カテゴリー別アーカイブ: 英語力より大事なコミュニケーションのノウハウ

山久瀬洋二の「文法や発音より大事な 英語コミュニケーション講座」
コミュニケーションとは、表情、ジェスチャー、そして言葉遣いのコツなどを駆使して、相手との信頼関係を構築し、意思疎通をすることを意味します。発音よりも、スペルよりも、文法よりもコミュニケーションのノウハウが重要。それなしには、どんなに英語を話せても、相手とうまく交流はできません。
過去の記事は「英語コミュニケーション講座」目次からどうぞ。

ビジネスでもちょっとした会話を楽しもう

Maeda from Japan is now at the plate pitching for the Dodgers.

(日本の前田が今ドジャースの投手としてマウンドにあがったよ)友人のメールより

 

今日、アメリカのワールドシリーズで、前田健太投手は3ランホームランの洗礼を浴びてしまいました。ワールドシリーズは一進一退の壮絶なゲームが続いています。
ここに紹介したのは、アメリカの友人からの短いメールです。彼とはここ6年間、様々な仕事を一緒にしています。
彼はロサンゼルスの郊外に住んでいます。普段はそれほど野球には興味がないのですが、さすがに地元の球団がワールドシリーズに出るとなるとその成り行きが気になるようです。
日本時間の朝10時に彼とスカイプで話をしました。
ロサンゼルスは午後6時です。この時間の場合、彼は通常は赤ワインをいれたグラスを手に、カメラの前に出てくるのですが、今日は普通のコップをもっています。

 

「どうしたんだい。ワインは飲まないのかい」と聞くと、
「今日はアイスティだよ。特に理由はないけどね」と応じます。
仕事の話を10分ほどした後、これからワールドシリーズを見るんだと言ったのです。
「それなら、きっと日本人の投手が出るはずだ。注意して見るんだよ」というと、
「わかった。そいつはドジャースだな」と念をおします。
「もちろんさ。Enjoy!」といってスカイプを終えたのです。
それから1時間半以上経過。
コンピュータに向かって仕事をしていると、このメールが飛び込んできたのです。

 

そして午後、遅い昼食をとコンビニで買ったサンドイッチをかじりながら、LA Timesのサイトを開くと、

 

Astros are one win from World Series title after outslugging Dodgers 13-12 in game 5

という見出しが飛び込んできたのです。

 

新聞のヘッドラインは、限られたワード数の中にニュースの緊迫感や臨場感を盛り込まなければなりません。この見出しは、そうした意味では珠玉の見出しです。ワールドシリーズまで勝ち残った2つのチーム。片方はヒューストン・アストロズ、そしてもう一方がロサンゼルス・ドジャースです。第5戦目、勝った方が王手をかける大切な試合でした。

 

outslugging という言葉に注目です。なかなか素敵な単語です。 slug は動詞でお互いに譲らず徹底的に戦うことを意味する単語です。そして同時に、玉などを強打するという意味でも使われます。その前に out がついているわけですから、まさにとことん戦って競り勝ったことを意味しているのです。

 

残念ながら、前田はホームランを打たれ、その後も乱打戦が続いた後、アストロズが13対12で延長戦を制したのです。ワールドシリーズのチャンピオンのタイトルまで、アストロズはあと1勝というわけです。

 

ところで、海外の人と英語で話をする時に、どんな話題を話せばよいか困っている人が多いと聞きます。たとえビジネスでの会話でも、スモールトークといって、このように仕事の話に入る前や後などに、世間話をするのも、海外の人と仕事をする上での大切なルールです。

 

今日は、そんな話題に最も適したニュースが転がっていたのです。そして、そんな会話と共に、ビジネスの打合せを済ませ、スカイプを終えた後に、この一行のメールが私のところに届いたというわけです。なんと気の利いたメッセージでしょうか。仕事を超えた人間関係を作ってゆく潤滑油のような一行メールというわけです。

 

海外とのコミュニケーション。それはやはり人と人との信頼関係を造ってゆくものでなければなりません。ジョークを飛ばす英語力がなくても、こうした一行メールを交わしながら、楽しく仕事ができれば最高です。

 

I hope Dodgers will survive with good pitch of Maeda in next game.

 

とこれから彼に返信をして、帰宅します。

山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」・目次へ

* * *

『異文化摩擦を解消する英語ビジネスコミュニケーション術』山久瀬洋二異文化摩擦を解消する
英語ビジネスコミュニケーション術

山久瀬洋二、アンセル・シンプソン (共著)
IBCパブリッシング刊

*山久瀬洋二の「英語コミュニケーション講座」の原稿は本書からまとめています。文法や発音よりも大切な、相手の心をつかむコミュニケーション法を伝授! アメリカ人のこころを動かす殺し文句32付き!

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ

英語コミュニケーション講座・最終回

【最終回】フィードバックのスキル(6): テーマを絞って、そして自主性を尊重して

まず以下の例文を読んでください。これは、実際に日系企業でおきたケースです。

デリバリーの遅れで顧客を怒らせてしまったクレイグが依頼していた提案書をもってきたときの会話です。田中さんはクレイグによるデリバーの遅れで顧客が怒ったことが不満で、提案書どころではありません。

Craig: Here’s my proposal, let’s do&#8230

(これが私の提案です。是非—)

Tanaka: Well, what you propose is quite a bit different from what I had expected.

(うーむ。君が提案は、考えていたものとかなり違うようだが)

Craig: Take a look at this chart&#8230

(このチャートを見てください)

Tanaka: But last time your delivery was late.

(でも、この前、君はデリバーを遅らせてしまった)

Craig: I apologize for that, but the delivery instructions were unclear.

(そのことは謝ります。しかし、デリバーの指示が明解ではなかったので)

Tanaka: You need to consider my client.

(もっと顧客のことを考えなければ)

Craig: Okay, I’ll do my best to see that it doesn’t happen again. So back to what I was saying&#8230

(わかりました。こうしたことが起きないようベストをつくします。それで、この提案のことですが)

Tanaka: Well, let me think about it.

(そうね。ちょっと考えさせてくれないか)

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その27

フィードバックのスキル(5): ポジティブな雰囲気作りに取り組もう

フィードバックを行う上での、最大の難関は、フィードバックを受ける側も地位や背景にこだわらずどんどん反論してくる可能性があるということです。
彼らは自らの立場、そして考え方に従って、堂々と説明をしたり反論したりすることは当然のことだと意識しています。従って、フィードバックを与える側のロジックが破綻した場合、気まずい状況になることも当然ありうるのです。

こうしたことを防ぐために最も効果的な一言、それが

Misunderstanding (誤解)

なのです。

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その26

フィードバックのスキル(4): フィードバックは対等な立場でじっくりと

ここで日本人が陥りやすい罠を紹介します。あるアメリカにある日本支社でのことです。
その支社に部品を納品している中国のサプライヤーの品質のことで、部下が上司に文句をいいにきました。頼んでいた色よりも、多少薄い色彩のまま納品されたのです。
しかし、上司からしてみれば、部下が最初から密に先方とコンタクトをとって、品質チェックを行っていたのかという課題が、そこにありました。

上司は以下のようにフィードバックしました。

You shouldn’t complain so much. You must have responsible for this issue, too.
(そんなに文句ばかりいうのではないよ。君にも責任の一端はあるじゃないか)

これに対して、部下は大変憤慨します。自分は文句をいっているのではなく、この品質管理向上のために意見を言っているのに何が問題なのだと。
この部下の態度に上司は憮然として、

No. You have to contact them many times before it happens.
(ちがうよ。この問題がおきるまえに、もっと相手にコンタクトをしなければだめじゃないか)

すると部下は、さらに不満そうな顔をして、上司の前を立ち去ったのでした。

さて、ここにどのような問題があったのでしょうか。

続きを読む

英語コミュニケーション講座・その25

フィードバックのスキル(3): ビジネス上でのフィードバック

忙しい毎日、ついつい前回から時間が経過してしまいました。
今回は、ビジネス上でのフィードバックについて語ります。

ポイントは、

1)その場で直接本人にメッセージを伝えること。
2)良かったこと、不満足なことを具体的に伝えること。
3)次のステップにつなげるように、建設的に話をすること。

です。

欧米では、特に問題点を指摘する場合でも、まず相手のやったことで良かったことを話し、そこで改善点を話し合い、さらに向上するように合意してゆくという手法をよく使います。

続きを読む