タグ別アーカイブ: バブル

「絶滅危惧価値」を抱き戸惑う日本人の未来とは

“Japan-isolated itself from the rest of the planet for some two hundred and fifty years, has had a change to incubate its value system and develop enduring and idiosyncratic forms. When modernism finally came, ‘Japaneseness’ was not swept away but became absorbed into modern life, making Japan’s modern life at once strange and familiar to us.”

(日本は250年にわたって世界から孤立し、自らの強靭で特異な価値観を育んできた。その後日本がついに近代化の波に晒されたときでも、「日本人であること」は抹消されず、それらは社会の中に吸収され、我々にとっては奇妙でありながらも馴染みのある日本の現代社会ができあがったのだ)
Japanesenessより(Stone Bridge Press,英文は一部省略)

日本の近代化をもたらした分業とTacit Knowledge

 日本人の価値観が大きく変化しようとしています。
 そんなことを考えるために、まずは江戸時代に時計の針を戻しましょう。
 江戸時代はある意味で、日本の近代化の礎となった時代でした。
 多くの人は、江戸時代の日本は鎖国をした閉鎖的な封建社会であったと思っています。それは一面では事実です。確かに、江戸時代には厳しい身分制度があり、人々は移動の自由も職業選択の自由も厳しく制限されていました。代々家業を継ぐことは当たり前で、例外はあったものの、武士の子は武士に、町人の子は町人に、ということが当然とされた時代でもありました。
 しかし、このことが日本の近代化に思わぬ恩恵をもたらしたことに気付いている人はあまり多くありません。
 実は、身分によって職業が分けられ、その職業も代々親から子に引き継がれていた江戸時代であればこそ、極めて高度な手工業の技術が世代から世代へと引き継がれることが可能だったのです。
 
 しかも、江戸時代には職業はすでに細分化され、社会は分業によって成り立っていました。
 楊枝や馬の蹄鉄、さらには桶から茶碗まで、一つ一つの製品が代々受け継がれた専門職人によって製造され、流通していたのです。こうした専業化による技術は、文章化や数値化されることなく世代から世代へと引き継がれ、時とともに進化も遂げます。こうした「文章化されずに受け継がれる繊細な知識」のことを Tacit Knowledge と言います。
 海外との交流が極度に制限されていたとはいえ、江戸などの大都会はそれなりの競争社会でした。より洗練された商品が売買され、その要求に沿って職人も腕を磨いたのです。流行もあれば、厳しい淘汰もありました。こうした環境にもまれ、Tacit Knowledge はまさに匠の領域へと成長していったのでした。
 ある裕福な商家が、両替商を営み小判を扱うために、親は子供に純金を混ぜたものしか触らせなかったという逸話が残っています。子供が成長したとき、小判を触っただけでそれが本物かどうかを見分けることができるようにするためでした。親から子供に伝えられたこの感触こそ、数値化できない Tacit Knowledge だったのです。
 
 こうして受け継がれた日本人の器用さ、洗練を求める感覚が、明治以降日本が近代化の道を歩み始めたときに、その発展に極めて大きな役割を果たしたのです。
 「加減」という言葉があります。この言葉はお茶の熱さを示すときなどに使われます。お茶は熱すぎても、ぬるすぎても風味を損なうため、そこそこの加減が必要なわけです。この加減を極限まで突き詰めたとき、例えば自動車のエンジンに使われるピストンの「あそび」や、楽器での微妙な空気の抜け具合などといった最適な加減を極めることができるわけです。日本の近代から現代までの産業を牽引してきた無数の下請け工場では、こうした究極の加減を極めた職人が新幹線や自動車の部品を作ったり、精密機械の組み立てを行ったりしてきたのでした。
 そして、このようにして伝承され、阿吽の呼吸で制作された商品は、世界に認められ、戦後の日本経済の発展をさらに支えることになったわけです。
 

始まった暗黙知の崩壊とアイデンティティー・クライシス

 そんな Tacit Knowledge の崩壊が始まったのは、バブル経済とその破綻の時代でした。バブル経済の波に乗って拝金主義がはびこることで、多くの職人の子孫は家業を横においたまま、不動産に投資しました。そしてバブルがはじけたあと、金融機関の資金回収によって、町工場の多くは閉鎖に追い込まれ、その空き地は駐車場やコンビニへと変化しました。
 そしてわずかに生き残った Tacit Knowledge も、デジタル化によってグローバルに通用する数値化を余儀なくされ、次第に滅んでゆこうとしています。AI技術の進歩により、そうした繊細な技術自体も不要になろうとしています。日本人が何世代にもわたって培ってきた暗黙の知識が絶滅し始めているのです。
 
 このことは、思わぬ余波となって社会全体を見舞うことになります。江戸時代以来、日本人の間で育まれてきたコミュニケーション・スタイルそのものが消滅し始めているのです。Tacit Knowledge に慣れてきた日本人は、常に阿吽の呼吸でお互いの意図を察し、時には物事の加減を考え、状況に応じて融通をきかせて臨機応変に対処してきました。そうした日本社会ならではの柔軟性が、バブル経済とその後のデジタル化、グローバル化の波によって失われ、全てが数値や法律の条文に従ったマニュアルで稼働する機械的な社会へと変化を始めたのです。
 
 文化には強い部分と脆弱な部分とが、コインの表と裏のように同居しています。
 例えば、融通のきく社会は人情味に溢れ、人と人との紐帯を育成します。反面、融通という価値の裏面を見るならば、知人を優遇し、他者を排斥する内と外との枠ができ、時には癒着や賄賂の温床をつくってしまいます。ところが、裏面が悪であるとして、それを削除し尽くしたとき、実は表にあった良い部分をも削り取ってしまうことがあるのです。
 グローバル化という今では陳腐にすらなったコンセプトによって、世界と共通のルールを適応し、世界に開かれた社会を求めたとき、日本にあった伝統的な価値観や感性をも同時に削り取ることで、日本人は自らをアイデンティティー・クライシスに追い込んでいるのかもしれません。
 
 日本が世界に開かれてゆくこと。世界と交流してゆくこと。さらには差別や偏見がない、違う価値を受け入れることのできる柔軟で多様な国となることは素晴らしいことです。ただ、そのことと、日本に長年培われてきた価値観の強い部分とが相殺されてしまわないようにするには、相当な工夫が必要なのです。
 

世界各地の「絶滅危惧価値」を守るために

 私は、失われつつあるこうした価値観のことを、「絶滅危惧価値 / Endangered value」と呼んでいます。価値の裏側の負の遺産を削除しつつ、表側の次世代に残したい部分を育成しない限り、日本が日本である所以がなくなるかもしれません。
 おそらくこうした世界的な標準化の波に晒され、自らの個性を失いつつある地域は日本に限ったことではないはずです。そんな自らのアイデンティティ喪失への危機感が、今世界的に問題となっている人々の右傾化への原動力となっているのかもしれません。
 異文化での異なる価値観を尊重する行為の中で、こうした世界各地の価値観に対する教育や啓蒙が、地球規模で共有されることも必要なのかもしれません。
 

* * *

『日本人のこころ Heart & Soul of the Japanese』山久瀬洋二 (著)、マイケル・クーニー (訳)日本人のこころ
Heart & Soul of the Japanese
』山久瀬洋二 (著)、マイケル・クーニー (訳)

いにしえから現代にまで受け継がれてきた日本人の感性を表す100のキーワードを、簡潔明瞭な英語で説明!日英対訳バイリンガル書。
「恩」や「義理」といった日本人の心の原点ともいえる価値は、一体どこからきて、今の日本ではどのように捉えられているのか。本書はその壮大なテーマに挑み、日本を代表する「日本人の心」を100選び、和欧対訳で簡潔に説明する。キーワードの例:「和」「中庸」「根回し」「型」「武士道」「節度」「情」「忠」「禊と穢」「もののあわれ」「因果」「仁義」「徳」「わび」「さび」「幽玄」など。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

日本人の「グレンチャイ」を振り返れば

“Almost 95 per cent of the population practices the southeast Asian form of Buddhism called Theravada. The Buddhist approach to life has strongly influenced Thai attitudes and behavior.”

(95%の人が東南アジアに伝搬された小乗仏教を信奉しており、仏教徒としてのライフスタイルが、タイの人々の行動や態度に大きな影響を与えている)

グレンチャイという言葉があります。
タイに駐在するか、タイと深く関わったことのある人なら一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。
日本語に翻訳すると「遠慮」となります。
では、遠慮という概念を英語で説明するとどうなるでしょう。これは結構至難の技です。特にアメリカのビジネス文化では、遠慮という概念は日本ほど重要ではありません。それどころか、遠慮せず自らのニーズを即座に表明することが、相手との信頼関係を築く上では欠かせません。
ということは、日本人のコミュニケーション文化は、タイなど他のアジアの国々と共通することが多いのでしょうか。
 
タイは、東南アジアにあって唯一独立を保ってきた国です。
その昔、ベトナムやカンボジアがフランスに、インドネシアがオランダに、そしてマレーシアやミャンマーがイギリスの植民地となり、フィリピンも19世紀まではスペイン、その後はアメリカ領となっていました。タイだけが、王国として自国の伝統を維持してきたのです。かつ、タイは仏教国です。アジアの伝統を維持してきた仏教国といえば、当然そこに日本にも通じるアジア古来のコミュニケーションスタイルが残っているといってもおかしくはないはずです。
 

アジア流グレンチャイ=「遠慮」の文化に翻弄されて

しかし、そんなタイに駐在した日本人はおしなべて、このグレンチャイというコミュニケーション文化に苛まれます。
昔ながらの上下関係がしっかりと根付いているタイにおいて、人といかに和を保ってものごとを進めてゆくかということは、彼らが最も意識していることです。この意識がビジネスをシステムにのっとって進めてゆく上での障害となるのです。
 
例えば、タイにおいて日本人の上司から何か指示されたとき、タイの人は本音では「はい」ではないときでも「はい」と承諾することがままあるのです。「できません」とか「そうは思いません」といった本音はいわず、遠慮(グレンチャイ)しながら建前として「はい」というわけです。波風を立てないために。しかも笑みを浮かべて。
ですから、その言葉を信じて仕事をしたものの、デッドラインが守られないということで駐在員は翻弄されるのです。
 
実は以前、これと同じような逸話が欧米人の間で話題になったことがありました。
それは、彼らが、バブル経済にわいていた頃の日本人といかに仕事をするべきか、という課題に直面したときのことでした。
日本へ投資し、ビジネスを拡張しようと世界中の人が考えていた時代、彼らは日本語を勉強し、日本の企業に勤め、慣れない箸を使いながら、いかに日本人とコミュニケーションをするか試行錯誤を繰り返していました。
そんな彼らが、曖昧な笑みを浮かべ、意思をはっきり表明せず、本音と建前を使い分ける日本人の行動に翻弄されていたのです。いわば、日本流のグレンチャイに戸惑っていたのです。
 
バブルがはじけ、日本の硬直した構造疲労が話題となったとき、こうした日本の価値観にこだわる日本社会の体質そのものが、海外から批判されました。
香港シンガポールといった、より欧米流のコミュニケーションが流通している地域にアジアの本部機能を移動する会社も現れました。
しかし、今考えてみれば、日本はアジアの中ではじめて欧米のビジネス環境に、そしてその中で切磋琢磨する競争社会に飛び込んだ国だったのです。
従って、多くの人が日本という経済大国が引き潮と共に遠ざかったときに、アジアの価値そのものを日本独自の価値と取り違え、それを時代遅れの骨董品のように批判したのです。
 

経済の波に歪められた「日本のコミュニケーション文化」

しかし、タイに行けば、そんな伝統的なアジア流コミュニケーションスタイルがしっかりと維持されています。
仏教国であるタイでは、感情の起伏をそのまま仕事場で表せば、その人の「人徳」への懸念へとつながります。家族意識の強いタイでは、「内と外」という観念が根付いていて、「内」の人間にならない限り、なかなか本音はききだせません。
 
逆に、日本では、バブル崩壊の後の暗黒の10年と呼ばれる経済の低迷に苦しむ中、自己批判するかのように旧来の価値観が否定されたこともありました。
伝統的な日本流コニュニケーションスタイルがいびつに変化し、欧米流でもなければ、旧来の日本人らしいものでもない、新しい世代文化が培われました。以前はあり得ないことだった、上司から飲みに誘われたときに「用事がありますから」と断る若者も増えてきました。「顧客が神様」という上下関係のマニュアルも通用しにくくなり、終身雇用からくる組織への忠誠の神話にも変化が現れました。
 
こうした変化について語ったとき、「それはより日本がグローバルになったということさ」という反応を示す外国の人も多くいます。
しかし、本当にそうなのでしょうか。もし、日本人がバブルの崩壊と共にその背骨そのものをへし折られ、直立歩行できないままにグローバル経済の重力に押しつぶされながら変質を遂げていたとしたら、これからの未来はどうなるのでしょうか。
グローバル化し競争力をつけるのではなく、本来日本人がもっていた品質へのこだわりや、相手に配慮して物事を進める柔軟な交渉力が、この変化と共に失われつつあるのではという危機感を抱いている人は多いはずです。
 

日本が迎えている「変質の危機」

文化には、強い部分と弱い部分がちょうどコインの表と裏のように存在し、他の文化と接したとき、それが交互に現れ相手と接触します。普通はその強弱によって相手と接しながら調整を行い、コミュニケーションのバランスを保ちながら、異文化環境で鍛えられてゆくのです。しかし、もし文化の弱い部分が強い部分を凌駕した場合、あるいは強い部分も弱い部分の一部と誤解してそれを崩壊させた時、その国や民族の文化そのものが変質してしまうこともよくあるのです。今日本が直面しているのは、そんな変質の危機なのではないかと思ってしまいます。
 
タイの「グレンチャイ」に接して、しょうがないなと呆れる日本人が、蟹の横ばいのように自らの背骨にも同じアジアの遺伝子を抱いているのだということを、もう一度考えてみるのもまた必要なのかもしれません。
 

* * *

アジアの人々と働くこと

『なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?』千葉祐大 (著者)なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?』千葉祐大 (著者)
価値観の違うメンバーを戦力化するための17のルール!
訪日外国人の数が、毎年過去最高を記録している現在の日本。お客さまが外国人であれば、接客する側も言葉や文化を理解している同国人のほうがいいと考えるのは当然のこと。
しかし、「はたして外国人に、日本人と同じレベルのおもてなしを実践することができるのか」「どうやって、外国人におもてなしの教育をすればいいのか」と、懸念や疑問を持つ現場関係者が多いのも事実です。
本書は、外国人とりわけアジア系人材を、おもてなし提供者として育成する教育方法について、銀座のデパートで実際に行われている事例を取り上げながら、詳しく解説します。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

曖昧な笑みの向こうにみえる異文化のプロトコール

“Language is the tool to exchange the information. However, it is not an ultimate tool to understand the difference between each culture.”

(ツイッター、山久瀬より)

ベトナム戦争の頃、アメリカ兵はジャングルでの北ベトナム兵(当時)のゲリラ戦に苦しめられました。
そんな彼らの間に、ベトナム人の「不気味な笑み」への不信感が蔓延していたといいます。捕虜にした兵士や、実戦で銃口を向けあった緊張の中で、それでも理解できない笑みを浮かべるベトナム人への恐怖と怒り、戸惑いがアメリカ兵を悩ませたのです。
 
アメリカ人のコミュニケーション文化での笑みとは、基本的に喜びを表すもの。移民同士の意思疎通が必要不可欠だったアメリカでは、心の中の感情と表情とを一致させることによって、相手にメッセージを伝え、誤解を回避することが常識となっていたのです。
しかし、他の多くの国では笑みは必ずしも喜びの表情だけではありません。しかも、表情と感情とは時には乖離します。そんなプロトコール protocol をコミュニケーション文化の異なるアメリカ人が理解できなかったのです。
 
アジアの国々の多くには、大きな喜びや悲しみ、さらには怒りを、声のトーンや表情の激しい変化によって相手に伝えることを抑制する地域があります。実は日本もその中に含まれるのです。そうした地域では、表情や声をコントロールしないことは無礼であり、大人気ないという評価を受ける場合があるのです。
心の中に抱いている思いや意志を、率直に表現することは、身分や立場といった伝統的な社会規範が根付く多くの国ではタブーとされてきたのです。
その常識は現代社会の中にも受け継がれています。日本人の場合、本音と建前を使い分けることは、別に嘘をついているわけでもなければ、相手に罠をしかけているわけでもないのです。
しかし、アメリカ人がこの習慣に接したとき、それを裏切りと捉えてしまう可能性があることを知っている人はそう多くはありません。
 
ベトナム人の不可思議な笑み。これに悩まされたアメリカ人は、その後日本でも同様の経験をします。バブルの頃、膨張した日本経済に魅せられた多くのアメリカ人が日本と仕事をしようと押し寄せたのです。
日本は、欧米社会にとって本格的なビジネスコミュニケーションを体験したアジアで初めての国家だったのです。
そして、彼らは日本人とのコミュニケーションの難しさに悩まされます。本音と建前のみならず、根回し、場や間の感覚などなど、彼らには理解できない様々な「ならわし」に翻弄されたのです。
それはベトナムでアメリカの兵士が直面した恐怖とは異なるものの、仕事を円滑に進め、信頼関係を築くための障害となったはずです。
 
そんな日本のバブルがはじけ、日本に変わり中国が台頭してきたとき、アメリカ人の多くは、コミュニケーションが困難な日本を回避して中国マネーの恩恵にあずかろうと矛先を変えました。
確かに、日本人に比べれば中国人は表情も豊かで、曖昧な言葉使いも少なく、時には激しく感情を表現します。
 
しかし、日本であれ、中国であれ、東南アジアの国々であれ、アジアの中で長年にわたって培われた伝統や発想法、ものの考えかたが欧米とは大きく異なっていることには変わりありません。
当初、日本人は世界の中でも特に扱いにくいビジネスパートナーだと多くの人が思っていたものの、アジア各地の経済が発展し、欧米とのインターラクティブ interactive なコミュニケーションの機会が増えれば増えるほど、それぞれの地域で異文化摩擦が頻発するようになってきたはずです。二度と中国とは仕事をしたくないと語る欧米の人が、次第に増えてきたとき、そこには日本とは異なりながらも欧米とは異質のコミュニケーションスタイルに悩んだ彼らの苦しみがにじみ出ます。
 
和魂洋才という言葉があります。これは日本人としての意識を堅持しながら欧米の文化を吸収し国を発展させようと、明治維新以来日本人が常に意識してきた言葉です。アジアでは同様の発想があちこちで唱えられました。
このとき、多くの人は欧米の言語や文化を相手と対等に渡り合うための技術として捉え、学んできたのです。しかし、技術や芸術のみではなく、それぞれの地域の人々のコミュニケーションスタイルも文化の一部であるということを多くの人が見落としてきました。
その結果、コミュニケーションスタイルの差異からくる誤解が、相手への不信感となり、もつれた糸のように複雑に作用しながら、ビジネスが崩壊したり、時には戦争や経済紛争へと事態が悪化したりといったことがおったのです。
 
つい先日、インドネシアから来た人が、アメリカ人から質問をされ、ニコリとしながら、It’s OK. No problem. と返事をしていた場面に出会いました。それをきいたアメリカ人はGood!といって満足そうにしています。
笑みと、曖昧な答えを彼らが誤解した瞬間でした。It’s OKとはイエスなのかノーなのか、そして本当に問題がないのか。すべてはそのプロトコールの背景を分析しない限り不明です。
 

異文化コミュニケーションを回避するには、確認を繰り返し、交流を深め、お互いの意図のさらに向こうの本音にたどり着く忍耐が必要なのかもしれません。

 

* * *

アメリカ人と文化の壁を超えてビジネスをするために!

『トランスナショナル・マネジメント:アメリカ人に「NO」と言い、「YES」と言わせるビジネス奥義』山久瀬洋二 (著)トランスナショナル・マネジメント:アメリカ人に「NO」と言い、「YES」と言わせるビジネス奥義
山久瀬洋二 (著)
国家・民族・言語・宗教の境界を超えてアメリカ人と対等にわたりあう、80の絶対法則!
欧米をはじめ、日本・中国・インドの大手グローバル会社で100社4500人の異文化摩擦を解決してきたカリスマコンサルタントである山久瀬 洋二氏が、トランスナショナルなアメリカ人を正しく理解し、対等にビジネスするための奥義を、豊富な事例と図解でわかりやすく説明します。英語よりも、MBAよりも、もっとずっと大切なものがここにあります。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ