タグ別アーカイブ: Facebook

ニュージーランドの事件が日本に及ぼす危険性とは

写真:ニュージーランド総督府

“Indian newlyweds came to Christchurch with a dream. On Friday, that dream died.”

(クライストチャーチに移住してきたインド人の新婚夫婦の夢が、金曜日に死に絶えた。)
― CNNより

「若きウェルテルの悩み」から広がる連鎖反応の波

 このヘッドラインは、先週末に発生したニュージーランドでのテロ事件で犠牲になった、インド系の女性と彼女の夫の苦しみを報道した記事です。
 
 1774年に発表された「若きウェルテルの悩み」というゲーテの名作には、この作品にまつわる逸話が残されています。それは、主人公が自殺したことから、この小説を読んだ若者が共鳴して自殺をした、というチェーン・リアクション(連鎖反応)が起きたことです。
 このことから、例えば青少年の自殺事件が起こり、それが報道されると、その報道の影響を受けて同様の事件が拡散することを「ウェルテル効果」と呼ぶようになりました。
 
 シャンソンの中に、Sombre Dimanche「悲しい日曜日」という曲があります。この曲は1935年にレコーディングされ、世界中でヒットした名曲です。ただ、この歌詞が、亡くなった恋人を想って自殺を決意するまでの女性の気持ちを語っていることから、この曲を聴いた人の自殺が絶えず、曲が最初に発表されたハンガリーでは放送禁止になったといわれています。これも、「ウェルテル効果」の事例の一つです。
 

『若きウェルテルの悩み』初版(1774年)Wikipedia: Foto H.-P.Haack

テロリズムにも及ぶ「ウェルテル効果」が伝播するネット社会

 2011年7月、ノルウェーで政府庁舎が爆破され、その後近郊のウトヤ島で銃乱射事件が発生し、77名の命が奪われるというノルウェー史上最悪の事件が起こりました。アンネシュ・ブレイビク受刑者による単独犯行とされています。ブレイビク受刑者は、キリスト教を信奉し、イスラム教徒などの移民を許容する多文化共生に対して憎悪を抱き、犯行に及んだといわれています。
 今月15日にニュージーランドで発生した、イスラム教のモスクが襲われ、50人もの命が奪われた銃乱射事件は、このノルウェーのケースと似ていると指摘されています。
 ニュージーランドノルウェーも自然が豊かで移民にも開放的、そして社会制度も整った平和な国家です。人口も共に500万人前後という、こぢんまりとした国である点も共通しています。人々は、そんな平和で美しい国で起こった、人種偏見に基づく凄惨な事件にショックを受けているのです。
 
 銃の乱射という意味では、同様の事件がアメリカでは極めて頻繁に起こっています。しかし、それらの全てが、人種的偏見や政治的動機によるものというわけではありません。ただ、銃を乱射するという行為が報道されるたびに、同様の事件が拡散することは事実です。
 「ウェルテル効果」は自殺だけでなく、他人を無差別に殺害するテロ行為にも当てはまるということが、今回の事件で浮き彫りにされたのです。
 
 この事件の背景を考えるとき、1774年、さらには1935年と現在との大きな違いを見せつけられます。それはいうまでもなく、現在がネット社会であるということです。インターネットを検索すれば、ほとんど全ての情報を得ることができます。今回のように、Facebookなどのソーシャルメディアが社会的な影響を危惧し、危険な情報を削除したとしても、一度ネットに上がった情報は瞬時に世界中に拡散します。
 また、よくいわれることですが、インターネットは個人が求める情報をどこまでも追求できるという特性があります。人々は、インターネットはインタラクティブ(双方向)な情報交換ができると評価しますが、実際は極めて一方的な情報の供給源なのです。自分にとって興味があり、心地よい情報のみを追いかけ、それを批判し、反対意見を掲載する情報源には立ち寄らなくても、自分の望む世界だけでネットワークが完成できるのです。
 こうしたインターネットの特性が「ウェルテル効果」をより活性化させ、人々の心に負の連鎖を引き起こすのです。
 

相対する価値観が共存し、狂気に打ち勝つ社会を育てるために

 皮肉な現実を知らなければなりません。
 それは、先に触れたニュージーランドもノルウェーも、似たような国家であるという現実です。風光明媚であたかも童話の世界のような二つの美しい国というイメージは、実は極めて対照的なリスクに直面しているのです。それは、美しく民主的であればこそ、そこに住む人々は世界の価値観に開かれた心豊かな人でありたいという理想と、美しい国であればこそ、そこは自分たちだけの国で、よその文化に汚されたくないというエゴイズムとが生み出す、対照的な価値観の相違が共存しているという現実です。
 
 これは他人事ではありません。日本人の中にも同様の二つの価値観が共存しているはずです。そのことが強い歪みとなったとき、こうした銃乱射事件のようなテロリズムが起こるのです。
 まさか日本では、と思う人も多いでしょう。しかし、これはニュージーランドでも同様だったのかもしれません。まさか自分の国では、とニュージーランドの人々の多くは先週までそう思っていたはずです。
 
 京都はもうすぐ桜に覆われます。日本の最も美しい瞬間です。そんな京都に、世界中から観光客が押し寄せます。そして、海外の人たちが着物を借りてコスプレを楽しみながら、京都を散策します。
 それを見たとき、京都の風情が損なわれると一瞬顔をしかめたとき、そのはるか延長に、今回と同様の事件が予想されるのです。労働者が不足する日本が門戸を海外に開き、世界中から労働者が日本にやってきたとき、そして、そうした人々が日本の静かな地方都市にも浸透したとき、「ウェルテル効果」の悪魔の手が日本のとある個人を掴み、同様の事件が起こらない保証はどこにもないのです。
 そして、日本人がそのような感情を抱いたとき、そこに来た移民にも同様の悪意が芽生え、同じようなテロリズムへと発展しないという保証もないのです。
 
 自分たちの文化を守り抜きたいという意識は、悪いことではありません。しかし、文化を守りたいという意識が、海外の文化や多様性を排斥したいという誘惑と隣り合わせになったとき、思わぬ狂気が社会を襲うのです。
 そんな狂気の誘惑に打ち勝つ、強い正義感を教育現場が育てることができるのかは、我々にとって今最も考えなければならない未来への課題といえそうです。
 

* * *

『世界文学の名言』クリストファー・ベルトン (著者)、渡辺順子 (訳)世界文学の名言』クリストファー・ベルトン (著者)、渡辺順子 (訳)

宝石のような名文に学ぶ、美しい英語のリズム。古典文学の名著から、現代人のこころに響くことばを精選。受検のためだけでなく、大人の教養としての英語を身につけたい方にオススメの1冊。
イギリスで最も権威のある文学賞「ブッカー賞」にノミネートされたこともある英国人作家ベルトン氏が、226もの文学作品の中から「こころに響く名文」を入念に選び、60のテーマにまとめました。古典文学の選りすぐりの名文を、じっくり堪能してください。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

情報共有と個人情報の矛盾に苦しむFacebook

“An attack on Facebook exposed information on nearly 50 million of the social network’s users and gave the attackers access to those users’ accounts with other sites and apps that they logged into using Facebook.”

フェイスブックは5000万人近くの個人情報漏洩にさらされる。ハッカーがフェイスブックを通してネットにはいった人のアプリやサイトへのアクセスを可能にした。
(CNNより)

エルサレムに作られる文壇の壁

Wall つまり「壁」。それは人と人とを隔離するもの。
ここにある写真は、エルサレムの壁です。パレスチナ系の人々とユダヤ系の人々とを分けて、ユダヤ系の人々の居住区を確保し守るために、長年にわたって建設されている壁の写真です。
同じ「壁」が今、メキシコアメリカとの間にできていることは周知の事実です。これは、不法移民の流入を防止するために、トランプ政権になってさらに国境警備を強化しようとして造られているものに他なりません。
 
しかし、「壁」は長年にわたり、人類にとって必要不可欠なものだったのです。ニューヨークにWall Streetという通りがあります。なんといっても金融街として世界的に有名になった通りです。このWall Streetの名前の由来は、そこに木杭の壁があったことによります。17世紀、まだニューヨークニューアムステルダムといわれていた頃、そこに入植していた人々をネイティブ・アメリカンの襲撃から守るために、当時そこを統治していたオランダ人が壁をこしらえたのです。その位置が今のWall Streetとなりました。
 

IT社会に築かれる「機能の壁」

今、インターネットの時代になって、人々はネット上にバーチャルな「壁」をこしらえて、自らの利益や情報を守ろうとしています。このバーチャルな「壁」は、今までの「壁」とはコンセプトが根本的に異なります。それは、「機能の壁」です。過去のように特定の民族や集団を守る「壁」ではなく、個人情報などの機密を維持したい人がそこに集合して同じ「壁」に守られているのです。そんな「機能の壁」をビジネスにすることが、新たなインターネット・テクノロジーの大きな進歩へとつながりました。
 
この「機能の壁」に欠陥があるとして、2016年の大統領選挙の時点で問題視されたFacebookに、再び大きな欠陥が見つかったのです。「プレビュー」機能のソフトウエアに問題があったということですが、ヘッドラインのいう5000万人どころか、9000万人に影響がでたのではといわれています。
 
ネットへのアタックについて、極めて過敏なのは日本です。また、ヨーロッパの一部の地域でも同様です。問題は、インターネットビジネスのメッカ(中心地)といわれるアメリカ。アメリカのビジネス文化は昔から、問題がおきたらその都度それを修復し前に進むといったものでした。ですから逆に、事前に問題を想定し徹底的にリスクを潰す行為は得意ではありません。壁を作るのは得意でも、壁を守るのは苦手というのが、今回の情報漏洩事件からもみてとれます。
しかし、日本の場合は準備に時間をとられすぎ、あまりにもがんじがらめに物事を進めるために、逆に想定外の事柄がおきたときには臨機応変な対応ができなくなる、という弱点があることもよく指摘されます。
 

個々人の「壁」から「プライバシー」社会へ

さて、話を戻すならば、「機能の壁」と「情報共有」との双方を同時に行うことが、現代の課題となっています。情報共有とは、特定の情報に対して不特定多数の人がアクセスできる仕組みへとつながります。これはネット時代の利便性を高める上で欠かせないことです。しかし、共有される情報へのアクセスは「機能の壁」によって守られなければならない、というわけです。
 
バーチャルにしろ、リアルにしろ、人は現在最も「壁」を欲しています。
壁で守られていることが、人々に安心感を与えます。しかし、同時に「壁」によって隔てられていることから、人々は疎外感も抱きます。安心感と疎外感の狭間を利用したビジネス、悪用したビジネスが横行するのも現在の特徴です。
そして、人が人を疎外するとき、それが偏見や憎悪につながることも、エルサレムのリアルな「壁」をみれば明らかです。
 
ヨーロッパは元々、様々な騎馬民族がお互いを狙い合う社会でした。そもそも壁が必要な社会でした。さらに、そこにキリスト教がはいり、個々人の信仰のあり方に長年こだわってきたことから、こうした壁を個々に持つことを必要とし、プライバシーという概念ができあがりました。プライバシーを保護することは、そのまま近代国家での人権の擁護へとつながったのです。それは、個々が自らの部屋や家屋のドアを閉める行為として育まれました。
 
同じ騎馬民族社会でも、中国などでは南の農耕文化と混ざり合い、信仰という意識もないなかで、城壁はあっても個々に壁を作ることはありませんでした。
この違いが、アジアと欧米との意識の差となりました。
しかし、近年欧米の文化がアジアに影響を与える中、個々のドアを開け放ち、紐帯を維持していたアジア社会が変化します。日本の場合、その変化が激しく、その激しさが故に、逆にプライバシーに対して過去の日本にはなかったほどに過敏な社会へと変質しました。皮肉なことです。
 

「安心感」と「疎外感」の狭間で

わかりやすく書くならば、人は自分の部屋に戻りドアに鍵をかけると安心します。しかし、その安心は疎外を生み出します。もしドアの外に病む人がいて助けを求めても、人はドアを閉めたまま、警察に電話をします。これが、現代社会の仕組です。明日、自分がドアの外の人にならないという保証はどこにもないわけです。ネット社会では、そんな疎外感を解放しようと、様々な情報にアクセスし、バーチャルな空間で人々が繋がれるようなシステムを作りました。その代表がFacebookです。しかし、そのシステムは同時により強い施錠行為によって担保されなければならないというわけです。これが、現代人の「機能の壁」の創造へと繋がったのです。施錠の安心とそこから生み出される疎外、この人類の心の矛盾への有効な解決方法はないものか、今問いかけられているわけです。
 
そして「壁」への意識は、アジア各地でみられるように、時とともに、変化してきたのです。それが人類にとって良い方向なのかどうかは、未知のままといえましょう。
 

* * *

『日英対訳 アメリカQ&A』山久瀬洋二日英対訳 アメリカQ&A
山久瀬洋二 (著)
IBCパブリッシング刊

地域ごとに文化的背景も人種分布も政治的思想も宗教感も違う、複雑な国アメリカ。アメリカ人の精神と社会システムが見えてくる!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ