中にありながらも、欧米の人々の心の中には厳然と、ヘブライズムに支えられた「罪」の意識は残り続けました。さらに、一神教によって培われた、思想や意識が異なる人に対して妥協せず、相手を「邪」としてしまう強い意識が社会の分断に拍車をかけていることも、解説した通りです。
 
そんな、ヘブライズム的な発想を受け入れた日本人は、それが自らの伝統にそぐわないという微妙な不快感を抱きながらも、ヘブライズムとヘレニズムとに支えられた西欧文化のコインの「表」を必死で吸収し、自己の文化の中に注入をはじめたのです。
この微妙な不快感。それが、そのまま日本人のアイデンティティの喪失に対する恐怖へと繋がったのです。その恐怖が偏狭なナショナリズムを育成したこともあれば、逆に潔癖すぎるまで透明な社会を目指そうとする社会の動きも醸成しました。
例えば、会社経営でコンプライアンスが必要であるという主張が是とされれば、過去になされていた「融通」の精神の全てが否定され、厳格なプロセスの履行のために、膨大な書類の作成や、人的資源が使われるようになりました。
 
個々の人権が尊重され、それを遵守するプロセスの中で、プライバシーという意識が導入されると、江戸時代にあった長屋などでの共同体意識が破壊され、今では日本人は世界の中でも稀にみるプライバシーを重んずる民族へと変貌しました。社会で個人のプライバシーが尊重されながら、隣同士の連帯や相互扶助による村社会的発想が葬られてゆきました。
 
それでいて、従来の意識は会社の中などでの上下関係や、組織への盲従といった不自然な形式で継承されもしたのです。そして、そのことが却ってコンプライアンスやプライバシーの管理の課題としてクローズアップされるのも、皮肉な現実です。この捻れが、今の日本社会の中で多くの社会問題を生み出しているのです。
 

文化の「表」と「裏」を見つめて

ものごとはバランスが大切です。文化そのものに何が正しく、何が過ちというレッテルを貼るのは危険です。文化や価値はその運用の仕方が大切です。運用の方法によって、コインのどちらかの部分が大きく見え隠れするという現象を、我々は冷静に見つめなければなりません。その上で、日本人にとっての日本文化のあり方を、改めて考えることも必要なのかもしれないのです。
 

* * *

『日本人のしぐさ』ハミル・アキ (著)日本人のしぐさ』ハミル・アキ (著)
笑えて、ためになる、異文化交流本。日英対訳。
日本人には当たり前。でも外国人が戸惑ってしまう日本人のしぐさを、写真と日英対訳で楽しく紹介。お辞儀、いただきます、土下座などといった日本独特のジェスチャーを、外国人にわかりやすく、そして楽しく説明する方法が学べます。スラング、子供のジェスチャーに至るまで、幅広く70を厳選。日本文化の一面を、気軽に紹介できる一冊です。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

欧米を蝕むアイデンティティ・クライシスの背景にある2000年の矛盾とは

“President Trump closed out an us-against-them midterm election campaign that was built on dark themes of fear, nationalism and racial animosity—.”

(トランプ大統領は中間選挙での「こちら側と向こう側」というキャンペーンを終え、恐怖とナショナリズム、そして人種間の対立という暗黒の課題を投げかけた。)
New York Timesより(一部編集)

欧米に影を落とす思想の対立と不信感

今回のアメリカの中間選挙の結果、下院で民主党が過半を制したことは、過去にないほど世界で大きく報道されました。
ただ、大統領の所属する政党が議会の多数派となれなかった事例は、今に始まったことではないことは、既に多くのマスコミによって解説されています。
実際、大統領は外交や軍事に関しては強い権限があるものの、内政については下院との妥協がどうしても必要になります。
そうした政治上のメカニズムは他社の報道に任せるとして、今回取り上げたいのは、なぜ、ここまで中間選挙が注目されたかというテーマです。
 
その背景には、現在アメリカをはじめ欧米でおきている、人々の間での思想信条の強い対立と、お互いに対する根深い不信感があることは言うまでもありません。その不信感が過去にないほど鮮明になっていることが、人々の危機感を煽り、マスコミも注目したのです。その象徴的な行事が、今回の中間選挙だったわけです。
歴史的にいえば、人々は富の配分によって異なる思想信条を抱きました。富める者と貧困に喘ぐ人々との間の対立が、政治にも大きな影響を与えてきたのです。それに加えて、宗教観の違い、人種間の対立などで政治が左右されてきたことも事実です。
しかし、現在は必ずしもそれだけが要因ではなくなっています。同じ中産階級で宗教的にも似通った背景をもっている人々が、思想信条において大きく対立しつつあるのです。

欧米社会の二大源流:ヘブライズムとヘレニズム

では、どうして、そこまで人々が対立するようになったのでしょうか。
実は、この対立を理解するためには、欧米社会に脈々と受け継がれてきた、二つの概念に目を向けなければなりません。
それは、ヘブライズムヘレニズムという概念です。

ヘブライズムとは、一神教の神を信仰していたユダヤ教にその起源があります。絶対神であるヤハウェを信仰するユダヤ教が儀式や儀礼によって形骸化したと批判し、世界宗教にまで発展したのがキリスト教です。従って、キリスト教には脈々とヘブライズムの伝統が流れているわけです。

次にヘレニズムです。この起源はギリシャです。あのソクラテスやプラトンをはじめ、多くの哲学者や科学者を輩出したギリシャで生まれた論理的な発想法、思考法はその後ローマ帝国に受け継がれ、西欧社会に共通する国際的な概念へと成長しました。それがヘレニズム的な発想法です。

キリスト教は、イエス・キリストによってその教えが説かれた時代には、いわば一つの神を絶対的な拠り所とする宗教で、その信仰のあり方に哲学的な発想はありませんでした。
しかし、そんなキリスト教がローマ社会に浸透し、やがてローマ帝国の国教になるに至り、宗教と政治とを一体化させなければならなくなりました。そのために、その宗教的な背景を論理的に、哲学的に理論武装する必要性に迫られたのです。ここに、宗教的発想としてのヘブライズムと、論理的発想としてのヘレニズムとが融合し、キリスト教社会の道徳、哲学、そして文化が育まれたのです。

宗教と科学の対立に揺らぐアイデンティティ

それから、おおよそ1600年の年月が経ちました。そして、20世紀になって人類の科学技術は大きく進化しました。そんな科学技術の進化の背景には、物事を科学的に発想し、分析するというヘレニズム的な行動様式が大きな影響を与えてきたのです。それが、欧米流のロジックや理性の背骨として、科学技術の進化を支えたのです。
ところが、科学技術が進化することで、人々は過去に抱いていたものと異なる死生観を抱くようになりました。中世では、ほとんどの人々が、死後に生前の行動と信仰によって神に裁かれるものと、本気で畏れていました。科学技術の進歩で、こうした信仰は迷信として退けられるようになりました。また、医学の進歩によって、人々を見舞う病苦にも科学的な分析と治癒への道が開かれました。こうして、宗教と科学との対立が始まります。西欧社会で数百年の年月を経て、ヘブライズムとヘレニズムとが少しずつ分離し始めたのです。
 
しかし、この「分離現象」は、それまで神と生活、そして政治とを融合させてきた多くの人々に、強いアイデンティティ・クライシスを育んだことは言うまでもありません。
また、ヘレニズムとヘブライズムとが分離し始めた後も、科学の道を歩む現代人の心の奥底には、ヘブライズム的な道徳観や善悪に関する基準は残りました。この基準を強く意識するとき、人々は合理的な発想に懐疑心を抱きます。そして、そんな意識を心に抱きながらも、よりグローバルに物事を考え、現代の科学による理性を重視しようと思う時、人々はヘレニズム的発想をもってヘブライズムのエキスを希薄化します。この懐疑心と希薄化の揺れが、意識のギャップとなって、現在の欧米社会を揺り動かしているのです。

ヘブライズムからみえる対立、不信、排除

さて、とはいえ、欧米の人々は、例え現代社会においても、おしなべてヘブライズムの影響を受け継いでいます。先に解説した通り、ヘブライズムの原点は一つの神への絶対的な信仰にあります。すなわち、神を信じる者は「善」、神をないがしろにする者は「悪」という二元論が、長年にわたって人々の心に植えつけられてきたのです。白か黒か、つまりグレー(灰色)を排除する心理、そして意識を、欧米の人々は心の奥底に抱き続けてきたのです。
これによって、ヘブライズムが希薄化した人々は、現代社会に懐疑心を抱いている人々を「悪」ととらえます。当然、懐疑派も希薄派を「悪」と捉えるのです。ここにお互いに対する根深い不信感と排除の意識が生まれました。
ちなみに、イスラム教も一神教であると共に、その原点はユダヤ教にもつながります。すなわち、イスラム教もヘブライズム的発想による宗教なのです。
 
現代社会を蝕む二分化された政治、思想、信条の深いギャップとそれに基づく不信感。
そこには、欧米で2000年にわたって育まれた、この二つの意識のアンバランスがあるのです。
 

* * *

『外国人によく聞かれる日本の宗教 (Japanese Religion)』ジェームス・M・バーダマン (著)、澤田組 (訳)外国人によく聞かれる日本の宗教』ジェームス・M・バーダマン (著)、澤田組 (訳)
神道と仏教の違いはなんですか?
日本人には信仰心があるのですか?
日本の宗教に関するあらゆる事柄を、シンプルに、明瞭に、解説します。
観光で来日した人たちは、目にしたものがなんであるのか、どんな意味があるのか、好奇心でいっぱいです。本書では、そんな外国人たちが不思議に思う「鳥居」や「狛犬」といった造形物から、宗教とのつながりの深い観光スポットまで、幅広く取り上げています。日本人にとっては当たり前すぎて、つい見過ごしてしまいがちな事柄も、改めてその意味を知ると「なるほど」と目からウロコが落ちるかもしれません。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ