カテゴリー別アーカイブ: 英語教育について思うこと

山久瀬洋二の日常と旅日記

「正当な英語」にこだわる日本人の大きな落とし穴

言語教育を考えるとき、そもそも正当な表現や発音は何なのかということに人々はこだわってしまいます。
13億人以上が使用する中国語を例にとれば、最もスタンダードな中国語は北京語であるとされ、人々は北京語のことを「普通話」と呼んでいます。
しかし、長い中国の歴史をみるならば、北京語が標準語になったのはごく最近のことなのです。現在の北京語は、17世紀に満州族が中国に侵攻して打ち立てた清の時代にできあがったといわれています。元々の中国語に満州族の発音などが混ざり、北京語となったという説が有力なのです。

では、本来の中国語のルーツはというと、現在の華中あたりの中国語ではなかったかといわれています。今では、「普通話」以外の中国語は方言とされていますが、実は方言の方が正当な中国語だったというわけです。
日本語では漢字を使いますが、いうまでもなく、これは中国から輸入したものです。そして漢字の音読みの中に中国語の古い発音が残っていることを知っている人はあまり多くないようです。漢詩は中国語の発声の美しさを意識して作詞されているといいますが、現在の北京語では漢詩が頻繁に造られていた唐の時代の発声を再現することはできないのです。むしろ華中の方言や日本語の音読みの中にそのヒントがあるのです。
中国人の多くが方言と言われている地元の発音や発声にこだわっている理由は、本来正当ではない北京語への反発もあるのだと、中国の友人が語ってくれたことを思い出します。
これは日本語でもいえることかもしれません。正当な日本語は東京で話されている言葉かというと、そうではないはずです。元々京都が日本の首都であったわけですから、関西弁の中にそのルーツがあるのかもしれません。
こうしたことを考えると、正当な言語というのは、時の権力や為政者の意図により時代ごとに変化してきたことがわかります。

続きを読む

山久瀬洋二の日常と旅日記

英語の未来を考えよう。これからも英語は世界の言語として君臨するのか…?

最近、世界の動きが読みにくくなっています。
特にヨーロッパの政情は混沌としています。イギリスの EU からの離脱という激震の後、オランダやフランスの選挙では、右傾化の流れをなんとか食い止めることができましたが、今後EUが今まで通り安定した体制を維持できるかは不透明です。EU はかじ取り役としてのドイツとフランスの連携がさらに求められるようになるはずです。

一方、一時は世界の GDP の半分を生み出していたアメリカの影響力が、21世紀になって陰り始めてきたことも考えなければなりません。アメリカは以前のように世界の警察官としての強いリーダーシップをとれなくなっています。20世紀の混乱を克服した中国の伸長が著しく、アメリカに次ぐ経済力によって存在感を誇示していることもその理由の一つです。そして、ロシアがソ連崩壊後25年を経て、再び強国として台頭してきたことも忘れてはなりません。

こうしたイギリスやアメリカという英語を母国語とする強国の立ち位置の変化をみるとき、今後も英語が世界の言語としての地位を維持できるのだろうかという疑問を抱く人もいるかもしれません。世界の人々の共通言語として、いつまで英語は機能できるのでしょうか。

続きを読む

新たな英語教育に向けて

これから英語教育が変わるといわれています。
今、中学1年生の子供が大学受験に臨む頃、英語の受験は外部のテストを導入して、よりコミュニケーション力を重視した選抜方法に移行するといわれています。

では、コミュニケーション力とはそもそも何でしょうか。
例えば、「駅で会いましょう」という文章に対して See you at the station. という英文がその英訳としてあり、この文章の中の at の部分がブランクの括弧になっています。そして正解として at をいれることが従来の受験のあり方でした。

でも、考えてみてください。
例えば、東京駅で待ち合わせているとき、ただ、See you at Tokyo station. などと言って、本当に二人は出会うことができるのでしょうか。
不可能ですね。しかも、実際は東京駅の中で会うわけですから、See you inside Tokyo station. という方が現実的じゃないでしょうか。
つまり、inside であろうと at であろうと、よしんば by であろうと、状況によってどのような正解でもいいわけです。
今までの英語教育はそこに無理矢理 at という一つの正解を押し付けていたわけです。

続きを読む

日本人の英語力

日本の英語教育へのメッセージ

英語については、私は、あまりにも細かいことにこだわり過ぎ、もっと大切な、相手とコミュニケーションをし、世界とやりとりをしてゆくというスタンスを忘れた英語教育一般に疑問を持っています。
TOEICで高得点をとるための英語。受験のための英語。または発音や一つのメソッドに固執し過ぎた英語のための英語などが流布していて、英語コミュニケーション能力そのものの開発が、おろそかになっているようです。

残念ながら、企業のトップや政府高官も、ちゃんとしたコーチングやインタビューの受け答えのノウハウを習得せずに、ただ英語が喋れるということと、高学歴のプライドが邪魔するのか、外部のコンサルティングやコーチングへの関心をもたないままに、国際的な場に出席して、大きなミスをしている事例がたくさん見受けられます。
日本と世界とを使い分ける技術や、相手の心に自らの思いを浸透させるためのノウハウをもっと研修してゆく必要があるのです。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ