タグ別アーカイブ: 日本紹介

「世界の心の交差点で」〜コミュニケーションと誤解の背景〜

日本人の文化や風習を海外の人に伝えるには色んな苦労が

Harmony is the key to the Japanese value system. Avoiding conflict, being mindful of the needs of others, creating a basis for mutual cooperation—these are the foundation of the Japanese approach.

(Japaneseness/Stone Bridge Press より)

日本のことをどう説明するか。
今回は、この課題について触れてみましょう。
日本独自の文化、風俗、そして風習を海外に伝えるのは簡単ではありません。そもそも、日本人にとって当たり前のことを、それを日常としていない外国の人に伝えるのですから。

「日本人には、謙遜という精神があってね。自分の能力を敢えて低く見せてこそ、相手から尊敬されるんだよ」

「なにそれ。全然わからない。自分のことをちゃんとアピールして、何ができるかしっかり説明しなければ、相手だって困惑するんじゃないの?」

「いえね。相手に私はこんなこともできるんですなんていうと、かえって本当なのと疑問に思われないかな」

「そうか、Talk is cheap. ということね。そんなことなら日本人だけの美徳じゃないよ。どこにでもあることさ。Don’t bite off more than you can chew ともいうしね」

「それってどういう意味?」

「自分が口にいれられないものを口にするな。つまりさ、能力以上のことをやろうとするとまずいよってこと」

「謙遜という概念はね。そんなことじゃないんだよ。たとえ自分にはこのことはできるって自信があっても、敢えてそれを口にせずに、へり下ることをいうんだよ」

「そう。でも考えてごらん。もし就職のために面接にいって、私は何もできませんっていうと、面接官は君と会うのは私の時間の無駄だと思わないかい。謙遜するって、相手に対しても失礼なことだと思うけど」

続きを読む

英語でどう語る?「日本の文化」

「気配り」

前回の「おもてなしの精神」にも直結する「気配り」。
気配りがなければ、おもてなしはできないよね。
でも、この「気配り」に何故日本人はそこまで長けていると思っているのか。

実はそこには理由があるわけ。
だって、日本って島国でしょ。島国で、住人のほとんどは日本人。しかも、地方の自治といっても、教育制度をみるとわかるけど、全国津々浦々同じ教育のシステムで動いている。
つまり、それだけ同じ民族で、同じ制度を共有してくれば、自ずとお互いの物事への感じ方や、判断の基準が似てくるわけ。
だから、相手に接したとき、どう気配りをすればいいかが、実に解りやすい。ここが、多様な移民や民族の混在する大陸の国々とは大きく違うんだということを、まず知っておかなければ「気配り」の精神は、うまく説明できない。

ここで「気配り」を説明するにあたって、こうした日本の特殊性を意識し、あまり自慢げに説明しないことが肝要だ。

とはいえ、これはなかなか説明困難な概念。

続きを読む

英語でどう語る?「日本の文化」

「おもてなしの精神」

この言葉を英語で説明? 意外と難しいかも。
というのも、ただ日本は「おもてなしの国」などといえば、「なにいってるの。どこの国だって外から来た人をもてなそうとするぜ。うぬぼれんなよ!」ということになってしまうから。

じゃあ、一般的に、人をもてなすことって、どう説明する?
人を「もてなす」というときのキーワードは entertain だよね。または、「おもてなし」という名詞を直訳する場合、hospitality という言葉があてはまる。だから単に「おもてなし」を英語でいうときは、こうした単語を使えば問題は解決。でも「精神」という言葉をいれて説明しようとするとそうはいかない。

続きを読む

その一言が!乗り越えよう異文化摩擦

エグゼクティブ・コーチング(25): 日本を紹介するノウハウについて(その2)

「おもてなし」の心を本当に理解してもらい、喜ばれるには

前回に引き続き、日本の文化や価値観を海外の人にどのように理解してもらい、そして楽しんでもらうかというテーマについて、考えてみたいと思います。

前回、日本を特別視したり、日本の発想や価値観をただユニークなものだという意識で相手に語ったりしても、それがうまく伝わらないだけではなく、思わぬ反発を呼び起こすリスクについて指摘しました。

今回は、それに加えて、我々が良いだろうと思っていることが、必ずしも海外の人にはそうは受け取られない点について指摘してみます。

日本の文化は「与えられる文化」であるといわれます。
例えば旅館に泊まったとします。すると宿泊者はそこでもてなされる料理などを、こちらから能動的には働きかけません。旅館が提供するサービスを、そのまま楽しみ、そこの料理や温泉を堪能します。
レストランなどでも、メニューに書かれている料理をそのまま注文しますし、懐石料理など高級な料理屋さんに行ったときは、正に相手がだしてくる料理をそのまま楽しみます。
このこと自体、決して悪いことでもなければ、そこに素晴らしい日本の「おもてなし」の心があることは事実です。
しかし、この発想だけに固執しておもてなしをすれば、相手が窮屈に思うことがあるかもしれません。

続きを読む

その一言が!乗り越えよう異文化摩擦

エグゼクティブ・コーチング(24): 日本を紹介するノウハウについて(その1)

日本の「お国自慢」のリスクと落とし穴

日本のことを、海外の人にいかに説明するかということは、我々にとって永遠のテーマです。
我々の殆どは、生まれてこのかた日本の文化や日本人の習慣につかって生きてきました。そう、我々の殆どは、日本という漬け物の桶に漬かってきたのです。

だから、海外の人が日本のことをどのように感じ、理解しているかを我々が客観的に感じること自体がなかなか難しいのです。

まず注意したいことは、海外の人に日本を語るとき、日本を余り特別視して語らないことです。
日本人が日本文化を誇りに思うことは悪いことではありません。でも、それをことさら強調すると、間接的に相手の文化への否定と思われることがあることを意識しておきましょう。
「どうだ日本はすごいだろう。お前の国にはないだろう。こんなことは」と相手にとられないように、話をすることが大切なのです。
常に、日本は世界の中の一つの国というスタンスで、自らを敢えて日本の外におくぐらいの意識で解説する方が、相手の心にもよく浸透します。

続きを読む