「英語で一言」シリーズ

Who knows? といえば、気軽に相手の意見に対抗できる


英語では、自分の意見をはっきりいえとよくいわれます。
特に、意見が異なるときは、ちゃんとその旨を相手に伝えよともいわれます。

でも、生まれたときから、人の気持ちを考え、他の人との和を大切にと教え込まれてきた日本人には、そうはいわれても、心理的に「私はあなたの考えには反対です」などとは面と向かってはいえないものです。

しかし、英語表現の中には、直截に No といわずに、うまく相手と異なる意見を述べることができるのです。
その一例が、Who knows? という表現です。

例えば、ある人が、
Tokyo is safe. I don’t think you will have a problem.
(東京は安全だから、何も面倒なことはないと思うよ)
と誰かが言ったとします。
これに反対意見があれば、
I don’t think so. といえばいいのですが、それは直接すぎますよね。
そこで、Who knows? です。
つまり、「そうともいえないよ」と、マイルドに相手の意見に反対するわけです。
ただ、Who knows? といったあと、反対した理由を明快に語るに足る事例をつけることが大切です。

I think this project is perfect. Don’t worry.
(この計画は完璧だよ。心配するなって)
Who knows? For example, there is a proverb saying even monkeys fall from trees.
(わかったもんじゃないよ。猿も木から落ちるって諺があるじゃないか)

このように、Who knows? という表現は、カジュアルに、しかも気軽に相手の意見に対応できます。

英語で話すときは、自分の考えや意見を明快にするべきというのは確かに事実です。
でも、だからといって、いつも強い言葉で No と言ってばかりというのは余りおすすめではありません。
こうした、簡単で洒脱な表現をちょっと覚えておけば、相手と楽しく話しながら、異なる意見を主張できるというわけです。

山久瀬洋二の「英語で一言」シリーズ・目次へ

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ