タグ別アーカイブ: インド

テロの悲劇、なぜスリランカかと問われれば

Eranga Jayawardena / AP

“Sri Lanka attack death toll rises to 290.”

(スリランカが標的となり、死者は290名に至る)
― CNNより

平和な日常を突如脅かすテロ行為

 先日、ソウルで知人と夕食を共にしました。そのとき、夜一人で散歩ができ、ホテルに金属探知機も置かれていない、日本や韓国の安全について話し合うことがありました。
 そもそも韓国は、長年にわたって北朝鮮からの攻撃の脅威に晒されてきたはずです。
 しかし、彼を含め、多くの韓国人は北朝鮮の脅威について、別に差し迫ったことではないと思っています。
「韓国も日本と同じように、平和の中で人々の心が麻痺しているのですよ。朝鮮戦争が終結して以来、今まで何度もいろいろなことが起き、そして何度も統一について話が出ました。でも、その度に結局何も変化なく、現在に至っています。北朝鮮のことは、あまり日常的になりすぎて、誰もが慣れっこになっているのですよ」
その人はそう言います。
 実は、以前インドで知人にパキスタンのことについて尋ねたときも、同様の答えが返ってきたことを覚えています。
「これは日々の生活の一部のようなものなんですよ」
そのインド人は、このように話していました。
 
 そのインド人と出会って間もなく、パキスタンから侵入してきたテログループが、ムンバイの駅やホテルで破壊と殺戮を繰り返しました
 2008年11月のことでした。当時、海上からムンバイの港に秘密裏に上陸したテログループが、駅やホテルで爆破、発砲を繰り返し、3日間で170名以上の犠牲者が出たのです。
 そして今回、インドの隣国スリランカ同じような規模のテロ事件が起こったのです。詳細はまだ見えてきませんが、それが組織的な犯行であったことは間違いのない事実です。
 
 なぜスリランカのような仏教国が、という疑問も湧くでしょう。CNNの記者がこの質問を専門家に投げかけたとき、なぜニュージーランドのような平和な国で、なぜノルウェーのような静かな国でと、過去にも同じ質問を受けていると答えていたことが印象に残ります。
 テロ行為はあえてそうした場所を選ぶことで、人々に脅威を与えるのかもしれません。
 

 韓国の場合、北朝鮮からの侵入者による戦闘行為はしばらく起こっていません。
 とはいえ、2010年11月には北朝鮮に近いヨンピョン島が北朝鮮から砲撃を受け、死傷者が出たこともありました。また、テロ支援国家とされた北朝鮮から、武器や麻薬がテロ組織に輸出されないという保証はどこにもありません。
 
「しかし、北朝鮮が核弾頭を持っていることの本当の理由は、日本やアメリカに対してではないのです」
韓国の知人はそう解説します。
「北朝鮮は、中国の影響力からの離脱を巡ってもがいているのです。韓国を含め、朝鮮半島は日本が植民地にしていた時間より遥かに長い時代を通して、中国から強い影響を受けてきました。朝鮮戦争の結果、南北に分断された後は、特に北朝鮮は中国の支援なしには存在し得なかったのです」
 
 実際、北朝鮮の存亡の鍵を握っているのが中国である、という彼の指摘は当たっています。であればこそ、最終兵器である核兵器を維持することは、北朝鮮が中国に無言の脅威を与えることになり、中国も北朝鮮を懐柔せざるを得なくなるというわけです。
 さらに、北朝鮮は保険をかける意味で、ロシアとの交流を促進します。アメリカとしては、そんな北朝鮮をアメリカに振り向かせるために、スタンドプレーで臨もうと首脳会談を2度も行ったものの、大きな成果は得られませんでした。
 

複雑な国際情勢がもたらすテロの応酬

 テロは大国の思惑に蹂躙された民族や宗教の中で育成されます。
 中国が支配を強めるチベット族ウイグル族。日本の支配から独立後、アメリカや中国、ロシアの思惑がぶつかる朝鮮半島。
 そして、イギリスによる植民地化を経て、アメリカの利権もからみ、多くの難民を生み出した中東。そんな中東と同じ宗教を信奉するパキスタンと、宗教を巡って激しく対立するインド。
 こうした複雑な国際関係によって犠牲となった人々の間に積もる怒りが、テロの温床となるわけです。
 
 そして彼らの怒りは、そもそもこのような混乱を生み出した列強や、彼らの思惑を支持する豊かな国に向けられます。
 同時に、鬱屈した怒りに晒された人々は行き場を失い、難民や移民として豊かな国へと流れ込みます。
 その意識の対立が、今度は豊かな国の中に、中東などからの移民の排除を求める新たなテロの温床を作り出すのです。
 
 その結果、一見平和でテロとは無関係な国家や地域が惨事に見舞われます。
 ノルウェーやニュージーランドで反ムスリムを標榜するテロ行為が起こり、その反動がスリランカに飛び火します。
 外国人の多く泊まるホテルやキリスト教の教会が、ちょうどニュージーランドで起こったイスラム教徒に対するテロ行為への報復のように襲われたのです。
 
 豊かで一見平和な国。そう書いたとき、ふと気付いた人もいるかもしれません。その典型とも言える国が、日本です。韓国の人々ですら慣れっこになっている平和に最も浸っている日本。
 日本人に知ってほしいのは、日本だけは例外だと思うことが自惚れに過ぎないという事実なのです。

* * *

『英語で聞く 世界を変えた女性のことば』ニーナ・ウェグナー(著)英語で聞く 世界を変えた女性のことば』ニーナ・ウェグナー(著)
「世界を変えたい」と本気で願い、人々の心を、そして世界を動かした女性たちのスピーチを集めました。彼女たちの熱い願いを耳で聞き、目で読み、英語と歴史背景を学べる1冊です。タリバンに襲撃されても、女性が教育を受けることの大切さを訴え続け、2014年ノーベル平和賞を受賞した若き乙女マララ・ユスフザイを筆頭に、アウンサンスーチー、マザー・テレサ、緒方貞子、ヒラリー・クリントン、マーガレット・サッチャーなど、名だたる女性たちのスピーチを、雰囲気そのままに収録。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

ムンバイのトイレ論争が語るもの

【海外ニュース】

In Mumbai, a battle over toilets for women
“We all feel that is a basic civic right, a human right,” said Minu Gandhi, a social advocate.
(International Herald Tribuneより)

ムンバイで女性用トイレをめぐる紛争が
これは基本的な権利、人権の問題ですと、社会運動家のミヌ・ガンディはコメントする

【ニュース解説】

シンガポールから羽田への機上でこの新聞を読んだとき、あの灼熱の大都会ムンバイの混沌とした喧噪とエネルギーが瞼の中によみがえりました。
2000万人を越すのではないかと思われる人の住むムンバイ。そこは、単に貧富の差が著しいというだけでは言い表せない深刻な社会問題を抱えています。一方で、この街はハリウッドを模してボリウッド Bollywood と呼ばれるインドのエンターテインメントビジネスの中枢であり、経済的にもインドを牽引する商業都市です。この繁栄の光と闇の醸し出す混沌が、この街の特徴なのです。

続きを読む