カテゴリー別アーカイブ: 英語力より大事なコミュニケーションのノウハウ

山久瀬洋二の「文法や発音より大事な 英語コミュニケーション講座」
コミュニケーションとは、表情、ジェスチャー、そして言葉遣いのコツなどを駆使して、相手との信頼関係を構築し、意思疎通をすることを意味します。発音よりも、スペルよりも、文法よりもコミュニケーションのノウハウが重要。それなしには、どんなに英語を話せても、相手とうまく交流はできません。
過去の記事は「英語コミュニケーション講座」目次からどうぞ。

組織とリーダーシップの取り方への意識変革にさらされる日本企業の未来とは

leadership

“The global economy requires a new set of leadership skills-imbued with a global mindset, multi-functional and effective across cultures and nationalities-that were not as critical even a decade ago.”

(世界経済は、地球規模の意識によりそい、文化や国境を越え、あらゆる状況で機能でき効果的に活動できる、10年前ですら求められなかった新たなリーダーシップを必要としている)
Nicholas Brealey社刊行『What is Global Leadership?』より

前回(2018年1月9日号)、コア・コンピタンス(Core Competence)の新たなあり方に日本企業が晒されている状況を、自動車業界を例にとって解説しました。

今回は、さらにこの問題を「系列」という日本企業のピラミッド構造を見つめながら掘り下げたいと思います。
日本の大企業は、長年下請けのピラミッドに支えられてきました。
自動車業界を例にとると 1st tier から 3rd tire さらにはその下に至る下請けの重層構造の上に大手と呼ばれるメイカーが君臨しています。
そして、エンジンの製造者やブレーキの部品製造者などの大型の下請け企業の規模は、ともすれば自動車を販売する会社よりも大きい場合もあるほどです。

これは、単に自動車業界に限ったことではありません。全盛期の家電業界をはじめ、ありとあらゆる製造業がこの構造に支えられてきました。この下請けに支えられる重層構造を系列とよび、世界の人々はその言葉をそのまま “Keiretsu” と呼んできたことはよく知られた事実です。日本企業でのリーダーシップはこの縦社会でいかに舵をとるかというノウハウそのものだったのです。
バブルの頃、この Keiretsu こそが日本企業のパワーであると多くの人は思っていました。ところが、バブルがはじけ、日本企業が苦境にさらされると、海外の人はこの Keiretsu の閉鎖的な構造が、日本の経済力を世界から孤立させているのだと批判しました。そして、その頃から国際企業でのリーダーシップの取り方そのものが変化をはじめました。
日本企業にとってみれば、ある意味で Keiretsu は便利のよいものでもあったのです。長年の付き合いの中で、かなりの仕事が ”阿吽の呼吸” でできたのです。「いつものようにお願いします」といえば、相手は即座に対応でき、「このあたりを去年のモデルより滑らかに」といえば、過去から累積された経験に基づいて、下請けはメイカーが満足する部品を即座に調整してもくれました。
ところが、IT技術の進歩によって、このピラミッド型の構造だけに頼っていては物事が進まなくなりました。ITの業界ではシリコンバレー( Silicon Valley )を中心に多くの企業がM&A( merger and acquisition )を重ね成長しました。そして、製造業の多くはこれら巨大化した新たな企業の技術を取り入れてゆかなければならなくなったのです。
もともと日本のような強力な下請けの絆のなかった海外の企業は、部品の調達や技術の移管をフラットなネットワークの構築によってまかなってきました。自動車業界でいうならば、例えばフォード( Ford Motor )は世界中から部品を調達し、部品の製造者は常に価格や技術の競争を通して、自らを売り込んできました。
一方、日本の企業は海外に進出する場合でも下請けに助力してもらいました。また、海外に進出したときも、常に本社が主導して海外の拠点を自らのピラミッドの中に取り込んでゆきました。日本から常に管理者を送り込み、日本のやり方を現地に移植することが、海外との付き合い方であると考えてきました。
そんな日本企業が、IT技術など先端のテクノロジーを導入するために、M&Aや世界とネットワークして成長した海外の企業と付き合い始めたとき、状況が一転したのです。
点と点とを繋ぎながら、フラットで交錯した組織構造をもって成長した海外の企業と、縦社会のシンプルなピラミッドに頼ってきた日本企業との発想の違いが、様々な摩擦を生み出したのです。フラットで世界に拡散する新たなネットワークに対して、いわゆるプロアクティブ( proactive )で、インタラクティブ( interactive )なリーダーシップを発揮するノウハウを日本企業は育てていなかったのです。
例えば、日本企業が海外に発注した商品が、その企業のM&Aによって、それを生産する部門がいきなり売却されたために、部品調達そのものの機会が消滅することもありました。
開発がいきなりストップしたり、納期が大幅に遅れたりということも日常茶飯事となりました。そして、こうした課題が顕在化したときに、それを解決してくれる人的組織的ネットワークを海外に有することもできないまま、グローバル経済の変動に翻弄されることが日常となったのです。
得てして海外の企業はマトリックス型の組織で運営されます。日本語に訳せば交錯型組織とでもいうのでしょうか。
この組織構造では、レポートラインや製造開発のラインが上に向かって一直線に伸びるのではなく、例えば財務上の決裁は香港で行い、人事はシンガポール、そして開発の責任はその製品ごとに最も優秀な組織が存在する世界各地に点在といったように、組織の指示系統やレポートライン( reporting line )が複雑に交錯しているのです。日本企業は下請けも含めて、こうした企業構造をハンドルできないままに翻弄されるのです。
さらに、日本企業はピラミッド型の重層構造が厚くなればなるほど、カジュアルにネットワークする海外の企業と比較すると決裁(decision making)にも時間がかかり、様々な根回しを経てやっとGOサインがでたときは、海外の企業はそのプロジェクトそのものに対してとっくに興味を失っているということがしょっちゅう起きるのです。
今、日本企業はこうしたグローバル企業のネットワークや、新規ビジネスを生み出すフラットな組織構造への対応を迫られているのです。1st tier の下請けの持つ重層な組織が、こうした情報のメイカーへの伝達の阻害要因になっていることも考えてゆかなければならないのです。
より早い情報の入手と、その情報への対応、そしてそこからいかに迅速に舵をきることのできる柔軟な組織を創造できるか。これを怠るとき、日本企業の将来は暗雲に覆われるのです。

* * *

ビジネスシーンの英語コミュミケーションに悩む、すべての人に!

『エグゼクティブ・コーチング~誤解される日本人~』山久瀬洋二エグゼクティブ・コーチング~誤解される日本人~
山久瀬洋二 (著者)
IBCパブリッシング刊
*TOEIC では高スコアを取っていても、実際のビジネスの場では役に立たないという人が多いといわれます。それは TOIEC で高得点を取る技能に走って、最も大切な異文化コミュニケーション力を培っていないからです。異文化コミュニケーションの本質を習得できれば、中学英語と、そこに自らの仕事に関する専門用語を加えるだけで自分の意思を理解してもらえます。本書では、日本人の思考やビジネス文化に基づいて英訳することで生じる誤解などを解説し、文化の異なる相手と交流するスキルを伝授します。

外国人とビジネスをするためのテクニックを学ぶなら

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊
*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

ノンバーバル「非言語」と異文化の誤解について理解しよう

“Non-Japanese people want to create meaningful relationships,
but they cannot do so if you do not help them.”

(日本人だけではなく、我々も意義ある人間関係を造ろうとしているんだけど、色々と教えてくれないと無理なのです)
これはある外国人の日本人へのコメントです。

異文化の罠につかまると、善意が誤解の連鎖に変わってしまう

仕事で海外の人と一緒に活動するとき、「なんでこんな反応をするんだろう」と、外国人に対して不信感をいだいたことはありませんか?
実は、その原因の一つは日本人側にあることに気づいていない人が意外と多くいるのです。
もちろん外国の人は意義ある人間関係を構築しようとしています。
しかし、日本人が助力しないかぎりその達成は不可能というわけです。
英語ができるということと、外国人とうまくコミュニケーションができ、ビジネスができるということは、必ずしも一致しないのです。
その言語の、相手に合った使いかた、そして言語の他に必要なコミュニケーションの方法を知らない限り、海外の人とうまくビジネスをすることはできないのです。

相手に合った言語の使い方とは、

1) 聞き方と喋り方、あるいは書き方
2) 相手の頭の中に入るような情報の出し方
3) プレゼンテーションやフィードバックのノウハウ

などを意味します。

そして、ここで言葉以外のもの、つまりNon-Verbal(非言語)とは何かについて考えてみましょう。

非言語とは、

1) ジェスチャーや表情
2) 言いたいことの表明の仕方
3) 相手とのやりとりのテクニック

のことです。

まず、言語以外のコミュニケーションについて触れてみます。1)ジェスチャーや表情とは、正に文字通り、どのような手振り身振りをすれば相手に自分の言いたいことが伝わりやすくなるのかであり、笑みや深刻な顔を使い分けることによって相手との言葉のキャッチボールを少しでもスムーズにすることを意味します。
2)言いたいことの表明の仕方とは、いつどのような形で自らの主張を切り出し、合意を求めるかという、プレゼンテーションのテクニックです。
3)相手とのやりとりのテクニックとは、相手にどういう方法でメッセージを伝えるか、わからないことをどのようなタイミングで質問するかという、相手とのコミュニケーションを促進する上での目に見えないノウハウです。
 
この3つの要素をしっかりと理解した場合、たとえ語彙力などが充分でない人でも、相手との信頼関係を構築でき、ビジネスでの交渉も、英語が上手くてもこれらの要素を満たしていない人よりも上手く進めることができるのです。もし、聞き取り能力が不安な人でも、その不安をかなり解消することができるのです。
 
そして、こうしたノウハウの習得のためには、まず「異文化」とは何かということを理解することからはじめなければなりません。

常識や判断が通じない異文化環境について理解しよう

まず、以下のコメントについて考えましょう。

Japanese people are used to living in a monoculture. This has deprived them of the need to explain individual differences in thought in order to understand each other.

(日本人は、単一文化の中で生活することに慣れてきました。これは、人と人とが意見の違いがあるときに、それをちゃんと説明しお互いに理解する必要性を疎外してきたのです)
 
これは、多くの外国人が日本人に対して指摘していることです。
この言葉は、グローバルな環境では、日本人がついつい言外に意味を含ませて相手に伝えようとする「阿吽(あうん)の呼吸」での意思疎通は通用せず、いかにしっかりと言いたいことの内容を説明することが大切かということを意味しています。そして彼らはこう説明します。

In this multicultural community called earth there is no value in vagueness as individuals from various backgrounds seek business and social opportunities together.

(この地球という多様な文化が共存する社会では、様々な文化背景をもった人々が一緒にビジネスやお互いの社会的な利益を追求するとき、曖昧模糊とした表現は通用しないのです)
 
まず知っておきたいことは、異文化環境では、今まで自分が正しいと思ってきた常識や判断が通用せず、時には裏目に出ることもあるということです。それが、「異文化」という環境の特徴なのです。
しかも、自らの常識に従った行動は、あまりにも日常的なことなので、多くの場合無意識になされ、それが故にまさか相手が全く異なった受け取り方をしているということにも気づくことなく、誤解が深刻になっていく可能性があることを知っておく必要があります。
これが異文化間のコミュニケーションで発生する悪循環なのです。

* * *

ビジネスシーンの英語コミュミケーションに悩む、すべての人に!

『エグゼクティブ・コーチング』エグゼクティブ・コーチング
山久瀬洋二・著
IBCパブリッシング刊

TOEIC では高スコアを取っていても、実際のビジネスの場では役に立たないという人が多いと言われる。それは最も大切な異文化コミュニケーション力を培っていないから。文化の異なる相手と交流するスキルを伝授!

外国人とビジネスをするためのテクニックを学ぶなら

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊
*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

海外の人と仕事を進めるノウハウについて

“Intercultural communication is used to describe the wide range of communication processes and problems that naturally appear within an organization or social context made up of individuals from different religious, social, ethnic, and educational backgrounds.”

(異文化コミュニケーションは、異なる宗教や社会、民族、そして教育環境が生み出す課題やコミュニケーションのプロセスを幅広い視野でとらえて使用される言葉である。)
ウィキペディアより

世界のビジネス文化の多様性と意識の違い

「海外の人とどう働くか」というテーマを考えるとき、まず海外の人が日本人と仕事をするにあたって、「どのような点に不満を持っているか」を知っておく必要があります。
 
今まで内外を含め、4000人の企業エグゼクティブに対して、いかに日本人が海外で仕事をし、海外の人がいかに日本人と業務を共にするかというノウハウについて研修をしてきました。
その中で、海外の人が口を揃えて語るのが、「日本人と情報を共有することの難しさ」でした。しかし、このことを日本人側に伝えると、「十分に説明してあるのにどうしてだろう」と首を傾げます。
 
一方、日本人は海外の人に対して、「品質管理が雑で、物事の締め切りを守らない」と不満を言います。完璧な準備を求め、その上で仕事を進めたがる日本人からしてみると、まず動きながら調整をして仕事を進めようとする海外の人のビジネス文化に馴染めないのです。
一口に海外といっても、アジア諸国もあれば欧米もあり、そのビジネス文化は多様です。日本人が知っておかなければならないことは、”日本人の仕事のやり方も、その多様なビジネス文化の一つに過ぎない” という事実です。日本だけが特別でもなければ、仕事への取り組み方が秀でているわけではないのです。

ビジネスで世界に通じる2つのコミュニケーションのノウハウ

ここで、考えたいのは二つの異なる方策です。
一つは、「海外の人を ”海外から” ということで特別に意識するのではなく、同僚として仲間に受け入れてゆく」ことです。つまり、このことは日本人だけの機微の問題だからといって海外の人に情報を選んで伝えることは控えたいのです。情報をうまく共有するには、主観ではなく、客観的にその情報の背景やロジックを説明する必要があります。阿吽の呼吸ではなく、できるだけ詳細に理由や状況を伝える必要があるのです。
 
そしてもう一つは、「海外の人の文化背景や、ビジネスコミュニケーションの方法への理解と尊重の精神を養う」ことです。つまり、最初に日本の事情をオープンに共有し、日本の職場で「ガイジン」として相手を分け隔てるのではなく、同時に、海外から来た人の背景を尊重するという二つの異なるアプローチを共有させることが必要なのです。

文化の違いを補う確認方法

先にも触れましたが、ビジネス文化は、欧米とアジアでは著しく異なります。また、欧米でも、一例を挙げれば、ドイツとアメリカとでは水と油といってもいいほど、コミュニケーションの方法が異なります。
であれば、海外の人とうまくコミュニケーションをして、ビジネスを進めてゆくための方程式は存在しないのです。
 
ただ、一般的にみて、日本人は海外の人よりも詳細な質問や確認を相手にすることを遠慮しがちです。異文化環境では、相手と理解し合っているかを積極的に確認しない限り、誤解が累積するのです。また、仕事の途中で、うまく進んでいるかどうかを、具体的に伝え合うフィードバックを怠りがちです。日本語環境でのコミュニケーションスタイルは、英語に比べると、自らの意図を間接的に相手に伝え、一をいうことで十を理解してもらおうとしがちです。これが情報共有の不足へと繋がってゆくのです。
つまり、相手のコミュニケーションスタイルにいかに対応するかを、その人が所属する文化への理解を深めながらノウハウとして蓄積してゆかなければならないのです。その上で、日本人のコミュニケーションの方法を相手と共有しなければならないのです。
 
問題は、日本人が自らの文化について、それがあまりにも日常的なことなので、客観的に理解し、説明できないことです。
そのためには、彼らから積極的にフィードバックを受けることも必要です。彼らがどのように我々のことを思っているか、満足しているのか、あるいは誤解していないのか、常に言葉で確認するのです。この「言葉」で確認するという行為を繰り返すことで、お互いの意思疎通が促進されます。
 
異文化環境では、こちらが「おかしいな」と思っているときは、相手も疑問に思ったり不快に感じたりしているはずです。お互いにしっかり仕事をしてよい結果をだそうとしながら、コミュニケーション文化の違いに気付かないために誤解が拡大するのです。
オープンに意見を交換する中で、試行錯誤を繰り返し、双方が歩み寄るフェアな環境を創造する必要があるのです。
 

* * *

外国人とビジネスをするためのテクニックを学ぶなら

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊

*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

ビジネスシーンの英語コミュミケーションに悩む、すべての人に!

『エグゼクティブ・コーチング~誤解される日本人~』山久瀬洋二エグゼクティブ・コーチング~誤解される日本人~
山久瀬洋二 (著者)
IBCパブリッシング刊

*TOEIC では高スコアを取っていても、実際のビジネスの場では役に立たないという人が多いといわれます。それは TOIEC で高得点を取る技能に走って、最も大切な異文化コミュニケーション力を培っていないからです。異文化コミュニケーションの本質を習得できれば、中学英語と、そこに自らの仕事に関する専門用語を加えるだけで自分の意思を理解してもらえます。本書では、日本人の思考やビジネス文化に基づいて英訳することで生じる誤解などを解説し、文化の異なる相手と交流するスキルを伝授します。

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

ビジネスでもちょっとした会話を楽しもう

Maeda from Japan is now at the plate pitching for the Dodgers.

(日本の前田が今ドジャースの投手としてマウンドにあがったよ)友人のメールより

 

今日、アメリカのワールドシリーズで、前田健太投手は3ランホームランの洗礼を浴びてしまいました。ワールドシリーズは一進一退の壮絶なゲームが続いています。
ここに紹介したのは、アメリカの友人からの短いメールです。彼とはここ6年間、様々な仕事を一緒にしています。
彼はロサンゼルスの郊外に住んでいます。普段はそれほど野球には興味がないのですが、さすがに地元の球団がワールドシリーズに出るとなるとその成り行きが気になるようです。
日本時間の朝10時に彼とスカイプで話をしました。
ロサンゼルスは午後6時です。この時間の場合、彼は通常は赤ワインをいれたグラスを手に、カメラの前に出てくるのですが、今日は普通のコップをもっています。

 

「どうしたんだい。ワインは飲まないのかい」と聞くと、
「今日はアイスティだよ。特に理由はないけどね」と応じます。
仕事の話を10分ほどした後、これからワールドシリーズを見るんだと言ったのです。
「それなら、きっと日本人の投手が出るはずだ。注意して見るんだよ」というと、
「わかった。そいつはドジャースだな」と念をおします。
「もちろんさ。Enjoy!」といってスカイプを終えたのです。
それから1時間半以上経過。
コンピュータに向かって仕事をしていると、このメールが飛び込んできたのです。

 

そして午後、遅い昼食をとコンビニで買ったサンドイッチをかじりながら、LA Timesのサイトを開くと、

 

Astros are one win from World Series title after outslugging Dodgers 13-12 in game 5

という見出しが飛び込んできたのです。

 

新聞のヘッドラインは、限られたワード数の中にニュースの緊迫感や臨場感を盛り込まなければなりません。この見出しは、そうした意味では珠玉の見出しです。ワールドシリーズまで勝ち残った2つのチーム。片方はヒューストン・アストロズ、そしてもう一方がロサンゼルス・ドジャースです。第5戦目、勝った方が王手をかける大切な試合でした。

 

outslugging という言葉に注目です。なかなか素敵な単語です。 slug は動詞でお互いに譲らず徹底的に戦うことを意味する単語です。そして同時に、玉などを強打するという意味でも使われます。その前に out がついているわけですから、まさにとことん戦って競り勝ったことを意味しているのです。

 

残念ながら、前田はホームランを打たれ、その後も乱打戦が続いた後、アストロズが13対12で延長戦を制したのです。ワールドシリーズのチャンピオンのタイトルまで、アストロズはあと1勝というわけです。

 

ところで、海外の人と英語で話をする時に、どんな話題を話せばよいか困っている人が多いと聞きます。たとえビジネスでの会話でも、スモールトークといって、このように仕事の話に入る前や後などに、世間話をするのも、海外の人と仕事をする上での大切なルールです。

 

今日は、そんな話題に最も適したニュースが転がっていたのです。そして、そんな会話と共に、ビジネスの打合せを済ませ、スカイプを終えた後に、この一行のメールが私のところに届いたというわけです。なんと気の利いたメッセージでしょうか。仕事を超えた人間関係を作ってゆく潤滑油のような一行メールというわけです。

 

海外とのコミュニケーション。それはやはり人と人との信頼関係を造ってゆくものでなければなりません。ジョークを飛ばす英語力がなくても、こうした一行メールを交わしながら、楽しく仕事ができれば最高です。

 

I hope Dodgers will survive with good pitch of Maeda in next game.

 

とこれから彼に返信をして、帰宅します。

山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」・目次へ

* * *

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊

*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

英語コミュニケーション講座・最終回

【最終回】フィードバックのスキル(6): テーマを絞って、そして自主性を尊重して

まず以下の例文を読んでください。これは、実際に日系企業でおきたケースです。

デリバリーの遅れで顧客を怒らせてしまったクレイグが依頼していた提案書をもってきたときの会話です。田中さんはクレイグによるデリバーの遅れで顧客が怒ったことが不満で、提案書どころではありません。

Craig: Here’s my proposal, let’s do&#8230

(これが私の提案です。是非—)

Tanaka: Well, what you propose is quite a bit different from what I had expected.

(うーむ。君が提案は、考えていたものとかなり違うようだが)

Craig: Take a look at this chart&#8230

(このチャートを見てください)

Tanaka: But last time your delivery was late.

(でも、この前、君はデリバーを遅らせてしまった)

Craig: I apologize for that, but the delivery instructions were unclear.

(そのことは謝ります。しかし、デリバーの指示が明解ではなかったので)

Tanaka: You need to consider my client.

(もっと顧客のことを考えなければ)

Craig: Okay, I’ll do my best to see that it doesn’t happen again. So back to what I was saying&#8230

(わかりました。こうしたことが起きないようベストをつくします。それで、この提案のことですが)

Tanaka: Well, let me think about it.

(そうね。ちょっと考えさせてくれないか)

続きを読む