タグ別アーカイブ: 気候変動

バハマを襲ったハリケーンが残した貧者への警告とは

(c)AFP PHOTO / NOAA / RAMMB / HANDOUT

“The poor are punished: Dorian lays bare inequality in the Bahamas”

(貧しき者が裁かれる:ドリアンはバハマの不平等を暴き出した)
― The Guardian より

ハリケーンに襲われたのは貧しい移民たち

 ハリケーン「ドリアン」がフロリダの沖合にある小さな島国、バハマを襲ったのは9月1日のことでした。
 バハマといえば、「タックス・ヘイヴンの楽園」というイメージを抱く人が多いでしょう。
 実際、ここには世界の富が集まっています。2016年に「バハマ文書」が暴かれ、世界の多くの企業や個人がバハマに架空の会社をつくり、脱税行為をしていたことが公になり、話題になりました。
 それに象徴されるように、金融業による収入が国の経済の柱となっていることは事実です。また、アメリカに近いことから、バハマは温暖な観光地としても知られたところで、富とレジャーがバハマの大方のイメージになっています。実際、バハマ経済の65%は観光と金融サービスから生み出されているのです。
 
 そんな人間の欲望の象徴であるかのような島に、大型のハリケーンが上陸し、多くの死傷者、行方不明者が出たと聞けば、一体誰が被害に遭ったのかと思うはずです。
 実際、富裕層の多く住むバハマの中心部では、ハリケーンが過ぎ去った後も、何もなかったかのように人々がマリンスポーツを楽しみ、金融関係者はそんな施設のあるホテルのレストランで投資や融資について情報を交換しているのです。
 
 しかし、バハマは決して彼らだけの島ではないのです。
 そこには、カリブ海のもう一つの島国・ハイチなどからの移民が多く住んでいます。そして、彼らの生活は決して豊かではありません。バハマも他の裕福な国々と同様に、深刻な格差の問題を抱えているのです。
 バハマの中心地から飛行機で北にほんのわずか飛べば、アバコ(Abaco)諸島に到着します。ハリケーン「ドリアン」で壊滅的な打撃を受けたのは、そこに住むハイチからの貧しい移民たちだったのです。
 

環境汚染と気候変動がもたらす深刻な被害

 ここで、ハイチ系移民について解説します。
 ニューヨークで車を駐車場などに入れるとき、黒人系の係員同士がフランス語で会話していることに気付くことがあります。彼らがハイチからの移民です。
 ハイチはもともとコロンブスが寄港した島として、スペインの統治下にありました。当時、ハイチでは多くの黒人奴隷が鉱山の開発などに従事していました。その後、スペインの衰退を受けて、1697年にハイチはフランスの植民地となったのです。これが、ハイチの人々がフランス語を話す背景です。
 ハイチはその後独立しますが、政治的・経済的な混乱が続き、多くの人々が国を離れました。最近でも、地震やハリケーンなどの被害から立ち直れないまま、人々は貧困に苦しんでいます。ハイチの隣国・ドミニカ共和国では、そんなハイチからの移民への差別が今でも政治問題となっているのです。
 
 バハマにもハイチ系移民のコミュニティがあり、その数は8万人にも上るのではと言われています。人口が40万人にも満たない島国としては、それがいかに大きい数かが分かるはずです。バハマ政府はそうしたハイチ系の人々の中に不法入国者が多くいるとして、近年強制送還の措置を執行し、近隣で物議を醸したこともありました。
 
 そんな貧しいハイチ系の人々にとって、毎年9月はリスクの多い月となりました。9月はハリケーンがカリブ海で発達しやすい時期だからです。
 前々回に解説したブラジルでの森林火災など、世界は環境汚染に喘いでいます。最近のナショナル・ジオグラフィックの特集では、人類が作り出した汚染によって、南極のペンギンまでもがその羽毛から水銀が発見されていると報道されていました。地球の環境汚染が、もはや危機的な段階になっていると多くの人が警告しているのです。
 環境汚染と地球温暖化の因果関係が云々される中で、明らかにカリブ海でのハリケーンは巨大化してきています。水温が上がり、湿気をもった上昇気流がハリケーンの成長を加速させているのです。
 
 我々は、地球環境の変化が自然に影響を与え、ホッキョクグマなど多くの種が絶滅の危機に瀕しているという報道をよく耳にします。しかし、弱者は単に動物や植物だけではありません。貧困に苦しむ人々が劣悪な住宅に住み、そこにハリケーンが上陸すれば、当然深刻な被害に見舞われます。今回のバハマでの惨事は、その典型的な実例だったのです。ハリケーン「ドリアン」での行方不明者は2500人にも上ると言われています。しかも、その実態を正確に掴むことは未だできずにいるのです。カリブでも際立って豊かな国であるバハマに、不法に移住してきた人々がどれだけいるのか、そして、どれだけの人が実際に把握されているのか、実態はなかなか掴めません。
 

豊かな国に同居する富と貧困

 地球規模で見れば格差は南北問題とされ、アフリカや中南米など南側で生まれる貧困が、ヨーロッパや北米への移民の流れを作り出し、それが社会問題となっていると言われています。一方で、移民の労働力なしには、豊かな国の人々は自らの生活を維持しにくくなっていることも事実です。日本も決して例外ではありません。
 また、貧しい移民がハングリー精神をもって豊かな国に溶け込んで、その国の生産性を引き上げてきた事実も、アメリカの歴史などを見れば分かってきます。
 しかし、バハマでのハイチ系移民の問題は、そんな豊かな国の中に潜んでいる隠れた「南北問題」を浮き彫りにしたのです。
 
 現在、世界の飢餓人口は8億5000万人とされています。世界の総人口から見れば、おおよそ9人に1人が飢餓の恐怖に見舞われています。ハイチは、そんな飢餓に苛まれる国の一つです。そして、地球の気候変動が、この飢餓の問題と無関係ではないこともよく指摘されます。貧しい地域は、気候変動による飢饉や食料不足の直撃を受けやすいからです。
 
 バハマのビーチでカクテルを楽しむ人々のすぐそばに、そんな飢餓が同居している実態が今の世界の実情なのです。20世紀後半になって、豊かさが世界に浸透し、徐々に飢餓の問題が解決に向かうのではないかと思われていました。しかし、最近その治癒のペースが大きく失速し、過去へ逆戻りしつつあるという報道もあります。
 環境問題と南北問題、格差の問題は決して無縁ではなく、日本人にとっても他人事ではないのです。
 

* * *

誰も守ってくれない、世界で最も貧しい人たち

『Unseen Faces, Unheard Voices』リビングストン&都・アーミテッジ (著)Unseen Faces, Unheard Voices』リビングストン&都・アーミテッジ (著)

この本の登場人物は,主にアフガニスタン、カンボジア、ネパール、パキスタンに住んでいる。彼らは国家という枠組みの外に生きており、栄養も教育も医療も、雇用の安定も、身の安全すらなく生活している。社会的に排除された人々が見せる人間としての尊厳―その目を見張る美しさを通して、彼らの苦しみに光を当てる写真集。日英対訳。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

ブラジルだけを責められない、アマゾンの森林火災の現実

DADO GALDIERI / BLOOMBERG / GETTY IMAGES

“Fires have been breaking out at an unusual pace in Brazil this year, causing global alarm over deforestation in the Amazon region.”

(今年、ブラジルでは火の手が異常な勢いで拡大している。アマゾンの森林破壊は今、世界への警鐘となっている)
― New York Times より

貧困からの脱却 vs. 地球環境の保護

 ブラジルのアマゾン川流域を中心とした北部地方での森林火災が、今年だけでも2500件以上発生し、東京都に匹敵する面積を大きく超える森林が消失している現実は、世界に波紋を投げかけています。
 
 ブラジルでは、焼畑による農地や主力産業である牛肉生産のための牧草地などの開発を主軸に、経済的に立ち遅れている北部地方での所得を向上させる目的で森林を伐採し、そのことが原因となる火災があちこちで発生しているのです。
 経済が人類に与える短期的な利益と、人類に将来及ぼす長期的なリスクとの天秤がどちらに傾くかという、我々人類全体で考えなければならない問題が今、突き付けられているのです。
 
 それにしては、日本ではこのニュースがあまり取り上げられていません。熱帯雨林の消失は、そのまま地球の気象異変に直結します。しかも、ただブラジルで森林を焼いて開発する人々を糾弾するほど、ものごとは単純ではありません。それほどまでに、北部ブラジルのみならず、アフリカ諸国、南アジアや中東など世界各地での貧困は深刻なのです。彼らは必死で豊かな生活を望んでいます。教育が行き届かず、年少者も含む家族全員で過酷な労働に従事する彼らにとって、貧困からの脱却は命の危険からの脱却でもあるのです。
 
 豊かな人々がステーキや様々な食材を使った夕食を楽しんでいるとき、その供給源の森林が縮小していくのです。G7でもこの問題が取り上げられ、ブラジルに対して対応を求めながら、火災鎮火への援助も決議しました。しかし、日本はあまり積極的ではありません。それは、ブラジルのボルソナロ大統領を支持するトランプ大統領への配慮なのでしょうか。この二人の大統領は、同じ考え方を共有する人物として、今世界を騒がせているわけです。
 

Reuters / アフロ

ビジネスチャンスの陰に貧富の格差

 こと地球環境の汚染問題については、当事国とそれを批判する国との間に、様々な利害関係が絡み、複雑な感情が入り乱れています。
 例えば、アフリカなどの鉱山で、奴隷さながらの過酷な労働条件の中で生産される鉱物資源を使って我々は快適に暮らし、そうした場所で採掘された宝石が欧米や日本などで高価な値段で販売されている実情は、すでに有名な話です。
 さらにこういう話もあります。北極圏では温暖化のために生態系が破壊され、飢えと生活の場の喪失で絶滅の危機に苦しむホッキョクグマがいます。しかし、気候変動で北極の氷が溶けると、それを新しい輸送ルートとするビジネスチャンスが生まれています。北極海経由で物資の輸送が可能になれば、輸送力や輸送時間も大きく合理化できるのです。
 
 そもそも、ビジネスチャンスとは何でしょうか。私は今、マニラへの機上でこの原稿を書いています。航空機一つをとっても、様々な金属が使用され、石油が消費されています。問題は、その大元となる資源をどのように人々が生産しているかということです。
 
 例えば、こんな歴史的な事実もあります。
 18世紀にアメリカに入植した人々は、命がけで新天地を切り開こうと、まさに森林を焼き、伐採し、農園を作りました。そこで生産される大量の綿花は、産業革命が始まったイギリスなどに輸出され、ヨーロッパの経済を潤しました。しかし、広大な農場を経営するには、どうしても安価な労働力が必要です。これをビジネスチャンスと思ったイギリスやオランダ、そして経済が比較的発展していたアメリカ北部沿岸の資本家は、船を仕立ててアフリカへと向かいます。そこで部族の対立を利用して獲得した人々を、奴隷としてアメリカ南部に売り込んだのです。ビジネスは大成功でした。
 こうして、アメリカ南部では大農園があちこちにでき、入植者の生活も安定へと向かいつつありました。しかし、その安定は北部の金融機関の援助によるものだったのです。そして、さらに農園から綿花がどんどん生産され、そうした豊かな地域に輸出されたのでした。
 
 ところが、奴隷の人権問題がクローズアップされたとき、それを非難したのは、もともと南部の経済を支援し、債権者にもなっていた北部の人々でした。綿花によって生産された新しい衣類を寝室において、静かな夜を送っていたヨーロッパの人々でした。
 そして、北部の人々が凄惨な条件で酷使される奴隷の解放を叫び出したとき、南部の大地を切り開いて農場を経営し、貧困から脱却できそうになった人々は反発し、それが南北戦争となったのでした。
 

人類が見つめ直すべき自然とのかかわり方

 ブラジルの森林火災は、こうした人類の豊かさと貧困との格差がまたも生み出した悲劇といえましょう。ブラジル北部では、早朝から労働者がバスに乗って、鉱山や農場に働きに行きます。低い賃金と辛い労働の日々に希望はありません。それでも、そこに仕事があるのです。そして、鉱山や食物産業の経営者は財務諸表を見ながら、そんな労働がどれだけの利益を生み出すか計算します。例えば、我々も外食産業の恩恵で簡便に食事ができ、そこで支払った料金のほんの少しが、地球の裏側の労働者に支払われます。そして、そんな食物を生産する農地を拡大させようとして、熱帯雨林はさらに縮小していくのです。
 もし、この世界に神がいるとするならば、こうした人類の行為全体に鉄槌を下すかもしれません。それが自然破壊からくる地球環境の劣化という鉄槌であれば、そのつけは大きいものとなるはずです。
 
 ブラジルのボルソナロ大統領は、欧米の影響力を排除し、ブラジル経済優先の政策を打ち出し、さらにリベラル派の民主化運動を厳しく批判して大統領に当選した人物です。彼はアマゾンの問題は国内問題だとして、ヨーロッパ諸国の介入を嫌います。そして海外の識者は、アマゾンの森林資源は世界の財産で、その喪失は世界の気候問題と直結するとして、ポルナソロ大統領をポピュリズムに基づく扇動家でナショナリストだと厳しく批判します。もちろんトランプ大統領は、そんな批判と一線を画し、地球の資源を豊かさのために使うことはアメリカにとっても必要な政策だという姿勢を崩しません。
 
 しかし、確かにアマゾンの森林資源は、人類、そして地球にとってかけがえのないものです。であれば、なおさら、これは人類全体がこの貴重な自然遺産とどのように関わってきたのかを見つめ直さなければなりません。一度破壊したものは、砂漠を森に戻すことを考えれば、修復が極めて困難だということは一目瞭然です。木が倒され、その下の植物群が破壊され、そこに水を供給するシステムが壊されれば、ただ放置していれば元に戻るというものではないことがわかるはずです。
 
 人類全体が、この富と貧困の課題、豊かさへの渇望や投資と自然との確執、さらにナショナリズムと世界全体の利益との関係をしっかり見つめ直すことが喫緊の課題となっているのです。
 

* * *

地球はどこから来て、どこへ行くのか?

『The History of the Earth 地球の歴史』西海コエン (著)The History of the Earth
地球の歴史
』西海コエン (著)
46億年にわたり太陽系の一員として在り続けた地球と、そこで命をつなぎながら進化を繰り返してきた生物の歴史は、われわれ一人一人の中に刻まれている。地球の歴史は、あなたが生まれてきた「理由」に直結する物語でもある。地球の生い立ちから、生命の誕生、進化した生物と絶滅した生物、そして人類の挑戦まで、壮大な歴史をやさしく読みやすい英語で綴る。科学、生物学に関する表現をたのしみながら学べる1冊。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

文化に寄り添った言語がもたらす誤解とは

“We don’t see things as they are, we see things as we are.”

「物事を自分がみているように、彼らもみているとは限らない」
― Talmudic(ユダヤ教の聖典)より

 今年の3月のこと、私はある国際会議でファシリテーションをしました。
 その仕事の後、文化の違う人同士のコミュニケーションで起こりうる誤解のリスクについて、90分間の講演をしました。
 そこで、カナダの企業の幹部が私に質問をしたのです。

「我々は、同じ業界で、同じミッションを共有しています。しかも、同じ技術をもって活動している同志のようなものです。そんな間柄と信頼関係の中で、誤解が生まれるとは思えないのですが」

 そこで、私が一つの事例を示しました。

「なるほど。よいご指摘ですね。では、これから私が一つの短いスピーチをしてみます。もちろん言語は英語です。このスピーチを聞いた後で、皆さんに私が何を言いたかったかを尋ねてみたいのです」

 私はそう言って、さっそく英語でスピーチを始めました。

「今年の冬は、アメリカなどは強烈な寒波に見舞われ、被害も出たようです。冬の寒さは、アメリカだけではなく、モスクワでも記録的な寒さでした。しかし、逆に日本では今年の冬は雪も少なく、暖かい日々が続いています。世界中で様々な気候変動が起こっているようです。従って、これからは今まで以上に、異常気象にも耐えられる商品づくりについて考えなければなりません」

 こうスピーチをした後で、フランスとニュージーランド、そして先ほど質問をしたカナダの幹部に質問をします。

「さて、ここで私が言いたかったポイントは何でしょうか」

 すると、彼らは口を揃えて、

「よくわからなかったよ、ポイントが。でも、アメリカなどでの気候について話したかったんだよね」

「なるほど。では、韓国と中国の代表の方に聞きましょう。私のスピーチはいかがでしたか」

 すると彼らは答えます。

「非常に論旨が明快で、素晴らしいスピーチでした。異常気象に備えた商品づくりをしなければならないことには、我々は賛成ですよ」

「ありがとうございます。東アジアの人には、私の言いたかったことが通じました。しかし、欧米やオセアニアの人、つまり元々ヨーロッパ系の言語圏の人は皆、私のスピーチのポイントをつかめませんでしたね。同じ英語で話したのに、どうしてこのようなことが起きたのでしょうか」

 会場がざわめきます。
 しばらく間をおいて、私は問いかけました。

英語はあくまでも言葉にすぎません。その言葉をどう操るかのノウハウは、実は文化によって異なるのです。今回の私のスピーチは、ある文化圏の人には全く意味不明で、東アジアの皆さんにはよく理解されました。実は、私は日本を含む東アジアの人々のレトリックに従って英語を喋ったのです。だから、そうした論理展開が存在しない欧米の方々、あるいは英語圏の方々には、私の話のポイントが伝わらなかったというわけです」

 いうまでもなく、私は日本流の「起承転結」法を使って、英語でスピーチを行いました。そして、実際は私の予想以上にそのスピーチを理解できる人と、理解できない人とがくっきりと分かれたのです。これは驚くほどはっきりとした結果でした。

「なるほど、英語が喋れるだけでは、そして英語だけに頼っていては誤解が生じるということですね」

 カナダの代表は納得したように、私に話しかけます。

「そうなんです。実のところ、国際交渉の決裂の多くは、こうした誤解が原因なのです。悲しいことに、この結果が戦争につながることもあり、ひどい場合は人の命を奪うことも起こってしまいます。というのも、誤解が起きるとき、お互いが相手に不信感を抱き、そこから怒りや緊張が生まれるからです。ビジネスでも同様です。皆さんは大きな組織の幹部です。であれば、海外とのやり取りでこうしたリスクからプロジェクトを守ることも大切な使命なのです」

 そう私は説明しました。

 
 実際に、ビジネスなどの国際交渉は、お互いにより良い結果を共有するために行われます。誰も最初から決裂は望んでいません。それなのに、交渉やプレゼンテーションがうまくいかないのは、こうした異文化でのコミュニケーションスタイルの違いに起因することが多いのです。
 日本人も含めて、英語を喋るとき、それを自分の所属する文化で醸成されたコミュニケーションスタイルに則して使っていることに気づいている人は、そう多くはありません。そのことが、伝えたつもりが伝わっていないとか、合意したはずなのにうまく動いてくれないといった苦情の原因となっているわけです。
 

こうした誤解があるときに、まず柔軟に対応することが大切ですね。私の会社では、相手に緊張感を与えないように、相手の意図や言いたいポイントを確認するノウハウの研修をしています。現代のグローバルな環境でリーダーシップを取ってゆくには、こうした多様なコミュニケーションスタイルを受け入れ、それに応じた対応をお互いに心がける組織づくりが必要なのです」

 私のスピーチを受けて、異文化対応に詳しいオーストリアの専門家がこのようにコメントをしました。彼のコメントこそが、そのまま今の語学教育の現場や国際関係についての様々な教育関係者にも伝えたいメッセージであるといえましょう。

* * *

ビジネスシーンの英語コミュミケーションに悩む、すべての人に!

『エグゼクティブ・コーチング~誤解される日本人~』山久瀬洋二エグゼクティブ・コーチング~誤解される日本人~』山久瀬洋二 (著者)
IBCパブリッシング刊
*TOEIC では高スコアを取っていても、実際のビジネスの場では役に立たないという人が多いといわれます。それは TOIEC で高得点を取る技能に走って、最も大切な異文化コミュニケーション力を培っていないからです。異文化コミュニケーションの本質を習得できれば、中学英語と、そこに自らの仕事に関する専門用語を加えるだけで自分の意思を理解してもらえます。本書では、日本人の思考やビジネス文化に基づいて英訳することで生じる誤解などを解説し、文化の異なる相手と交流するスキルを伝授します。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ