タグ別アーカイブ: ユーロ危機

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

ヨーロッパの二つの選挙

【海外ニュース】

Italy election: Europe jitters over result deadlock

イタリアの選挙、ヨーロッパはその手詰まりに苛立っている

Pope Benedict will be known as “pope emeritus” and will retain the honorific “His Holiness” after he abdicates on Thursday, Vatican officials say.

ローマ法王ベネディクトは名誉法王に、そして木曜日の退位後も今まで通り、「聖下」という尊称で呼ばれることになると、バチカンは発表

(いずれもBBCより)

【ニュース解説】

ここのところ、イタリアがヨーロッパの震源地となっています。
一つは、今紙面をにぎわしているイタリアの総選挙です。財務体質の改善のツケを緊縮財政を断行することによって進めていこうとするモンティ首相の政策に待ったをかけ、スキャンダルまみれで退陣したベルルスコーニ前首相の人気も復活し、イタリア政局が大きく混乱しそうな雲行きとなっていることが、それにあたります。
そして、もう一つは今週退位するローマ法王ベネディクト16世の後継選び、コンクラーヴェを巡る話題です。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

ユーロ危機の将来は。そして日本は…

【海外ニュース】

Crisis is not over, EU reports warn. Secret analysis calls for shoring up of finances, Spain reveals plans to cut budget by €27bn. (Financial Times より)

危機はまだ去らず。EU の関係者は警鐘を。さらなる財政強化が必要か。スペインは270億ユーロの予算カットを予定

【ニュース解説】

今、ウィーンに滞在中。こちらにいると、シリア、イラン問題と共に、スペインの経済危機からくる EU の将来への話題が、紙面をにぎわしています。

EU のそもそもの起源は、フランスの一人の実業家ジャン・モネの構想に遡れます。第二次世界大戦後、宿敵だったドイツは壊滅したものの、将来再び脅威になるのではと、多くのフランス人は心配しました。
しかし、アメリカの絶対的な経済力と冷戦構造の中で、ヨーロッパの衰退を防ぐには、フランスとドイツが未来へ向けて手を結ぶべきだとモネは考えます。そこで、彼は、ドイツが単独で戦争を始めないよう、戦争に必要な資源である石炭と鉄鋼の市場を、フランスとドイツが共同しようという独創的なアイディアを提唱。当時のフランス政府がその案を支持。ドイツのみならず周辺国と欧州石炭鉄鋼共同体を造ったことが、現在の EU への道筋となったのです。
この話、例えば中国とアメリカの間に挟まれる日本と韓国の将来の構想を考える上でも、参考になりそうですね。

続きを読む