タグ別アーカイブ: 留学

パイロットの需要から見える日本に必要な進路指導とは

“The job market for pilots looks great. We have a lot of pilots that are going into retirement which means that it opens up for new up-and-comers in the industry.”

(パイロットの雇用機会は素晴らしい状況だ。今、多くのパイロットが定年を迎えようとしている。つまり、業界で新たな人材の需要が生まれているのだ)
― OSM Aviation Academy より

パイロット養成に見る米日キャリアプランの違い

 マーカスという私の知人は、ドイツはマンハイムの生まれです。
 今、彼は沖縄の那覇の北、海辺に近いのどかな町に住んでいます。そしてマーカスは週に一度、香港に飛びます。
 そして、香港の航空会社の機長として、香港を起点にアジア各地へのフライトで勤務します。フライトは全てが国際線ということもあり、2週間に4回ほどです。規定により、フライトのない日はホテルで待機。そして、2週間の勤務が終わると香港から沖縄に戻り、残りの2週間は休暇というわけです。
 
 世界の航空業界は今、深刻なパイロット不足に悩んでいます。
 日本でも8000人、アメリカでは数万人のパイロットが必要とされているといわれています。
 拡大する航空業界では、人材の供給が需要に追いつかないのです。
 従って、アメリカの航空業界では、高校卒業後にパイロット養成校で経験を積み、自らがセスナなどのパイロットのトレーナーとなった段階で学費に見合う収入を得ながら、本格的な大型ジェットのパイロットを目指してキャリアを積むコースが組み立てられています。
 自らへの投資の期間を短くし、投じた資金の回収をできるだけ迅速に行えるように、業界全体で取り組んでいるわけです。
 驚いたことに、一般の高校でフライトシュミレーターを数台設置して、生徒が授業で航空機の操縦を学べるようにしているところもあるのです。航空機の操縦を学ぶことで、生徒は気象や流体力学など様々な科学的知識を得ることもできます。
 また、アメリカにはパイロットになるための年齢制限もありません。増える需要に応えるように、極めて合理的に人材育成のシステムが機能しているのです。
 
 マーカスは、日本の航空会社もパイロットの不足に悩んでいるといいます。しかし、30歳を過ぎてパイロットのキャリアを始めることは、日本の会社では実質的に無理だとのことです。日本では、いまだに大学卒業直後の「新卒」を雇用し、社風に合った人材を育てようとするので、30歳を超えた人の雇用は稀だというわけです。
 また彼は、一つの航空会社で採用を拒絶された人を、別の航空会社が雇用することもまずないのではないかと語ります。もちろん、高校教育にフライトシュミレーターを導入する事例など聞いたことはありません。
 

海外も視野に自分のキャリアを「操縦」するには

 マーカスのように海外の航空会社に勤務し、パイロットとしてのキャリアを積んでゆくには、まず英語の学習が必要です。
 語学留学、Skypeレッスンなど様々な方法で英会話の基本を学び、そこから海外のパイロット養成校などで訓練を受けるわけです。学費は地方から東京に出て私立大学に入学し、そこを卒業する場合とさほど変わりません。留学はお金がかかると思い込んでいる人が多いようですが、それほど困難なことではないのです。
 問題は、日本ではいまだに、日本国内と海外とを分け隔てし、海外に留学することが何か特別なことだという潜在意識を人々が持っていることです。
 さらに、高校や家庭において、海外に向けてチャンレンジしようという気持ちを持たせるような後押しがなく、人生には様々な進路があるという意識や情報が日本の教育界には欠如しているのです。さらに、まずは4年制大学に行って卒業し、就職をしなければ何も始まらない、という固定観念を抜け出せない人も多くいます。海外に出たいと子供が思っても、高校の進路指導や両親の理解を得ることができないのです。
 
 また、成人してからの進路への観念にも転換が必要です。
 アメリカなどでは、選択した職業が自分に合わないと思った場合、キャリアを180度変えてゆくことはそれほど難しいことではありません。30代になってパイロットを目指したとしても、誰も何も言いません。しっかりとキャリアを積めば就職も可能でしょう。
 確かに日本でも、転職は昔ほど困難ではなくなりました。
 大学を卒業して就職した後で、会社を辞めて別の人生を目指す人も増えてきました。そうした人々にとっては、人生の再出発のための留学も一つのオプションになっています。
 また、外資系企業などでは、そうした海外で学歴を積んだ日本人を雇用するために、海外で日本人の留学生を直接リクルートするケースも増えています。こうした現実を日本の教育界が実感し、進路指導の一つの選択肢としてゆけばよいのですが、そうした意識を教育現場の人が持つことはまだなさそうです。
 
 留学した後、将来は日本に帰って就職を考える人も多いでしょう。
 実際、マーカスの事例を見れば、パイロットの場合、例えば東京に居住して毎月グアムに飛んで、そこを起点に太平洋のいろいろな場所を繋ぐ路線で勤務することも理論的には可能です。もちろん、パイロットに限ったことではありません。現在は、人材がグローバルに環流する時代です。かつ、組織は日々バーチャルになり、フラットになろうとしています。従来のピラミッド型の組織図から、平面を流れる水のようにグローバルに拡大する組織図へと、海外の企業は変化しようとしています。
 そうした変化を、固定観念を外して注視すれば、日本であろうが海外であろうが、自らの判断でキャリアを磨く拠点を見つけることはできるはずです。
 

今こそ日本型の進路を見直そう

 外資系企業と比較した場合、日本企業は海外の人材を本社に還流させ、日本で雇用した人材と平等に活用しようという意識がまだまだ希薄です。
 海外の人材を育て、日本人と同様に役員まで昇進させている事例は、日本企業の場合まだまだ稀なようです。こと航空業界に限らず、海外との激しい競争を勝ち抜くためにも、高校から大学へ進学し、そこから新卒の雇用へという日本型進路の変革が今必要なのです。
 

* * *

留学で成功するために!

『逆転の留学』高野幹生 (著)逆転の留学』高野幹生 (著)
留学で掴め!人生逆転のチャンス。
「海外留学」は決して優秀なエリートのためだけのものではありません。学生はもちろん、社会人であろうが、中高年であろうが、人生でなにかネガティブな状況にある人にとって、留学はひとつのソリューションになり得るのです。
本書では、人生を「逆転」するためのさまざま留学形態を、具体的な事例を交えながら紹介。JACSAC認定留学カウンセラー・高野幹生が、失敗しないための方法と心
構えも指南します!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

「英語が公用語」のフィリピン、その語学マーケット事情とは

“Filipino is also designated, along with English, as an official language of Philippine. It is the standard resister of the Tagalog language. Tagalog is among the 185 languages of the Philippines identified in the Ethnologue.”

(フィリピン語はタガログ語を標準化した英語と並ぶフィリピンの公用語。とはいえ、タガログ語はエスノローグ(世界の言語についての出版物)によって認識されている、フィリピンで喋られる185の言語の中の一つの言語なのだ。)
(ウィキペディアより)

マニラから、北に車で6時間、リンガエン(Lingayen)という町にきています。これですでに3回目の出張となります。
マニラから北に延びる高速道路を2時間半、そこから右手にゆるやかな山並みを見ながらのどかな田園と村や町を抜けて西へと車を走らせます。
最初のとき、平日の朝出発したために、マニラ市内の渋滞にはまり、7時間以上かけて現地にはいりました。
それに懲りて、今回は日曜日の早朝にマニラを出発。途中までは実にスムーズでした。しかし、高速道路を降りて、一般道を走行すると、まず葬式の車の列、次に道路工事の渋滞、さらに教会などの様々なセレモニーの車の列にぶつかり、何度ものろのろ運転を強いられます。
地方都市は日曜日の方が渋滞が激しいというのもの皮肉なものです。
 
リンガエンは、パンガシナン(Pangasinan)州の州都です。そこはリンガエン湾に面して長い浜辺が延びる風光明媚な地方都市。魚の養殖のみならず、木製の家具の産地としても知られています。第二次世界大戦では、日本軍とアメリカ軍とが激しく交戦した場所としても知られています。
 
ここでの仕事は、質がよく、真面目に働いてくれるスカイプ英会話の先生を発掘することです。
今、日本では英会話の先生が求められています。児童英語や中高校生向けの会話指導、さらには英文添削ができる人材が不足しているのです。
フィリピンはもともとアメリカの植民地であったこともあり、多くの人が英語をしゃべります。
そもそもフィリピンを構成する8,000もの島々は、それぞれに独自の文化があり、場所によって言語が異なります。英語がフィリピン全土で共通に話される言葉であるといえば、多少誇張になりますが、それもまた現実です。
 
元来、フィリピンの共通語は、マニラ周辺で話されるタガログ語でした。実際、タガログ語は、フィリピン人に共有される言語として改良もされ、今ではフィリピン語という名称が与えられました。
しかし、フィリピンにはタガログ語とは文法も表現も異なる様々な言語が共存しています。そんなフィリピン人にとって一応第二言語とはいえ、英語は全国レベルで公の場所で通じる言語に他なりません。
 
ただ、フィリピン人の英語がいわゆる英語を第一言語として使用する国と同じく質の高いものかというと疑問が残ります。最近セブ島などで日本とスカイプで結ぶ英会話講座を多くみかけますが、確かに日本人のスピーキング力をつけるためには彼らは最適な人材でしょう。児童英語の場合は特にそうで、フィリピンの人々の明るい気質は、児童に楽しみながら英語を学ばせるには最適です。
しかし、多くのフィリピンの講師が発話と同じレベルで読み書きが堪能かといえば、それは事実ではないのです。
 
そこで、英語の4技能全てに対応出来る優秀な人材を発掘するために、はるばるリンガエンまで出張するのです。
それには理由があります。フィリピンもマニラやセブといった都市部はアジアの他の地域と同様で、より高い賃金を求め、人が頻繁に転職します。人材マーケットの競争がだんだん激しくなってきているのです。
しかし、パンガシナン州のような遠隔地になれば事情は異なります。
しかも、ここで暮らす人々は、家族を支えるために勤勉に働きます。英語のレベルも人によってはかなり高く、今一緒に活動している人たちは、アメリカ人の英語講師と比較してもひけをとらない総合的な英語力をもっているのです。
 

リンガエンで働くある英語の講師の家を訪ねました。
彼の住む村は市内から車で30分ほど。そこには水道もなく、人々は井戸水で生活しています。川に面した村の主要な産業は農業と川での漁業。人々は椰子の葉を編んだ屋根の家で生活しています。
村には小学校しかないために、優秀な生徒はリンガエンで中等、高等教育を受けるのです。そして英語の先生になって公立高校で教鞭をとることが、彼らにとっては最高のステータスシンボルというわけです。
 
フィリピンは3月を過ぎると熱くなり、4月から5月にかけて熱暑に見舞われます。そんな南国の強い陽射が傾く頃、リンガエンでの仕事のあと、隣町のダグパン(Dagupan)の宿に泊まります。

翌朝、仕事の前にそこの魚市場を訪ねました。朝水揚げされた見事な魚があちこちで威勢よく売られていました。
リンガエンまでのタクシーの運転手にその話をすると、彼も副業で魚の養殖をしているとのこと。
複数の仕事を持って生計をたてるのは、フィリピンではごく当たり前のことなのです。英語教師の多くも例外ではありません。
物価はだんだんと上がるものの、賃金が追いつかない。それはマニラなどの都会に限らず、こののどかな地方都市でも同様なのです。
 

* * *

アジアの人々と働くこと

『なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?』千葉祐大 (著者)なぜ銀座のデパートはアジア系スタッフだけで最高のおもてなしを実現できるのか!?』千葉祐大 (著者)
価値観の違うメンバーを戦力化するための17のルール!
訪日外国人の数が、毎年過去最高を記録している現在の日本。お客さまが外国人であれば、接客する側も言葉や文化を理解している同国人のほうがいいと考えるのは当然のこと。
しかし、「はたして外国人に、日本人と同じレベルのおもてなしを実践することができるのか」「どうやって、外国人におもてなしの教育をすればいいのか」と、懸念や疑問を持つ現場関係者が多いのも事実です。
本書は、外国人とりわけアジア系人材を、おもてなし提供者として育成する教育方法について、銀座のデパートで実際に行われている事例を取り上げながら、詳しく解説します。

留学で成功するために!

『逆転の留学』高野幹生 (著)逆転の留学』高野幹生 (著)
留学で掴め!人生逆転のチャンス。
「海外留学」は決して優秀なエリートのためだけのものではありません。学生はもちろん、社会人であろうが、中高年であろうが、人生でなにかネガティブな状況にある人にとって、留学はひとつのソリューションになり得るのです。
本書では、人生を「逆転」するためのさまざま留学形態を、具体的な事例を交えながら紹介。JACSAC認定留学カウンセラー・高野幹生が、失敗しないための方法と心構えも指南します!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ