タグ別アーカイブ: 日韓関係

対韓輸出規制が批判される本当の理由とは

Photographer: Kim Kyung-Hoon/Pool

“A trade dispute rooted in WWII history is heating up between Japan and South Korea. From today, Tokyo is restricting exports of equipment needed to make semiconductors and computer displays. The move is intended to hurt South Korea’s hightech industry.”

(日韓の第二次世界大戦の歴史問題が過熱し、貿易論争の原因に。東京は半導体やコンピュータディスプレイに必要な製品の輸出規制を。これは、韓国のハイテク産業への痛手を意図したものだ)
― DW Newsより

関係が冷え込む日韓に共通のコミュニケーション文化

 日本と韓国との関係が冷え切っています。
 そもそもこの二つの国は、距離を取って観察すると、極めて似た文化やコミュニケーションスタイルを持っています。
 よく韓国のコミュニケーション文化は、日本のより感情に訴えて激しいものがあるといわれますが、感情移入や物の言い方といった表層面をとやかく言っても始まりません。ここで解説したいのは、ロジックの作り方の問題です。
 
 今回、輸出規制を発動した後になって、日本政府は慌てて規制は韓国での徴用工問題慰安婦問題とは関係なく、純粋な貿易管理の問題に起因するものであると発表しました。確かに、それはその通りかもしれません。しかし、そうした日本側の説明も甲斐なく、韓国では日本製品の不買運動が起こるなど、状況は楽観を許せません。また韓国は韓国で、貿易問題においては福島県などの水産物への輸入規制をいまだに続けています。
 
 第三国からこうした状況を見ると、日本も韓国も共にお互いをターゲットにしたハラスメントを繰り返しているように見えてくるのは残念なことです。
 そこに見えるのは、「団子型コミュニケーション」という、日韓に共通したアジア独特のものの言い方や対応方法です。
 つまり、様々な事象を一緒に団子にして相手にぶつけ、その応酬によって双方が負のスパイラルを導いてしまうのです。
 
 この「団子型コミュニケーション」というのは、我々日本人、そして韓国や中国などの人々がともすれば陥りがちな癖ともいえます。
 そこには、極東を中心としたアジアに共通した発想法が潜んでいます。専門家はこの発想法に基づくコミュニケーション文化を「Polychronic(複合的)なアプローチ」と呼んでいます。それは、様々な背景を一緒にして、一つのテーブルで論じようとする文化です。
 安倍首相が今回の半導体材料の輸出規制を発表したときの発言が、その典型です。
 「国と国とが約束を守らないことが明確になった。貿易管理でも恐らくきちんと守れないと思うのは当然だ」というこの発言で、安倍首相は元徴用工への賠償問題を念頭に、韓国が日本との国同士の約束を守らないことを批判したのです。
 このロジックがPolychronicなのです。つまり、二つの課題を団子にして、過去の事例や背景を元に相手を批判した上で、輸出規制の問題をコメントしたことが、海外での誤解の原因になったのです。なぜでしょうか。
 

日本の外交が苦しむ欧米社会とのロジックの違い

 欧米の人々のコミュニケーションの方法は「Monochronic(単色型)」であるといわれます。彼らは、課題を一つ一つに分け、混ぜることなく別々に処理して交渉するアプローチをとるのです。
 ですから、何か規制について発動するときは、決してその他の理由には触れず、規制そのものの理由を明快に解説します。しかも、発動の前には問題を指摘し、事前に警告などを行い、交渉を示唆した上で相手の動向に対応しながら規制を発動します。
 例えば、アメリカと中国との間には様々な政治課題がありますが、中国への関税の引き上げ措置についてアメリカが言及したときは、その問題のみに終始し、中国との軍事的緊張など、その他の課題には触れません。「それはそれ、これはこれ」というアプローチが徹底しているのです。
 
 日本の場合、確かに輸出規制については、安倍首相の発言の後に世耕経済産業大臣が、これは安全保障に関わる韓国側の貿易管理の問題が原因と発言し、純粋に貿易の問題で、他の事柄とは関係ないかのように説明はしたものの、それはすでに安倍首相の発言に海外メディアが反応した後のことでした。
 仮に世耕発言に正当性があったとしても、規制の発動があまりにも突然で、かつ安倍首相の「信頼問題」発言と絡んでしまったことは、日本のイメージを大きく毀損する原因となったのです。日本側の真意や「本当の理由」、さらに日本の言う「正当性」が海外に届くことなく、ただ「嫌がらせ」をしている国なのではという誤解を与えてしまったわけです。
 
 そもそも、段取りが悪すぎます。
 政府は、海外にもしっかりと説明をしていると言ってはいるものの、メディアや国民などへの情報開示が充分でなく、あまりにも閉鎖的です。だからこそ、事前の警告や問題提起はもとより、それまでの慰安婦問題や徴用工問題、さらには海上自衛隊の航空機へのレーザー照射問題など複数の課題が解決していない中、今回の唐突な規制の発表は、大人の国としての対応から見れば稚拙なやり方だと映るのです。
 
 では、韓国側の反応はどうでしょう。
 これもまたPolychronicな対応と言えましょう。政府も国民も、日本との複合的な課題を一緒にもつれた糸のままで捉え、感情的に対応しています。ただ、彼らに有利なのは、常に韓国が被害者の立場で叫び続けていることです。アメリカの世論などは、日本と韓国双方のPolychronicなアプローチに戸惑いながらも、結局日本が第二次世界大戦とそれ以前に韓国に与えたダメージを謝罪していないからだと思っています。双方ともPolychronicであれば、声を大きく感情に訴えた方が届きやすいのかもしれません。
 
 こうした日本側の意図がうまく伝わらない事例は、日韓問題だけではありません。例えば、日米安保条約で日本側が大きな経済負担を負いながらも、日本はタダ乗りをしていると多くの人が考えていることも、こうした日本の情報伝達における技術不足の結果なのです。
 明快な説明や、欧米の人が物事を受け取り理解するロジックに沿ったアプローチができない日本が常に貧乏くじを引いてしまうのは、日本の外交力の脆弱さによるものだと批判されても仕方がないのかもしれません。
 

問題提起に必要なのは、Monochronicなアプローチだ

 Monochronicなコミュニケーションスタイルを持つ欧米社会にものを言うときは、最初の発言が最も大切です。
 最初に、今発言すべき問題を明快に提起し、その理由を絞り込んでしっかりと話すことができない限り、どんなに教養のある英語で語ったとしても、同じ誤解のプロセスに日本は常に苛まれることになるはずです。
 

* * *

『日本人が誤解される100の言動: 国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント』山久瀬洋二 (著者)、ジェイク・ロナルドソン (訳者)日本人が誤解される100の言動: 国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント』山久瀬洋二 (著者)、ジェイク・ロナルドソン (訳者)
英語力がある人ほど陥りやすいワナとは?! 日本人が誤解を受けるメカニズムを徹底的に追求し、最善の解決策を具体的に伝授!欧米をはじめ、日本・中国・インドの大手グローバル企業96社4500名の異文化摩擦を解決してきたカリスマ・コンサルタントによる「英語で理解し合う」ための指南書第2弾!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

香港の騒乱と「レッドカーペットの屈辱」が語ること

Reuters/Tyrone Siu

“That stronger hand threatens Hong Kong’s future as a global commercial hub, but business leaders increasingly fear resisting a Chinese government that does not tolerate dissent.”

(世界経済のハブとしての香港の将来が大きな脅威にさらされる中、ビジネスリーダーたちは中国政府の強硬で頑なな態度にどう向き合うか神経を尖らせている)
― New York Timesより

香港での大規模デモに見える中国の覇権誇示と情報統制

 この数週間の極東での出来事は、アメリカと中国との駆け引きに翻弄される、この地域の現状と本音を奇しくも炙り出してしまいました。
 
 まずは、香港で犯罪者の中国への引き渡しを容認しようとした「逃亡犯条例」の改正に市民が強く反発し、大規模なデモが街を覆い尽くしたことです。北京の息が掛かった現在の香港政府は、市民の圧力の前に条例の撤回を余儀なくされました。香港の中国との最終的な統合を目指す北京にとって、これは確かに痛手だったはずです。
 一つは、香港が中国の意のままにならないことを北京が改めて実感したこと。そして、もう一つは、グローバル経済への重要な窓口の役割を果たしてきた香港の存在そのものの将来への不安を、中国が自ら世界に伝えてしまったことです。シンガポールなど、他の金融センターに香港の地位を譲ることになりかねない理由を煽ってしまったことは、中国の失策だったといっても過言ではないでしょう。
 
 次に注目されることは、習近平国家主席の北朝鮮訪問です。アメリカとの貿易戦争を通した緊張の高まりに押されるように、彼は北朝鮮を訪問しました。そこには、トランプ政権との交渉に揺さぶられ、ともすると中国離れが囁かれていた北朝鮮を、自らの覇権の枠内に取り戻そうという意図が見て取れます。そして、返す刀で香港の沈静化に注力しようというわけです。
 
 今後、香港での動きが中国本土に影響しない限り、中国は強硬策に出ないだろうという人がいます。実際、中国は見事に国内の世論を統制しているのです。
 「今、仮に中国国内の人に、香港でこんなことが起こっていると言っても、その情報自体を信じる人は殆どいないと思いますよ。報道が規制されているだけでなく、中国共産党の宣伝が行き届いているからね」
 これは日本在住のある中国人のコメントです。確かにそれはその通りでしょう。
 であればこそ、今回のヘッドラインのように、香港在住のビジネスリーダーは困惑を隠せません。今、香港だけで仕事をしているグローバル企業はほとんどないからです。米中関係が氷河期となっている状況下、これからは、北京の意向を踏まえながら、世界の金融センターである香港の現実も容認し、双方の狭間で損をしないよう、今まで以上に気を使わなければならないからです。
 

KNS/KCNA/AFP/アフロ

米中の狭間にあっても冷えたままの日韓関係

 一方、隣国である日本や韓国でも、ここ数週間様々な反応がありました。
 韓国のテレビ局は、先月アメリカを訪問した安倍首相を大きく取り上げました。その解説が興味深いのです。メディアの前に立ったトランプ大統領は、もてなさなければならない日本の首相を無視するかのようにレッドカーペットの中央に立ち、安倍首相は彼の側に控えるかのように、カーペットの外に追いやられていたのです。そして、首相がトランプ大統領の方ににじり寄ると、大統領が“Stop”とそれを制したのです。この場面を韓国のメディアは皮肉たっぷりに報道し、アメリカの「腰巾着」に甘んずる日本の指導者の有様を視聴者に伝えます。
 
 この報道の裏には、中国とアメリカとの狭間にありながら、それでも日本を心情的に受け入れられない韓国の本音が見え隠れします。それは韓国自身の抱える矛盾でもあり、日本にとっても良いこととはいえません。
 
 「韓国にとって中国は最大の市場。そして、アメリカは政治上の同盟国。この矛盾は日本にも通じる矛盾でしょう。ですから、韓国のミサイル配備に神経を尖らせた中国が韓国を敵視している状況を打開しようと、韓国政府は苦慮しているのです。面白いことに、香港の情勢に対して韓国政府は何もコメントをしていません。これ以上、中国を刺激したくないのです」
 これは韓国の知人の解説です。そういえば、日本政府も香港のデモについては、同様の対応をとっているようです。
 言葉を変えれば、日本も韓国も二つの大国の谷間にいるという同じ課題を抱えながら、双方への不信感は拭えないでいるのです。
 「確かに日韓関係は冷え切ったままですね。ここが一枚岩にならないと、これからも中国とアメリカとの間で翻弄され、日韓ともにレッドカーペットの屈辱を味わい続けることになるのではないでしょうか」
 韓国の知人はそうコメントしてくれました。
 
 一方、アメリカはアメリカで、日本や韓国への影響力をしっかりと維持しながら、香港の騒乱などをテコに中国を包囲し、暗礁に乗り上げた北朝鮮との交渉も進めなければなりません。そして、トランプ大統領はそれができる人物であることをアメリカ国民にアピールし、次期大統領選を有利に進めるためにも、「レッドカーペット」の中央に立っていなければならなかったのでしょう。
 
 そして、このように極東の政治に関わる国々の利害が複雑に拮抗する中で、香港や台湾の人々は、今回の香港での騒乱に対する各国の冷めた反応に当惑します。
 彼らが脅威を抱いているのは、中国のインターネットをはじめとしたメディアへの徹底した管理です。一見便利に見える消費者のオンライン決済ですら、国家が個人の趣向やものの考え方をモニターするには絶好の材料です。例えば、香港で反中国関連のニュースソースにアクセスしている人を、中国がモニターすることなど簡単なのです。民主主義を擁護しようとする人が中国当局の監視にさらされることがどのようなリスクかと多くの人は考えます。今回の「逃亡犯条例」の改正は、そんな香港市民の恐怖感という火に油を注いだのです。
 そして、中国はさらに市民への監視体制を整え、内に向けては外の情報をブロックしながら指導体制を維持してゆくはずです。
 

複雑な利害関係から傍観者に徹する極東の国々

 これらの現状から見えてくること。
 それは、香港での騒乱を多くの国が当惑しながら傍観している現実です。
 香港市民の勇気ある行動には同情するものの、アメリカ寄りにも中国寄りにもコメントできず、事態の沈静化をおどおどしながら見守るというのが極東の国々の実情です。であればこそ、いざ何かが起これば、結局どこも助けてくれないのではという深刻な脅威に、香港や台湾の人々はさらされます。
 そうした状況を踏まえ、習近平国家主席は北朝鮮を訪問し、中国の影響力を敢えて世界に誇示しながら、香港市民の熱が冷めるのをじっと待っているのです。
 確かに、一枚岩ではない極東での、様々な思惑と複雑な利害関係が見え隠れしたひと月だったのです。
 

* * *

中国語を学ぶのに、英語を使わない手はない!

『中国語は英語と比べて学ぼう!初級編』船田秀佳 (著)中国語は英語と比べて学ぼう!初級編』船田秀佳 (著)

SVO型で似ていると言われる2大言語、「英語」と「中国語」。本書では、英語と中国語の厳選した 80の比較項目から、似ている点と違う点に注目し、ただ英語と中国語の羅列や併記をするのではなく、しっかりと比較しながら学べるようになっています。中学·高校でせっかく学んだ英語の知識を活用し、日本語·英語、そして中国語の3カ国語トライリンガルを目指しましょう!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

「世界の心の交差点で」〜コミュニケーションと誤解の背景〜

日韓関係などにみる:各論の応酬が、負のスパイラルを加速させる

「おい、先週、なんで人の前で俺の顔を潰すような発言をしたんだ」

「何だって?あの時俺のことを蔑むように笑ったのはあんたじゃないか。だから僕は戸惑ったんだ。そもそも君がいけなかったんだ」

「蔑むって?だって、君だって僕を無視するように自分のことばかり喋っていたじゃないか」

「そりゃ、あんたの対応が本気なように思えなかったから、お客にちゃんと対応しようとして色々喋ったんだ。だって先月の顧客との会合だって、ドタキャンしたじゃないか」

「そんな言い方はないよ。無責任な言い方だ。そもそも、あれはドタキャンではない。あんたがいかにも来て欲しくなさそうなので、遠慮しただけだ」

「そんな風に人を信用していないお前こそ、無責任なもんだ」

「あんたこそ。そもそもそんなに俺の事が嫌いなら、俺と仕事なんてしなければいいじゃないか」

「ばかばかしい、私情を仕事に交えて話をするなんて、子供っぽすぎる」

「子供っぽすぎるって?俺はあんたのそんな傲慢な態度が許せないんだ」

いやな会話ですね。
でも、この会話をしっかり分析してみると、そこに人と人との行き違いのスパイラルがみえてきます。
最初に問題となったのは、一つの行為です。つまり相手の「顔をつぶすような発言」に対するクレームが喧嘩の発端です。
その行為に対して、相手はクレームを言った人の別の行為に対してクレームをつけます。つまり、それは「蔑むように笑った」という行為です。
さらに行為に対するクレームが続きます。「ドタキャンした」と。
そしてそのあたりから、お互いに本音が見えてきます。つまり行為ではなく、相手の性格や人格そのものが気に入らないという応酬が続くのです。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

韓国の嫌日政策の本音

【海外ニュース】

Park offers North Korea massive aid
(Korea Times より)

朴大統領は北朝鮮に大幅な援助を提案

【ニュース解説】

日本の安倍首相が韓国のパク・クネ大統領に韓国語で挨拶をしても、彼女は極めて冷たく対応したというニュースは、韓国でも大きく報道されています。
「今回は、日本との関係改善はなかなかできないのでは。いつもと違って、お互いに相当深いわだかまりが積もっています」
ハンウルという政治問題などの出版を手がけているソウルの中堅出版社の顧問で元外交官のパク氏は、渋い表情のままそう語ります。
「日本は自らの行動で、韓国を中国にくっつけてしまったのです」
日韓の連携の重要さを説いてきた、同社のキム社長はそれを受けて、ため息とともに、そう付け加えました。

出張で上海を発ちソウルへ向かう日、上海の英字紙は朝鮮戦争の折に韓国に遺棄された中国兵の遺骨の返還式の模様を大きく取り上げ、中韓の最近の絆の強さを強調していました。ソウルの空港に着き、韓国側の新聞をみると、同じ記事が韓国の英字紙 Korea Times の一面にこれまた大きく掲載。その横に、今回紹介するヘッドラインをもとに、ドレスデンで講演するパク大統領の様子が紹介されていたのです。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

韓国を取り巻くもの。それは今なお、日本と中国、そしてロシア

【海外ニュース】

Russian Railway Expand North Korean Connection
ロシアの鉄道が北朝鮮へ拡張
(The St. Petersburg Times より)

Park to push Eurasia Initiative discuss North Korea with Putin
朴大統領はプーチンと北朝鮮問題を語り、ユーロアジアでの連携を要請
(The Korea Herald より)

【ニュース解説】

最初のヘッドライン headline は、去る10月10日のロシアの新聞からです。それは北朝鮮の北東端、ロシアに接した羅先 (ナサン) まで、ロシアからの鉄道が整備され、正式に開通したというものです。
ナサンは北朝鮮にあって、外資に開かれた特別区として脚光を浴びる場所。ここで中国とロシアは北朝鮮との将来に向け投資を競っています。ロシア国内には、旧態依然とした共産主義体制に固執する北朝鮮への投資に疑問を抱く人も多くいます。Russian executives had mixed reaction to the experience of investing. (この鉄道への投資に関わったロシア人幹部には複雑なリアクションがあった) と、この新聞でも報道しています。
とはいえ、政治的にみた場合、北朝鮮の経済の牽引役ともなるナサンにくさびを打ちこんでおく利点は充分に理解できます。

そして次は、今月12日の韓国の英字紙の headline で、そこには朴大統領が北朝鮮問題で、ロシアとの連携を強化したいと、韓国を訪れたプーチン大統領にラブコールをおくった様子が報道されています。その中で、なんと彼女は、釜山からロシアへとつながる新たな鉄道ルートを開設しようと呼びかけ、その名前を Silk Road Express と名付けています。

続きを読む