タグ別アーカイブ: 共和党

つまずいた民主党の新星への期待

“Iowa Caucus Results Riddled with Errors and Inconsistencies.”

(アイオワ州党員集会の結果は、エラーと不確定要素が多すぎて謎のままとなっている)
― New York Times より

 出だしから大揺れに揺れ、党員の選挙結果がなかなかリリースされず不安を煽った、アメリカ大統領選挙・民主党のアイオワ州党員集会。選挙管理の不備で、投票結果が明快にならないままの状態が続いています。これは、民主党としては大きなイメージダウンです。
 しかし今回、そうした状況の中でも、ブティジェッジ氏が僅差でサンダース候補を破り首位となったことは、多くの人を驚かせました。インディアナ州サウスベンドという地方都市の市長から、一挙に大統領候補に躍り出たブティジェッジ氏にどうして票が集まったのかを分析する必要がありそうです。
 

4年前のアメリカ大統領選挙から振り返ると

 まず、民主党には、今回の大統領選挙には絶対に負けられないという悲壮感があります。オバマ前大統領が8年間積み上げてきた様々な政策を180度転換し、独特の手法で内政外交にメスを入れ続けてきたトランプ大統領の再選だけはなんとか防ぎたいというのは、民主党の全ての候補者が抱いている危機感です。そして、この危機感は民主党候補の背景となるリベラル系のアメリカ人全ての悲願でもあるからです。
 アメリカがかつてこれほど分断されたことはないほどに、トランプ政権は今までの余裕のある大国アメリカの姿を大きく転換させ、移民への厳しい制限、中国イランなどへの強硬姿勢などによって多くの人を驚愕させました。
 
 そんなトランプ氏の「アメリカ・ファースト」というスローガンに、製造業が錆つき、職を失い、かつ都市と地方との格差に苦しむ人々が支持を表明しています。アメリカ人の心の中に隠れている、移民への危惧や伝統的なアメリカの価値を喪失することへの危機感が、経済問題と合流し、トランプ氏支持へのうねりを作ったのです。
 
 このトランプ氏と同様に、同じく勤労者や地方の有権者の心を掴んでいたのは、大企業や富裕層に集中する富の分配を主張していた、バーニー・サンダース氏でした。前回の選挙では、アメリカの民主主義のあり方という建前よりも、仕事と地方、そして古くからの居住者が培ってきたアメリカの伝統とその延長での強いアメリカを求めようという、アメリカ人の本音が放出したのです。
 
 従って、前回の選挙のとき、もし民主党からサンダース氏が正式に立候補していれば、トランプ氏が大統領になることはなかったのではという悔いが、民主党の中にはありました。従って、アイオワ州党員集会の時には、オバマ政権の副大統領として知名度があり、いかにも民主党の顔であるといったバイデン氏よりも、ストレートに富の公平な分配を説くサンダース氏がトップになると多くの人は予想していたのです。ただ、彼には高齢であるという弱点がありました。それでもエネルギッシュにトランプ氏の再選阻止に挑む姿には、多くの人が好感を持ったはずです。政治のプロであるバイデン氏や、大都会の実業家としてニューヨークに地盤を持つブルームバーグ氏などは、やはりマンネリ化したプロの政治に飽き飽きし、大都会の実力者にふんぞり返って欲しくないと思う有権者の支持を得られないのではと多くの人が危惧したのです。
 

U.S. Senator Bernie Sanders of Vermont / United States Congress

サウスベンドから彗星の如く現れた若き候補者

 そんなサンダース氏をブティジェッジ氏が抑えたように見えたのが、今回の混乱したアイオワ州党員集会でした。
 彼が市長を勤めたインディアナ州サウスベンドは、もともと民主党の地盤ではありましたが、製造業の工場の閉鎖が相次ぎ、失業者が増え、住宅地には空き家が多かった典型的な中西部の都市でした。一方、この街は学園都市でもあり、そんな錆びついた市街地と学園に勤務する人々との格差や政治意識への微妙な隔たりがある街だったのです。ある意味では、中西部のどこにでもある中核都市の一つでした。
 
 そんなサウスベンドの市長を8年間勤める間に、山積した都市問題を改善し業績をあげたのがブティジェッジ氏です。これは庶民レベルでの広い支持へとつながります。また、彼は高学歴で軍歴もあり、アフガニスタンにも従軍したという大統領になるための「パスポート」もしっかりと持っています。かつ、彼はまだ38歳という若い指導者です。
 同時に、ブティジェッジ氏は自らが同性愛者であることを表明し、配偶者のパートナーの情報も公開しています。その上で、保守的なキリスト教徒の地盤ともいえるミッドウェストの市長として再選されているのです。
 
 1960年に当選は無理だと言われていたジョン・F・ケネディが当選したとき、彼は43歳でした。彼も高学歴で太平洋戦争に従軍した軍歴があり、かつ当時では異例のカトリック系(アイルランド系)の大統領でした。今ではオバマ大統領のように黒人系の大統領も登場し、これからは同性愛者の大統領候補が出たとしてもおかしくはありません。
 おそらく、アイオワでの民主党大統領候補選挙でブティジェッジ氏への票が集まったのは、こうした背景によるのではないでしょうか。そして、この事実はトランプ大統領にとっても確かに脅威となるはずです。
 

Pete Buttigieg speaking at the 2019 California Democratic Party State Convention in San Francisco, CA. / Gage Skidmore

共和党支持者に潜む浮動票を獲得できるか

 問題は、民主党がアイオワ大会のように混乱せず、分裂することなく、一人の大統領候補の元にできるだけ早く力を結集することです。今、一般の共和党支持者の中にも、トランプ大統領への不安を抱く人は少なくありません。東西両海岸の都市部ではそうした潜在的な共和党支持者の多くが、トランプ大統領のみならずペンス副大統領へも強い違和感を抱いています。彼らが民主党の候補に投票することは十分に予測できるのです。
 今のトランプ氏の政策を行きすぎた保守主義と捉えるのか、アメリカの原点回帰と捉えて歓迎するのか、共和党支持者の心理状態も微妙に揺れているのです。
 前回のトランプ氏への弾劾裁判でも、そうした人々の声を代表するように、元大統領候補でもあったミット・ロムニー氏はトランプ氏批判を貫きました。
 
 それでも、現職の大統領として華やかなスタンドプレーを駆使するトランプ大統領は、いまだ有利に選挙戦に臨んでいます。さらに、トランプ大統領は「投票する有権者」の多い地方都市でしっかりと支持者の心を掴んでいます。
 
 同性愛者であることを公表し、若さと地方都市での業績を盾に彗星のように現れたブティジェッジ氏が、こうした人々の心の揺れをしっかりと捉らえることができるのか。今後の民主党の党員集会での動向に注目が集まります。
 

* * *

『A Short History of America アメリカ史』西海コエン (著)A Short History of America アメリカ史』西海コエン (著)
アメリカの歴史を読めば、アメリカのことがわかります。そして、アメリカの文化や価値観、そして彼らが大切にしている思いがわかります。英語を勉強して、アメリカ人と会話をするとき、彼らが何を考え、何をどのように判断して語りかけてくるのか、その背景がわかります。本書は、たんに歴史の事実を知るのではなく、今を生きるアメリカ人を知り、そして交流するためにぜひ目を通していただきたい一冊です。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

ニューヨークの年末はカオスと好景気

“Some folks like to get away. Take a holiday from the neighborhood. Hop a fight to Miami Beach or to Hollywood. But I am taking a Greyhound on the Hudson River line. I’m in a New York State of mind.”

(休暇を取って逃げ出す奴もいるね。マイアミビーチやハリウッドに。でも俺は、グレイハウンドに乗って、ハドソン川に沿って走ればいい。だって、ニューヨークに俺の心はあるんだから)
ビリー・ジョエル ”New York State of Mind” より

マンハッタンを走り抜けるタクシーの車中にて

 年末、ニューヨークに到着して、マンハッタンイーストリバー沿いに通るFDRと呼ばれる高速道路を走っていました。
 といっても、タクシーの後部座席に座って、渋滞の中、雨にくすむ川を眺めながら、この原稿を書いていたのです。
 タクシーの運転手は、渋滞にため息をつきながら、電話で仲間と話しています。言語は分かりません。英語ではなく、おそらくバングラデシュかどこかのローカルな言葉なのでしょう。彼らには、彼らの移民ネットワークがあるのです。
 
 ニューヨークは、いつ訪れても相変わらずの印象です。車の渋滞、空港の混雑と、様々なトラブル。クレイジーな街だと多くの人が批判します。
 しかし、なぜかそんなニューヨークに戻ってくるとほっとするのは、ここに16年間住んでいたためでしょうか。
 それだけではないかもしれません。この街は、表向きは何も変わっていないようですが、その内側は常に変化しています。ちょうど、人間の外見は変わっていなくても、内臓は常に進化しているような、あるいは頭脳がどんどん変化しているような、極めて特別な印象をニューヨークは持っているのです。
 
 これは大きな視野で見れば、アメリカ一般にも言えることでしょう。
 几帳面な日本の社会から見れば、大雑把で、この国のサービスは決して良いとは言えません。自分から激しくアピールしない限り何も動きませんし、ある面ではとても理不尽なことも起こります。
 しかし、アメリカの内臓や頭脳は常に進化を続けています。それは、たとえトランプ大統領が移民を制限しようが、世界との関わり方を変えようが、一時的なインパクトはあるものの、大きな流れを変えることはできません。
 
 相変わらずだなと思う背景には、この街では常に大きな工事があちこちで行われ、交通が制限され、そのために渋滞などの不便がつきまとうからかもしれません。無秩序に古いものが新しいものへと変わるため、歪みがあちこちに出るわけです。
 しかし、このことからもお分かりのように、それは常に新しいものがそこに生まれている証拠なのです。
 
 我々日本人は、ともすればこうしたアメリカの姿を見過ごしてしまいます。
 整然と物事が進化するのではなく、各々がそれぞれのニーズと欲望、そして期待によって勝手に変化を続けるのです。そして、その変化に対して、公はそれに沿った法則を作り、政策を発議するのです。民間の方が官より常に先に進み、国を変えてゆくのが、この国の特徴とも言えましょう。
 

好景気に沸くニューヨークのホテルでの一幕

 さて、そうこうしているうちに、ニューヨークのホテルに到着しました。
 ホテルは、アメリカの景気の良さでごった返しており、チェックインにも長い列ができています。こちらのニュースによれば、クリスマスシーズンから年末にかけて家族旅行に出かける人は過去最高とのこと。
 
 これは、中国との摩擦などが続きながらも、アメリカの経済状態が最高潮であることを物語っています。当然、この景気が続くならば、今年の大統領選挙でトランプ大統領に追い風となるはずです。とはいえ、それを防ぎたい人が多くいることは、アメリカに来れば肌感覚で分かってきます。今回の弾劾裁判の後の審判がどうなるか、上院の中で共和党がどう反応するか。大半の人は、大統領は失職しないと言い切っています。ただ、共和党の中でどのような風波が起こるかは、興味深いものです。
 
 さて、そんな好景気に揺れるニューヨークのホテルで、幸い私はメンバーなので、チェックインの長い列に並ばなくてもよいはずだと思って安心していました。私と数人の顧客はそれを期待して、メンバーの特別ラインに並びます。ところが、いつまで経ってもその列が進まず、メンバーの人はむしろ置き去りにされているのです。
 やっと自分の番になって、フロントに問題点を指摘すると、「私は今、ランチが終わって戻って来たばかりだから、そんなこと言われてもどうしようもないわよ」という応対です。
 やれやれ、やはりニューヨークは変わらないなと思いながら、それでもチェックイン後、マネージャーを呼んで、起こった事を冷静に時間軸に沿って説明しました。
 そして、「これはホテルのサービスのためにお話ししていることだし、私のメンバーとしてのプライドのためにもお話ししていることです。特別なことをお願いしているわけではないのですよ」と丁寧に話します。そして最後に、冷静な落ち着いた言葉で「でも、これには怒りを感じました」と説明します。
 するとマネージャーは、「お客様のおっしゃることはごもっともです。我々はフロントの誰がお客様の応対をしたか、調べればすぐに分かります。ちゃんとフィードバックをしておきます。それから、この部屋に移動していただけますか」と言って、24階のスイートルームを用意してくれたのです。
 
 アメリカでは、何か起こったとき、感情的に話すより、事の経緯を冷静に描写する方がはるかに相手を動かすことができるのだということを実感しました。というのも、私はマネージャー個人を責めているのではなく、ホテルのサービスの課題を指摘しているのだ、というものの言い方が相手に伝わった方が、相手もしっかりとビジネスとして受け取って対応してくれるからなのです。
 

進化を続けていくニューヨークの街並み

 こうして、ニューヨークの夜は更けてゆきます。
 今、ニューヨークはハドソン川に面した地域の開発が進み、昔はヘルズ・キッチンと呼ばれ恐れられていた地域が、モダンなショップやビジネスセンターが立ち並ぶエリアに様変わりしているとのこと。景気の実態を調べに、その辺りを散歩しようかと思っています。
 

* * *

『心が伝わる英語の話し方』しゅわぶ 美智子 (著)心が伝わる英語の話し方』しゅわぶ 美智子 (著)
英語でコミュニケーションするということは、頭の中で日本語を英語に置き換えるだけでなく、「文化の違い」や「思考・行動システムの違い」、そして「言語構造の違い」を理解することが必要になってきます。
本書では、多文化コミュニケーションで実行すべきポイントや準備を詳細に学ぶことで、英語文化の中での表現方法や行動様式に適応する力を身に付けます。
日本文化の影響を色濃く受けている日本人が陥りやすい外国人とのコミュニケーションの問題点を、グローバルな視点で見つめ直せる一冊です。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

トランプ大統領にノーベル賞という「冗談」の裏の「真実」とは

“On Friday, Trump said Abe had nominated him for a Nobel Peace Prize with a five-page letter. Abe has been one of Trump’s most stalwart allies in the two years since he took office.”

(金曜日にトランプは、安倍が5枚の手紙で彼をノーベル平和賞に推薦すると語る。安倍はトランプが大統領に就任して以来2年間、最も熱烈な支持者であり続けている。)
― CNNより

報道にみるアメリカの分断と日本の対米追随外交

 北朝鮮との緊張緩和に協力したとして、安倍首相がトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦したという報道があったことは、記憶に新しいはずです。
 
 そこで、この情報のインパクトの大きさについて考えてみます。
 よく言われることですが、現在アメリカでは世論が二つに分断されています。
 メキシコとの国境に壁をつくり、「アメリカ・ファースト」をスローガンにするトランプ大統領を支持する人と、非難する人との間には、埋めがたい溝ができているのです。
 日本の指導者がそうしたアメリカを直視した場合、そのどちらかに味方するような行動は極めて危険です。リベラル派と呼ばれるアメリカの都市部に住む人々は、多くがトランプ氏に対して批判的です。
 ということは、安倍首相の今回の行為は、そうしたアメリカの知識人に不信感を与える行為となりかねないのです。
 アメリカの大統領との蜜月を、イニシアチブをとる外交上手な首相としてイメージ付けようというのが本音であれば、それは大きな過ちです。というのも、その行為でアメリカ人の半数が日本に対してマイナスのイメージを抱き、アメリカの世論やメディアがバイアスをもって日本を見るリスクがあるからです。
 

続きを読む

トランプには保守層への南北戦争以来の明快な答えが必要??

“Gary Langer of ABC News points out that Trump has the lowest approval rating for a president heading into his first midterms in polling dating to 1954.”

(ABCニュースのゲイリー・ランガーは、トランプ政権は1954年に中間選挙への世論調査が始まって以来、最低の支持率となったと指摘)
(New York Timesより)

我々が歴史を検証するとき、ともすれば過去に教えられた「常識」に従いがちです。
しかし、歴史上の重要なイベントは一つの常識だけでは分析できません。
そこには、常に現在にもつながる様々な矛盾や、そこから導かれる原因と結果が含まれます。
 
今回は、来月行われるアメリカの中間選挙を見据えて、その視点から150年以上前にアメリカを二つに割いた南北戦争について考えます。
 

南北戦争と「奴隷制度」

南北戦争といえば、アメリカから奴隷制度 slaveryが廃止された戦争として知られています。
それは、奴隷制度を廃止しようとしたアメリカ合衆国から離脱して独立しようとする南部諸州 Confederateと、あくまで統一したアメリカを求める合衆国政府 Unionとの間の戦争でした。
 
一般的にみれば、奴隷制度を廃止し、その人権を擁護したことが南北戦争の意義として評価されています。
しかし実際は、南北戦争によって黒人への差別が廃止されたわけではありません。むしろその後、アメリカを再度統一国家にするには、様々な矛盾を乗り越えなければなりませんでした。それは、奴隷制度を廃止して前に進もうとする社会に、多くのブレーキをかけたのです。
 
まず、再び国家が分裂しないように、南部にどう対応するかということが大きな課題となりました。南部の諸州は戒厳令下に置かれ、政府の監視の中で復興してゆきます。しかし、その一方で南部との妥協も必要でした。
その妥協の過程で、アメリカ政府は、南部諸州がジム・クロウ法 Jim Crow lawsと呼ばれる法律によって、黒人と白人とを分離させ、差別することを許容する法律を黙認します。その妥協のもとに、南部諸州はアメリカ合衆国に復帰したのです。
 
アメリカは、自由と平等を国是とする国家です。
そんなアメリカに黒人や非白人系の人々への差別が、公民権法が制定される1964年まで組織的に認められることになります。
 

南北戦争と「地方分権」

一方「自由」といえば、アメリカは独立当初から、人々が中央政府 Federal governmentに拘束されることを嫌い、それぞれの地域の政治的な自立と自由裁量を認めていました。そのため、アメリカ人の多くは、伝統的に中央政府が強くなることに警戒感を抱いてきました。この地方の自主独立の原則を盾に、南部が反抗したことが、南北戦争へとつながったのです。結果として、南北戦争後は、連邦政府が強権を発動して鎮圧した戦争となり、以後アメリカでも地方の権限より中央の権限の方が重んじられるようになったのです。そして、この地方と中央との確執は、その後ずっとアメリカの政界を左右してきました。
 
例えば、オバマ前大統領が政府主導の健康保険をといえば、それは中央の管理が強くなるということで、反対がおこります。銃規制を行おうとすれば、それは個々人、そして各地域の事情を無視し、政府だけが武器をもてる危険な状態だとして、反対運動がおこります。トランプ大統領は、そうした地方の権利を容認する政策を打ち出し、大統領に当選したといっても過言ではありません。
 
ここで、トランプ政権の支持母体について考えてみます。
彼らの多くは大都市ではなく、地方都市、農村に居住しています。
彼らこそが、伝統的に中央の影響を嫌い、銃を所持し、自らの住む地域の自立を支持する人々です。彼らは、共和党右派の支持母体です。
そもそも南北戦争の頃は、地方の権利を主張し、綿花栽培などのプランテーション経営のコストを削減するために、奴隷制度を存続させることを容認していたのは、民主党でした。そして、奴隷制度を廃止し、アメリカを国家として統率してゆこうとしていたのが、共和党だったのです。リンカーン大統領は共和党の大統領でした。
 
しかし、その後、南部との妥協や西部の開拓などによって巨大化したアメリカ社会の中で、共和党が保守化し、民主党と政策や立場が入れ替わっていったのです。
20世紀になると、民主党は労働組合などとの連携を深め、人権や人種差別の撤廃などに対して、国家が率先して改革をしてゆく立場をとってゆきます。
そして、共和党は伝統的な地方分権をよしとして、より中央政府の関与を制限し、「小さな政府」という立場を支持するようになりました。
 

新たなる「分断」の時代へ

トランプ大統領は、まもなく中間選挙の洗礼を受けなければなりません。
スキャンダルや二転三転する政権内の人事問題などで支持率が陰りながらも、好景気と北朝鮮との融和や中国への関税制裁など、独自の外交政策で人気を挽回したいというのが、彼の本音でしょう。
そして、彼が中間選挙を勝ち抜き、共和党が議会の多数派を占めることで安定した政権を維持するためには、ここで解説した共和党の支持者の心理をしっかりと把握してゆくことが必要です。南北戦争以来の、保守系の人々の民意の揺れ動きに同情してゆくことが必要です。
 
地方分権を支持する人々は、大きな権力を持つ中央政府と同じように、大きな影響力を持つ国際的な大企業を嫌います。
グーグルアップルといった企業が移民政策を巡って、トランプ大統領と対立する構図は、それを際立たせることで、保守的な有権者への有効なアピールとなるはずです。
 
ただ、南北戦争の頃と同様に、現在のアメリカは、この共和党保守層と民主党系の人々との確執が、論争の域をこえて感情的なものへと変化しつつあります。
お互いに相手方を敵視し、議論の余地もなくなるほど対立が激化しています。
現在は、南部と北部との分断ではなく、この世論の分断が大きな社会不安になろうとしているのです。中間選挙はそうした緊張の中で、その結果が注目されているのです。
 

* * *

あの名演説からアメリカを学ぼう!

『I Have a Dream!』マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (著者)、山久瀬洋二 (翻訳・解説)I Have a Dream!』マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (著者)、山久瀬洋二 (翻訳・解説)
「I have a dream.」のフレーズで有名なこの演説は、20世紀最高のものであるとの呼び声高い。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの肉声で聞き、公民権運動のみならず、現在のアメリカに脈々と受け継がれている彼のスピリット、そして現在のアメリカのビジネスマネジメントの原点を学ぼう。山久瀬洋二による詳細な解説つきで、当時の時代背景、そして現代への歴史の流れ、アメリカ人の歴史観や考え方がよく分かる1冊。
* アメリカ人が最も愛するスピーチを対訳で展開
* スピーチの「歴史背景」と使われている「英語表現」の意味を徹底的に解説!
* 特別付録:「アメリカ独立宣言」全文対訳
* ワードリスト付きだからストレスフリーで読み通せる

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ