タグ別アーカイブ: 阿吽の呼吸

「絶滅危惧価値」を抱き戸惑う日本人の未来とは

“Japan-isolated itself from the rest of the planet for some two hundred and fifty years, has had a change to incubate its value system and develop enduring and idiosyncratic forms. When modernism finally came, ‘Japaneseness’ was not swept away but became absorbed into modern life, making Japan’s modern life at once strange and familiar to us.”

(日本は250年にわたって世界から孤立し、自らの強靭で特異な価値観を育んできた。その後日本がついに近代化の波に晒されたときでも、「日本人であること」は抹消されず、それらは社会の中に吸収され、我々にとっては奇妙でありながらも馴染みのある日本の現代社会ができあがったのだ)
Japanesenessより(Stone Bridge Press,英文は一部省略)

日本の近代化をもたらした分業とTacit Knowledge

 日本人の価値観が大きく変化しようとしています。
 そんなことを考えるために、まずは江戸時代に時計の針を戻しましょう。
 江戸時代はある意味で、日本の近代化の礎となった時代でした。
 多くの人は、江戸時代の日本は鎖国をした閉鎖的な封建社会であったと思っています。それは一面では事実です。確かに、江戸時代には厳しい身分制度があり、人々は移動の自由も職業選択の自由も厳しく制限されていました。代々家業を継ぐことは当たり前で、例外はあったものの、武士の子は武士に、町人の子は町人に、ということが当然とされた時代でもありました。
 しかし、このことが日本の近代化に思わぬ恩恵をもたらしたことに気付いている人はあまり多くありません。
 実は、身分によって職業が分けられ、その職業も代々親から子に引き継がれていた江戸時代であればこそ、極めて高度な手工業の技術が世代から世代へと引き継がれることが可能だったのです。
 
 しかも、江戸時代には職業はすでに細分化され、社会は分業によって成り立っていました。
 楊枝や馬の蹄鉄、さらには桶から茶碗まで、一つ一つの製品が代々受け継がれた専門職人によって製造され、流通していたのです。こうした専業化による技術は、文章化や数値化されることなく世代から世代へと引き継がれ、時とともに進化も遂げます。こうした「文章化されずに受け継がれる繊細な知識」のことを Tacit Knowledge と言います。
 海外との交流が極度に制限されていたとはいえ、江戸などの大都会はそれなりの競争社会でした。より洗練された商品が売買され、その要求に沿って職人も腕を磨いたのです。流行もあれば、厳しい淘汰もありました。こうした環境にもまれ、Tacit Knowledge はまさに匠の領域へと成長していったのでした。
 ある裕福な商家が、両替商を営み小判を扱うために、親は子供に純金を混ぜたものしか触らせなかったという逸話が残っています。子供が成長したとき、小判を触っただけでそれが本物かどうかを見分けることができるようにするためでした。親から子供に伝えられたこの感触こそ、数値化できない Tacit Knowledge だったのです。
 
 こうして受け継がれた日本人の器用さ、洗練を求める感覚が、明治以降日本が近代化の道を歩み始めたときに、その発展に極めて大きな役割を果たしたのです。
 「加減」という言葉があります。この言葉はお茶の熱さを示すときなどに使われます。お茶は熱すぎても、ぬるすぎても風味を損なうため、そこそこの加減が必要なわけです。この加減を極限まで突き詰めたとき、例えば自動車のエンジンに使われるピストンの「あそび」や、楽器での微妙な空気の抜け具合などといった最適な加減を極めることができるわけです。日本の近代から現代までの産業を牽引してきた無数の下請け工場では、こうした究極の加減を極めた職人が新幹線や自動車の部品を作ったり、精密機械の組み立てを行ったりしてきたのでした。
 そして、このようにして伝承され、阿吽の呼吸で制作された商品は、世界に認められ、戦後の日本経済の発展をさらに支えることになったわけです。
 

始まった暗黙知の崩壊とアイデンティティー・クライシス

 そんな Tacit Knowledge の崩壊が始まったのは、バブル経済とその破綻の時代でした。バブル経済の波に乗って拝金主義がはびこることで、多くの職人の子孫は家業を横においたまま、不動産に投資しました。そしてバブルがはじけたあと、金融機関の資金回収によって、町工場の多くは閉鎖に追い込まれ、その空き地は駐車場やコンビニへと変化しました。
 そしてわずかに生き残った Tacit Knowledge も、デジタル化によってグローバルに通用する数値化を余儀なくされ、次第に滅んでゆこうとしています。AI技術の進歩により、そうした繊細な技術自体も不要になろうとしています。日本人が何世代にもわたって培ってきた暗黙の知識が絶滅し始めているのです。
 
 このことは、思わぬ余波となって社会全体を見舞うことになります。江戸時代以来、日本人の間で育まれてきたコミュニケーション・スタイルそのものが消滅し始めているのです。Tacit Knowledge に慣れてきた日本人は、常に阿吽の呼吸でお互いの意図を察し、時には物事の加減を考え、状況に応じて融通をきかせて臨機応変に対処してきました。そうした日本社会ならではの柔軟性が、バブル経済とその後のデジタル化、グローバル化の波によって失われ、全てが数値や法律の条文に従ったマニュアルで稼働する機械的な社会へと変化を始めたのです。
 
 文化には強い部分と脆弱な部分とが、コインの表と裏のように同居しています。
 例えば、融通のきく社会は人情味に溢れ、人と人との紐帯を育成します。反面、融通という価値の裏面を見るならば、知人を優遇し、他者を排斥する内と外との枠ができ、時には癒着や賄賂の温床をつくってしまいます。ところが、裏面が悪であるとして、それを削除し尽くしたとき、実は表にあった良い部分をも削り取ってしまうことがあるのです。
 グローバル化という今では陳腐にすらなったコンセプトによって、世界と共通のルールを適応し、世界に開かれた社会を求めたとき、日本にあった伝統的な価値観や感性をも同時に削り取ることで、日本人は自らをアイデンティティー・クライシスに追い込んでいるのかもしれません。
 
 日本が世界に開かれてゆくこと。世界と交流してゆくこと。さらには差別や偏見がない、違う価値を受け入れることのできる柔軟で多様な国となることは素晴らしいことです。ただ、そのことと、日本に長年培われてきた価値観の強い部分とが相殺されてしまわないようにするには、相当な工夫が必要なのです。
 

世界各地の「絶滅危惧価値」を守るために

 私は、失われつつあるこうした価値観のことを、「絶滅危惧価値 / Endangered value」と呼んでいます。価値の裏側の負の遺産を削除しつつ、表側の次世代に残したい部分を育成しない限り、日本が日本である所以がなくなるかもしれません。
 おそらくこうした世界的な標準化の波に晒され、自らの個性を失いつつある地域は日本に限ったことではないはずです。そんな自らのアイデンティティ喪失への危機感が、今世界的に問題となっている人々の右傾化への原動力となっているのかもしれません。
 異文化での異なる価値観を尊重する行為の中で、こうした世界各地の価値観に対する教育や啓蒙が、地球規模で共有されることも必要なのかもしれません。
 

* * *

『日本人のこころ Heart & Soul of the Japanese』山久瀬洋二 (著)、マイケル・クーニー (訳)日本人のこころ
Heart & Soul of the Japanese
』山久瀬洋二 (著)、マイケル・クーニー (訳)

いにしえから現代にまで受け継がれてきた日本人の感性を表す100のキーワードを、簡潔明瞭な英語で説明!日英対訳バイリンガル書。
「恩」や「義理」といった日本人の心の原点ともいえる価値は、一体どこからきて、今の日本ではどのように捉えられているのか。本書はその壮大なテーマに挑み、日本を代表する「日本人の心」を100選び、和欧対訳で簡潔に説明する。キーワードの例:「和」「中庸」「根回し」「型」「武士道」「節度」「情」「忠」「禊と穢」「もののあわれ」「因果」「仁義」「徳」「わび」「さび」「幽玄」など。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

海外で誤解をうみだす言語の奥に潜む異文化の意識

“In Japan, one’s language and the way one interacts with another person will differ depending on whether the other person is “higher” or “lower” than oneself.”

(日本では相手の人格が自らより「上」の立場にあるか、「下」にあるかによって、言葉遣いも変われば、応対も違ってきます。)
― IBCパブリッシング版『日本人のこころ』より

とある海外オフィスでの一幕:日本人上司と外国人部下

「ねえ、君にお願いしていたレポートどうなってる?」

ニューヨークで、斎藤さんという日本人が部下のニールに英語で尋ねます。

「まだ半分しかできてませんよ」

ニールは答えます。

「え、急ぎだって言ったよね」

斎藤さんは憮然としてニールに文句を言います。

「サイトー。あなたの指示はいつも急ぎじゃない。いつまでにしろと具体的に言ってくれないとわかりませんよ。曖昧なんです、指示の出し方が」

これには斎藤さんも返す言葉がありません。

「でもさ、これって責任感の問題だよ。仕事に対する意識の問題だと思うんだけど」

彼は、拙い英語で必死にニールを諭します。
すると、ニールはいきなり立ち上がって、斎藤さんを攻撃します。

「私が責任もってやっていないって言うんですか。どういう意味?今やらなければならないことがどれだけあるか、あなたは知っているのですか。サイトー、あなたの言っていることは意味不明。いったい何を言いたいんですか」

いやな雰囲気が漂います。そして、斎藤さんは何も反論できないまま、「わかったよ」と言ってその場を離れます。心の中は怒りに燃えながら。
そして、ニールはニールで両手を上げて不満を表明しながら、自分のブースの椅子に腰掛けます。

こんな場面が、日本企業の海外オフィスのあちこちで見かけられます。
 

「言語表現」に裏打ちされた「人間関係」の意識の差異

 日本語には、敬語があります。そして、我々は子供の頃からその使い方を学びます。
 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語など、様々な種類があり、これは日本語を学ぶ外国人にとっては頭痛の種といえましょう。
 例えば、「ぜひ何かお礼を差し上げたいのですが。お望みのものがあれば、ご遠慮なくおっしゃってください」という言葉の中には、この3種類の敬語が全て含まれています。
 
 では、英語はどうでしょうか。中世の英語はともかく、極めて特別な場合を除いて、我々が使っている英語にはせいぜいあっても丁寧語のみでしょう。しかも、最近ではそうした丁寧な表現はあまり使用されなくなり、表現がどんどんカジュアルになっています。
 
 言語は、人の意識に知らず知らずのうちに影響を与えます。
 敬語を常に使用する日本人は、敢えて意識しなくても、心の中に人との上下関係への配慮を抱きながら社会生活を送っています。例えば、初めて人と出会った瞬間に、相手と自分とを様々な立場から立体的に捉え、そこに上下関係を感知し、それに従った行動をとるのです。相手の年齢、先輩か後輩か、顧客かどうか、どんな組織に属する人か、上司か部下か、何かを学ぶ立場か教える立場か、さらに親族の中でどういう立場の人かなど、瞬時に相手をこうした立体的な図面の中で捉え、言葉遣いを選択します。
 
 英語によって育った人々は、そうした日本人の感覚を持ち合わせていません。
 アメリカの独立宣言に All men are created equal という言葉がありますが、敬語表現の少ない英語の社会では、立場の違いはあっても、人と人とは基本的に平等であるという意識が心の中に刻み込まれています。
 従って、英語を母国語とする人は、例えば自分が売り手で相手が買い手である、というその場での立場の違いは意識しても、言葉遣い自体は日本語に比べ極めて平易です。そして、立場の違いを理由に、相手に対して上下関係を求めるような表現をすることは、マナーの上からもタブーなのです。
 ですから、アメリカなどでは部下であっても、上司に対して反論するときは、我々が思う以上にはっきりと驚くほど強く反論します。ウエイターも客に対して、日本で期待するようなへり下った対応はしません。サービスはするものの、人としては対等であるという意識が、英語という言語を通して形成され、それが制度となり、常識ともなっているのです。
 
 斎藤さんとニールとの不愉快なやり取りの背景には、こうした文化の違いからくる相手への異なった期待感が摩擦となったのです。
 

言葉で伝える文化と雰囲気に頼る文化との違いを乗り越えて

 しかも、日本語は曖昧です。
 多くの場合、日本人は雰囲気で不満などの感情表現を伝えようとします。言葉にしてしまえばおしまいという意識があるのか、自らの立場を意識しながら婉曲に感情を表現します。
 「最近の若い人たちは、以前よりはっきりと自分の意思を表明するようになったけど」と反論する人がいるかもしれません。確かにそれは事実でしょう。しかし、その意思の表明の方法はやはり遠回しで、直截ではありません。言葉そのものに頼らなくても、相手に意味するところが十分に伝わるからです。
 ですから、そんな日本語の感覚に従って英語を使った場合、英語の能力が高いほど誤解が広がるという悲劇が起こるのです。

「フィードバックがないんですよ。言葉でちゃんとどうなのかを伝えてくれなければ、自分がどのように評価されているかわからないんです」

ニールは以前、そのように別の日本人に語っていました。

「サイトーは、英語は堪能でしょ。だから、彼は我々アメリカ人の部下のことを見下しているんですよ。日本人優越主義者なのかもね」

彼はこのように斎藤さんを批判します。
 斎藤さんは英語ができるだけ、却って目に見えない文化の違いという罠にはまったまま、相手に深刻な誤解を与えてしまっているのです。

 言葉そのものによってコミュニケーションをする欧米型の文化と、日本をはじめいくつかのアジアの国々にありがちな、雰囲気や阿吽の呼吸にコミュニケーションの多くを頼る文化とが生み出す誤解は、時として深刻です。
 ですから、我々が英語で欧米の人とコミュニケーションをするときは、常に自分の意図が相手に伝わっているか確認することが必要です。
 そして、相手が自分の感じている上下の「立場」の意識をもっていない、よりフラットな環境にいる人であることも、しっかりと意識しておく必要があるのです。
 

* * *

『日本人が誤解される100の言動: 国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント』山久瀬洋二 (著者)、ジェイク・ロナルドソン (訳者)日本人が誤解される100の言動: 国際交流やビジネスで日本を再生するためのヒント』山久瀬洋二 (著者)、ジェイク・ロナルドソン (訳者)

英語力がある人ほど陥りやすいワナとは?!
日本人が誤解を受けるメカニズムを徹底的に追求し、最善の解決策を具体的に伝授!
欧米をはじめ、日本・中国・インドの大手グローバル企業96社4500名の異文化摩擦を解決してきたカリスマ・コンサルタントによる「英語で理解し合う」ための指南書第2弾!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ