タグ別アーカイブ: 平昌オリンピック

平昌での「民族意識」に当惑するアメリカ、日本、そして中国

“Kim Jong-un’s Overture Could Drive a Wedge Between South Korea and the U.S.”

金正恩の(雪解けの)提案は、韓国とアメリカとの関係を悪化させかねない。
(New York Timesより)

「民族」という言葉。これを翻訳すると race となります。同時に「民族」は tribe です。大陸の長い歴史を通して活動してきた部族tribe が、国家として自らを意識したとき、tribe race となりナショナリズムの原点へと成長したのです。
平昌オリンピックで、韓国と北朝鮮とが急接近したとき、韓国人の多くはこの「民族」という言葉を意識したのでしょう。
 
確かに韓国では「民族」という言葉をよく耳にします。
韓国はいうまでもなく Korean、つまり朝鮮民族による国家です。では、日本はというと、日本人という言葉はありますが、日本民族という語彙には馴染みません。民族という言葉を使用するときは、日本人は「大和民族」として自らを表現しますが、これは戦前の国粋主義への記憶と繋がってしまいます。
島国として戦後の一時期を除きほとんどの期間独立を維持してきた日本人は、自らのことを「民族」として意識するチャンスがなかったともいえましょう。
 
朝鮮半島の利害に絡むアメリカは、自らを多民族国家 multinational state と定義します。「アメリカ民族」という言葉はなく、多様な人種や宗教を持つ人々が共存する国家というビジョンを民族の代わりのスローガンとしてきました。
では、もう一つの当事者である中国はどうでしょう。中国もアメリカと同様に多民族国家です。しかし中国の歴史はその中心で活動する漢民族と、周辺の民族との対立と侵略の反復でした。漢民族が衰退したとき、満州族などの北方民族が常に中国に侵攻してきました。
逆に漢民族が繁栄したときは、周辺民族は服従を強いられました。朝鮮民族はそんな周辺民族の一つでした。
現在の中国では、社会主義を建前として民族の融合を唱えていますが、ウイグル族チベット族など少数民族との対立が国家の課題であることには変わりありません。北朝鮮との国境には朝鮮民族も活動しています。つまり、中国では、今でも漢民族と周辺の様々な民族との対立の中で、「民族」という意識が揺れ動いているのです。この状況は朝鮮半島の隣国ロシアでも同様です。ロシアでも多民族国家をスローガンとしながら、チェチェンジョージアなど、ロシア民族と他の民族との対立に揺れているのです。
 
さらにヨーロッパに目を向けると面白いことに気付きます。
フランスやドイツやイタリアなどは、それぞれの民族で成り立ってきた国民国家です。しかし、民族の対立の歴史の果てに、お互いに加害者と被害者との立場を繰り返した末に第二次世界大戦という破局を経験したヨーロッパでは、とりたて「民族」という言葉を意識しなくなりました。例えば、戦前ドイツ人は「ゲルマン民族」と自らを位置付け、独自のアイデンティティ(identity) を強調しました。
しかし、今ではヨーロッパの主要国は戦争の悲劇の教訓から、自らを多民族国家へと変化させてきたのです。その結果、パリでもロンドン、そしてベルリンでもアフリカや中東、アジアからの移民が目立つようになりました。もちろん、そうした動きに反発するナショナリズムが高揚していることも事実ですが。
 
さて、こうした世界の動きをみながら、改めて韓国人にとっての「民族」という概念を考えてみたいと思います。
北朝鮮の脅威は、韓国人にとっても喫緊の課題です。実際、朝鮮戦争とのそこに至る過程で、民族を分断した対立を通して、家族が分断され、無数の血が流されました。その後も北朝鮮とは武力による小競り合いが頻発しました。
その悲劇の中で彼らは考えます。ドイツは戦後分断された。しかし日本は分断されずアメリカに保護された。でも東西対立の最前線に取り残された韓国は分断されたと。常に近隣の大国の脅威と植民地化、分断に晒されながらも、世界史の陰に置かれてきたことが、彼らの強い民族意識の原点となったのです。
従って、北朝鮮問題、日韓問題を語るとき、彼らは「朝鮮民族」として極めて複雑な心境を抱くのです。この複雑な意識が、国際関係に優先されるとき、日本やアメリカ、そして時には中国をも困惑させる事態がおきるのです。韓国はアメリカの保護によって朝鮮戦争を克服し、国家として自立してきました。ですから北朝鮮に対抗し、資本主義経済を守るにはアメリカとの同盟が必要です。しかしそれは日本も組み込んだ日米韓という連携へとつながります。しかもアメリカは東西対立を促進し、朝鮮半島を分断した片方の加害者でもあるのです。
 
こうした韓国の人々のアメリカと日本への意識が、平昌オリンピックというスポーツの祭典を利用した北朝鮮への接近に彼らを駆り立てたのです。
北朝鮮との問題は、過去から続く民族の悲劇を克服する問題として、自らの力で解決したいという強い意識が韓国の背景にあるわけです。
この民族意識を考えたとき、アメリカも日本も、当惑しながら、対応を考えざるを得なくなりました。これは中国も同様です。中国は2千年にわたって朝鮮半島に影響力を持ち続けてきました。しかし、このところ北朝鮮が中国に対して、「民族」として対抗するようになりました。中国からしてみれば、韓国がアメリカから自立することと、北朝鮮が中国から離反することをどう判断してよいか、文字通り困惑しているのです。
 

「民族」という概念の薄い日本。確かに日本人は、こうした激動の時代に翻弄された大陸国家の微妙な意識の機微には疎いようです。それだけに、アメリカと中国に挟まれた朝鮮半島の動向にはより繊細な対応が必要になるのです。

* * *

アジアの人々と働くこと

『なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?』千葉祐大 (著者)なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?』千葉祐大 (著者)
価値観の違うメンバーを戦力化するための17のルール!
訪日外国人の数が、毎年過去最高を記録している現在の日本。お客さまが外国人であれば、接客する側も言葉や文化を理解している同国人のほうがいいと考えるのは当然のこと。
しかし、「はたして外国人に、日本人と同じレベルのおもてなしを実践することができるのか」「どうやって、外国人におもてなしの教育をすればいいのか」と、懸念や疑問を持つ現場関係者が多いのも事実です。
本書は、外国人とりわけアジア系人材を、おもてなし提供者として育成する教育方法について、銀座のデパートで実際に行われている事例を取り上げながら、詳しく解説します。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

スポーツとK-POPは、日韓関係の未来の証か

“For ardent nationalists on either side of the water, it could be a red rag to a bull, but it proved a watershed moment for the K-pop industry. The three Japanese girls and their teammates in TWICE are arguably the busiest stars in Korea.”

(海の両側、双方の熱狂的なナショナリストにとっては許しがたいことかもしれないが、これはK-POPの転換点である。TWICEの三人の日本人少女とチームメイトは、確かに韓国で最も忙しいスターなのだ)
朝鮮日報英字版(一部訳のために編集)より

このヘッドラインを解説する前に、平昌オリンピックの美談として、スピードスケートの女子500メートルで優勝した小平奈緒選手と銀メダルとなった韓国のイ・サンファ選手との友情が話題となっていることを振り返ります。
小平選手が涙を流すイ選手に韓国語でyou did great job(とてもよかった)とエールを贈ったことがメディアやSNSで取り上げられていることは周知の事実です。
朝鮮日報などの韓国のメディアでも、このことはとかくギクシャクする日韓関係を変えてゆくものだと前向きに報道しています。
 
スポーツの世界は政治とは無縁というのは、単なる神話の世界でした。
実際は、オリンピックは国威発揚の場として位置付けられ、ナショナリズムを謳歌するイベントとなっていました。
 
biasという英語があります。biasとは先入観や偏った意識を意味し、目に見えたり聞こえてきたりする対象物を、ちょうどプリズムのように歪めて認識することを表現する単語です。このbiasが実際に意識の中で固定化してくると、それがprejudice(偏見)となり、さらに行動で表されたときにdiscrimination (差別)となるのです。biasとはstereotype、すなわち固定観念を生み出す意識ともいえるのです。
これらの言葉の全てが当てはまり、政治問題化する日韓関係ではあるものの、今回の小平選手とイ選手の美談は、政治家が何回両国を往復しても成し得ない、双方の心の中にある希望に明かりをともしてくれたものといえましょう。
 
そこで今回のヘッドラインに戻ります。
今回のヘッドラインは、平昌オリンピックとは無縁の記事です。これは、TWICEというK-POPのグループの人気が急上昇しているということを報じた朝鮮日報の記事です。わかりやすく解説するため、一部編集したことをご了承ください。
 
この女性グループで活躍しているのは、韓国人、日本人、そして台湾人の国際チームです。しかも中にいる三人の日本人が特に人気で、K-POPのヒットチャートの1位に輝いているというのです。
実は、政治の問題は過去にTWICEにも陰を落としました。
チームの一人である台湾の少女が台湾の国旗を振っていたことが、緊張関係にある中国で問題となり、韓国のオフィシャルなエージェントに所属する「中国人」歌手が台湾の国旗を振るとは何事だという厳しい批判にさらされたのです。これに、台湾の自立を目指す人々が怒りを表明し、若者のパフォーマンスだけでは済まされなくなったのです。実際、自らの活動が中国から締め出されることを懸念したのか、このグループを運営するJYPエンターテインメントは、中国に対し謝罪までしたということです。
 
しかし、その後彼女らのパフォーマンスが若者のサポートを得て、人気が急上昇。韓国では、日本人の歌手が加わると人気が陰るのではと思う人も多かったようですが、そんな懸念もはね飛ばす勢いとなったのです。
メンバーの一人湊崎紗夏(みなとざきさな)の歌と踊りに、韓国人の若者は首ったけになっていると同紙は報じています。
 

“The three girls are the first of their kind. We are going to see more like them.”

(三人の日本人少女が活躍。こんなことは今までにはない。これからはこうしたケースが増えてくるだろう)

と同紙はまとめ、日韓関係の将来はこうした若者によって違ったものになるはずだと評論しています。
そして、TWICEは日本でも注目を集めはじめ、紅白歌合戦でも多くの人を魅了しました。
 
小平選手とイ・サンファ選手との友情、そしてこのK-POPでの現象の双方にいえること。それは、とかく過去にどちらが何をしたという政治でのみずかけ論を若者がさめた目で見ながら、良いものは良いという判断で未来を見つめていることでしょう。
また、よりグローバルな視点で多国籍の少女を選びグループにしたJYPエンターテインメントのbiasのリスクを乗り越えた先見性にも拍手です。
こうした灯が、心ない人の吹く息で消えないよう、大切に暖めてゆきたいものです。

* * *

興味のある分野で英語に触れよう!

『英語で読む羽生結弦 The Yuzuru Hanyu Story』土屋晴仁(著) 佐藤和枝(訳)英語で読む羽生結弦 The Yuzuru Hanyu Story
土屋晴仁(著) 佐藤和枝(訳)

フィギュアスケーター・羽生結弦選手の物語を英語で読んで、聴いて、楽しむ! 2006年頃から現在にいたる10余年の間、日本はフィギュアスケートの世界でトップクラスの選手を輩出してきました。そしてこの流れを決定づけ、世界中の人々が“フィギュア大国・ニッポン”に注目するようになったのは、ひとりの若者の大活躍があります。
若者の名は、羽生結弦。世界ランキング1位に君臨し、世界の人々を魅了する選手となった彼のこれまでのストーリーを、読みやすい英語と日本語の対訳で楽しむ一冊です。
音声付(MP3)だから、リスニングのトレーニングにも最適。

* 各ページの下欄に重要語句・表現のワードリスト付きなので気になる語彙はその場で確認できます。
* スピーキングやライティングに役立つ英語解説付き。覚えておきたい英語表現や重要語彙を抽出し、解説します。
* 本文の英文はアメリカの言語学者の指揮のもとMP3音声をCD-ROMに収録

興味のある分野で英語に触れよう!

『英語で読む錦織圭 The Kei Nishikori Story』松丸さとみ (著)、バーナード・セリオ (訳)英語で読む錦織圭 The Kei Nishikori Story
松丸さとみ (著)、バーナード・セリオ (訳)
日本テニスの歴史と常識を変えた錦織圭の“挑戦”の物語。
ATP世界ランキング最高位4位という快挙を成し遂げた錦織選手。日本のテニス界のみならず、アジアのスポーツ選手たちの希望となった彼にも、さまざまな挑戦と挫折があった。5歳でテニスを始め、故郷を離れて言葉の通じない土地で練習にあけくれ、スター選手たちに憧れの眼差しをそそいでいた少年が、スターたちと肩を並べるまでに至る。そんな錦織選手の軌跡を、読みやすい英語と日本語の対訳で楽しめる一冊。音声付 (MP3) だから、リスニングのトレーニングにも最適。

* 各ページの下欄に重要語句・表現のワードリスト付きなので気になる語彙はその場で確認できます。
* スピーキングやライティングに役立つ英語解説付き。覚えておきたい英語表現や重要語彙を抽出し、解説します。
* 本文の英文はアメリカの言語学者の指揮のもとMP3音声をCD-ROMに収録。