タグ別アーカイブ: 中国

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

極東の新たな火種。香港版天安門事件への導火線

【海外ニュース】

Pro-democracy protesters have been clashing with riot police Hong Kong, defying calls by the authorities to halt their “illegal” action.
(BBCより)

香港で、違法な行動だとする警告を無視した民主化運動のデモ隊が、ついに機動隊と衝突

【ニュース解説】

今、日本の周囲に気になるさざ波が立っていることに、どれだけの人が気付いているでしょうか。
香港で、選挙制度の改革により、行政長官 Chief Executive に事実上中国よりの人物のみが選出されることになる事態に人々が抗議し、それが民主化運動の大きなうねりになろうとしているのです。
ちなみに、ヘッドラインにある riot police とは、いわゆる機動隊のことになります。1997年に香港がイギリスから中国に変換されて以来、従来の資本主義制度と民主制度を維持し、一国二制度を貫いてきた香港でおきた今回のデモが、中国の対香港政策の転換点になるのかどうか、今注目を集めているのです。

学生の抗議行動には市民も合流し、新しい選挙制度の撤回を求め、行政庁での座り込みを続けます。それに対し、機動隊は催涙スプレー pepper spray などを使用し、70名以上を逮捕したということです。抗議行動に参加した人は5万人を超えているのではないかと言われています。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

紙面に露になる矛盾に揺れる中国の苦悩

【海外ニュース】

1)China can help set dynamic global agenda
中国は日々変化するグローバルな課題の設定に寄与する用意がある

2)China wants objective media reports on terror
中国はテロの脅威にメデイアが客観的であってほしいと要望

3)China urges impartiality for US newspaper on Diaoyu Islands
アメリカメディアに魚釣島に関する公平な扱いを要求

4)China Phases out organs from executed prisoners
中国は処刑された囚人から臓器移植を削減してゆく予定

5)Beijing cuts new car plates by 90,000 for 2014
北京は 2014年までに車のナンバープレートの発行を9万件削減する予定

(いずれも China News より)

【ニュース解説】

11月6日に、天安門前での乗用車が炎上した事件に続き、山西省の共産党省委員会のビルの前でも爆発事件がおきました。党中央委員会第3回全体会議 (3中全会) という重要な会議の開幕を9日に控える中国。指導部にとって、開幕直前におきたこうした事件は、貧富の差や、少数民族への差別、地方での土地の強制的な接収、賄賂の横行などへの国民の不満が露呈した事件として深刻に捉えられているはずです。そこで今回は、思い切って、5つのヘッドラインを中国の英字新聞から取り上げて、今の中国でおきていることを俯瞰してみたいと思います。同じ日に掲載された記事を比較すれば、現在の中国の苦悩と不安が浮き彫りにされてくるからです。

「習近平は重く腰を据えたままなかなか行動しませんね」
最近ある台湾のジャーナリストにこのように質問したとき、
「いえね。動かないのではなく、じっと機会を伺っているか、それとも動けない状況にあるのか、どちらかなのですよ」
 とその人は答えてくれました。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

アメリカのビジネス文化では異例! Appleの謝罪

【海外ニュース】

Apple CEO Tim Cook’s apology may defuse an aggressive campaign against Apple by China’s state media, but it has left questions for the company’s followers and customers.(CNN より)

アップルの CEO ティム・クックが謝罪したことは中国の政府系メディアのアップルへの激しい批判キャンペーンを鎮めるかもしれない。しかし、このことはアップルのファンや顧客にいくつかの疑問をなげかけた

【ニュース解説】

Apple の CEO の Tim Cook (ティム・クック) が、中国のユーザーに同社のサービスの不備について謝罪したニュースは、日本でも大きく取り上げられました。
事の起こりは、中国での Apple 製品の保証期間の対応が、アメリカなどと比較して充分ではないことに対し、中国の消費者を援護するキャンペーンを中国の政府系のメディアが積極的に展開したことでした。
事態の背景には、最近のアメリカが行った中国のサイバー攻撃に対する批判などへの、中国側の報復もあるのではないかという憶測もささやかれます。

続きを読む

海外ニュースの英語と文化背景・時事解説

アメリカ視点「バランスか、改革かに揺れる習近平」

【海外ニュース】

New Communist Party Chief in China Denounces Corruption in Speech
(ニューヨークタイムズ紙より)

新たな中国共産党指導者が、賄賂の横行を厳しく非難する演説を

【ニュース解説】

英字紙が共産主義政権を取り上げるとき、その制度について、定番の表現があります。例えば、Communist Party (共産党) もそうですが、そこのトップは President ではなく、elite Politburo と表現しています。習近平氏のことです。それは、ソ連時代の党中大委員会代表からきた表現。もちろん書記長は secretary-general です。
ところで、何故習近平は改めて、共産党内部の賄賂の問題を取り上げたのか。
このニュ-ヨークタイムズの記事の背景は、意外なところにありました。

続きを読む