海外ニュースの英語と文化現象解説

「海外ニュースの英語と文化背景・時事解説」目次


今話題の海外ニュースから旬な英語表現をピックアップ。グローバルな視点で文化背景、歴史、時事などを解説。

  1. 民族の独立の背景にある国際政治の課題とは
  2. 北朝鮮との外交問題をビジネス的に考えれば
  3. アメリカ人の意識を色濃く受け継ぐデモインというところ
  4. 未来志向でリスクをとれる企業経営とは
  5. イギリスとスコットランドをめぐる1000年の「縁」
  6. 北朝鮮を巡る国連安全保障理事会での駆け引きの奥にある本音とは
  7. 円熟した社会が「ベーシックインカム」制度を導入するには
  8. テロを憎みつつ、そこに至った縺れた糸を振り返ろう
  9. 核拡散の脅威が現実となった北朝鮮問題
  10. 英語がアメリカの公用語ではないという事実から学ぶこととは
  11. 日本を朝鮮半島のような分断から救った「ポツダム宣言」
  12. G20 で浮き彫りになったトランプ政権の亀裂とは
  13. いまだに世界からの人材を育成できない日本企業の課題とは
  14. 海外での話題についていこう
  15. 「少年少女と酒場?」その背景にある価値観とは
  16. アメリカとメキシコが対立する本音とは
  17. アメリカ点描 — Uber と Ethnic、そしてトランプのパリ協定離脱
  18. 移民パワーを知らずしてアメリカは語れない。イランの大統領選挙を注目する理由は?
  19. フランスの大統領選挙が語ること
  20. 朝鮮半島の緊張の中、アメリカも北朝鮮も、冷戦の論理が通用するか
  21. シリアで人々が苦しむとき、国際政治は暗躍する
  22. カルロス・ゴーンと日産の図式からみる日本企業の今後の課題
  23. キリスト教社会とイスラム教社会の確執に拍車? オランダとトルコの衝突
  24. ポピュリズムをしっかりと分析しよう (その2)
  25. ポピュリズムをしっかりと分析しよう
  26. トランプが話題になる理由。Multiple citizenship の洗礼を受けるアメリカ社会
  27. 英語教育が本当に変わるためには!?
  28. 大統領の言動はデスマッチのお笑いではすまされない?
  29. トランプ大統領が多発する大統領令とは?
  30. アメリカの大統領就任式の速報解説
  31. オバマ大統領の「お別れ演説」が語ること
  32. 複雑な世界だから根本的な価値観を大切に
  33. アメリカの次期政権が東アジアにもたらすもの
  34. カストロは独裁者か英雄か。評価は時代とともに
  35. ドナルド・トランプはアメリカという潤滑油を維持できるのか
  36. アメリカ大統領選挙が残した課題とは
  37. 韓国、そしてアジアの「情報」への意識が大統領を追い詰める
  38. 大統領選挙の舌戦の向こうに見えるアメリカの「政治家」の危機感とは
  39. 大統領選挙の背景にある「今」という時代とは
  40. 分断されるアメリカ社会の未来を問う選挙とは
  41. 北朝鮮、中国の脅威。だから憲法をという短絡的発想こそ要注意
  42. フィイリピンでの爆弾事件が世界に語ること
  43. Populism が産み出した vigilante justice
  44. ドナルド・トランプの「暗殺」発言があぶり出した矛盾とは
  45. 共和党の離反に苦しむトランプ陣営。その背景は?
  46. 「固有の領土」とは
  47. アメリカのコアバリュー Individualism とは何かが問われる、銃撃事件
  48. ハーグでの判断から、中国の覇権の歴史的背景を考えると
  49. 世界は20年後を見通せない。EUの危機が語ること
  50. 中東問題の複雑な「本質」が霧の向こうへ
  51. 未来に向けての「日本の価値」の選択を
  52. メキシコとアメリカとの複雑な過去を見直せば
  53. 自動車会社のスキャンダルへの海外の反応が語るもの
  54. オバマ大統領の広島訪問が投げかけるもの
  55. スポーツ選手の「不祥事」にあたり、冷静でフェアな対応を。
  56. 日本のビジネス文化の負のベクトルを象徴する三菱自動車という「組織」
  57. 日本は民主主義国家?報道の自由のランキングが著しく低下
  58. 「蟻の一穴」が漏水へと発展したベルギーのテロ事件
  59. 中国にある新旧二つの多様性とは
  60. 東日本大震災でのお粗末な海外対応は是正されずに
  61. チャーリー・パーカーの命日にアメリカの伝統を思えば…
  62. ドナルド・トランプの圧勝という「まさか」に接して
  63. 英語の語源からみる大統領選挙で煽られる宗教と民族の根強い対立
  64. ベトナムの戦争体験も風化し、そしてインディペンデント紙も廃刊に
  65. 外交戦略を対人関係の心理をもって分析すると
  66. インタラクティヴで、プロアクティヴな英語能力の育成を
  67. 中東情勢から台湾の総選挙まで、世界におこる玉突き現象
  68. 世界の課題、「アメリカの価値」という列車に同乗できるか
  69. シリアの難民を襲う悲劇を見つめながら
  70. 日韓関係での「人権問題」を欧米メディアはどう見るか
  71. 1993年、世界が融和するチャンスがそこにあった
  72. フランスの国民戦線の台頭が撃ち鳴らすEUへの警鐘
  73. 「テロと宗教」、それはイスラム教だけではない人類の潜在的な課題
  74. フランス同時多発テロがグローバルコミュニティに投げかけた課題
  75. フランスの連続テロ事件を受けて
  76. 日本は知るべきエジプトの不満。超大国の思惑の狭間で
  77. たかが「Merry Christmas」と言い切れないトランプ発言の真意とは
  78. 「中世」が今に影響する宗教と政治の関係とは
  79. ロシアに操られ、誤爆に悩み、国内では乱射、アメリカの悪夢の1週間
  80. コスモポリタンな社会造りに貢献する中東パワー
  81. 日本国憲法のもう一つの価値
  82. ヨーロッパの理想と本音に左右されるシリアからの難民問題
  83. 世界の安全と日本の安全神話の矛盾とは
  84. ガンジーの国から、もう一つの8月15日を考えて
  85. 日本と戦争責任: 歴史上のコメントのトリックとプリズム
  86. アメリカ大統領選挙の争点とは
  87. 平和教育を考える。ポツダム宣言と戦争被害
  88. 日本が必要としている古典的なコンセプト Rust to Riches
  89. トヨタ女性役員辞任に思うこと
  90. 「集団的自衛権」を直視した時
  91. 温暖化が変える、アメリカの経済地図
  92. 今までにはない、大統領選挙への複雑な背景
  93. ボストンマラソンの被疑者への死刑判決が物語るもの
  94. ボルチモアでの暴動から見えること
  95. 世界を疎外してしまう日本特殊論
  96. 近未来は未だ来ず?「2001年宇宙の旅」から47年
  97. 「イギリス」でなくなったロンドンとは
  98. 偏見とステレオタイプ:言論の自由の課題を見詰めて
  99. イスラム国の影:ロンドンを震撼させた4人の少女の失踪事件
  100. 女性の社会進出へのドイツの試み
  101. 「悲しみに団結して、敗北することはなし」と、世界に向けて
  102. Urban Archeology (都市考古学) が語る江戸と世界
  103. 世界に繋がる「ケンジコール」に水をさす「蛮勇」コメント
  104. 国際問題の最大のリスク「見えない国境とは」
  105. アメリカ流平等社会を目指すオバマのスピーチ
  106. Post Clod War が産み出す「ロシア・ナショナリズム」
  107. パリの惨劇の背景とは。Patriotism と Fundamentalism の狭間で
  108. 北朝鮮問題は「Chaotics」な時代の一つの事例
  109. 世界のニュースをみるときに
  110. 人権問題に揺れた 2014年
  111. アベノミックスがポキッと折れた
  112. バンクーバーにあった一つの書店を偲んで
  113. アメリカの中間選挙とは
  114. サイバーブーリング(サイバーいじめ)の弊害とは
  115. イランでの刑の執行が我々に語ること
  116. 地理的にも西欧社会を脅威にさらす ISIS の現実
  117. マララの語る「教育」を日本が見詰めるとき
  118. 先進国の鈍感さ、自国が危機にさらされ、初めて実感
  119. 極東の新たな火種。香港版天安門事件への導火線
  120. アリババの成功物語から見えてくる日本の現実
  121. 民族国家と近代国家—ヨーロッパの抱える潜在リスク
  122. ポスト冷戦の先に見えるものは
  123. ミズーリの「長い暑い夏」が語ること
  124. 「対日モデル」の失敗が影響するアメリカの中東政策(中東問題その4)
  125. ガザの紛争が広げるイスラエルへの抗議、そして困惑(中東問題その3)
  126. 人類の築く分断の「壁」がもたらすもの(中東問題その2)
  127. アメリカの焦りと世界の混沌(中東問題その1)
  128. ドイツの明快な外交姿勢に翻弄された超大国アメリカ
  129. 杞憂か現実か? 政府と民間へむけられた仁義なき国際諜報活動
  130. 沖縄戦終結にみる、戦争を遂行した日本の責任とは
  131. 報道の自由か、国家の利益か
  132. アメリカとメキシコの切れない「縁」
  133. 少女誘拐 イスラムの混沌に目を向けて
  134. 厳しく弾劾される韓国のフェリー事故が語るもの
  135. ダビンチ・コードか、それとも宗教界を震撼させる発見か
  136. 殺人事件の容疑者が保釈される裁判とは
  137. 韓国の嫌日政策の本音
  138. 拡散の時代へのサバイバル術とは
  139. 冷戦時代の面影は今や残影か? ウクライナ問題へのアメリカの苦境
  140. グローバルスタンダードでの悲劇の後の対処とは
  141. ウクライナ問題は隣国の問題
  142. アウンサン将軍の生涯に学びたいこと
  143. 20世紀の思い出がまた一つ
  144. スノーデンは国家の威信と面子の宿敵
  145. なぜロシアはテロにおびえるのか
  146. タイの争乱とその背景
  147. 個人とビジネス、そして公的立場
  148. 家庭内暴力に象徴されるアメリカの法治文化
  149. 価値観の変化は常識をも変え、法をも変える
  150. カラシニコフ逝く。その評価は未来への大きな課題
  151. チャン・ソンテク処刑の一つの憶測
  152. ネルソン・マンデラの死、そして知る権利
  153. 楽天田中投手のガッツポーズから見える business とパーソナルの境界線
  154. ケネディ大統領暗殺50周年の意味するもの
  155. 韓国を取り巻くもの。それは今なお、日本と中国、そしてロシア
  156. 紙面に露になる矛盾に揺れる中国の苦悩
  157. 泣きっ面に蜂のアメリカの威信低下
  158. マララ・ユサフザイさんのスピーチに接して
  159. 文化や経済活動が政治と対立するとき
  160. 一線を越え、時限爆弾を握るアメリカ議会
  161. 温暖化と人の老化:人の意識の身勝手さ
  162. 68年前の今日、戦後、そして現在の日本の立ち位置が決まった
  163. アメリカの影響力低下を加速させる絶好のチャンスとは
  164. オリンピック招致失敗とイスラム世界の葛藤
  165. ネルソン・マンデラと中東問題の悲しい比較、そして日本は
  166. ワシントン大行進から50周年、あの名演説は未だ夢か
  167. Washington Post 売却。ジャーナリズムの牙城の陥落か、それとも再生か
  168. 内弁慶をやめる必要がある日本のロビー活動
  169. 「人権」か「言論の自由」かに揺れるソーシャルメディア
  170. 混迷するエジプトで揺れるアメリカの本音と建前
  171. 日本人が見落としがちなスノーデン事件の一つの盲点
  172. アメリカが抱える国際問題への介入のジレンマ
  173. 天才亡き後の真のイノベーションとは何かが問われた WWDC
  174. 命がけの暴露と国家への挑戦。その背景は
  175. 英語ではない。コミュニケーションこそ世界で生き抜くコツ
  176. グローバルな時代にふさわしいメディア対策の必要性
  177. セックススキャンダル、円安、そして橋下発言
  178. ドイツとトルコの複雑な愛憎
  179. 猪瀬都知事の発言の本当の課題、それは「日本病」
  180. ボストンマラソン爆破事件のその後
  181. ボストンでの爆弾事件が語るもの
  182. キューバと北朝鮮:アプローチの明暗
  183. アメリカのビジネス文化では異例!Appleの謝罪
  184. 旧ソ連の怨霊を裁き続けるロシアの首魁
  185. もう一つの 9.11 とその後
  186. 極東の緊張に困惑するアメリカ
  187. オリンピック東京招致への世界の論調
  188. ヨーロッパの二つの選挙
  189. 航空会社の合併に過敏に反応する出張族
  190. 教皇の辞任と現世の皮肉
  191. 鉄道が全盛期のドームが語るニューヨーク物語
  192. 4年ぶりに本音を語ったのか?オバマ大統領の就任演説
  193. アルジェリアの事件と欧米の払う複雑な代償
  194. 不死身のメディア王の貪欲な食欲
  195. 70年前の亡霊にくすぶる世界
  196. 2012年の終わりに。異文化のメカニズムを考えよう
  197. 進化の法則からみた日本の危機
  198. Kabuki はアメリカの政治用語 !?
  199. アメリカ経済「アメリカは財政危機を乗り切れるか」
  200. アメリカ視点「バランスか、改革かに揺れる習近平」
  201. アジアは混沌の年からどう変化してゆくか
  202. 不倫と軍の最高機密。オバマ政権を脅かす、思わぬスキャンダル
  203. オバマ再選をもたらしたアメリカの背景
  204. 世界の話題「異常気象」がフランケンストームを
  205. 大統領選のディベイトが日本に語ること
  206. 大統領選挙に見えるアメリカの分断
  207. コンテンツの集積事業に競うアメリカの電子業界
  208. 15歳の少年受刑者を拷問したアメリカ軍
  209. 中東の反米デモと中国の反日デモを比較して
  210. 日中問題の鍵を握るアメリカのスタンス
  211. オバマ陣営 中産階級のケアを反撃の材料に
  212. 大統領選挙へ向かうアメリカが望むこと
  213. ニール・アームストロングの死で終わった一つの時代
  214. 重慶市での共産党幹部の失脚と反日デモとの微妙な関係
  215. 竹島問題とドイツの戦後処理
  216. 「無気力試合」に象徴される中国報道が語るもの
  217. 消え行く English Gentleman??
  218. 相次ぐ銃乱射事件: 大統領選挙にも影響を与える銃規制の課題
  219. スポーツ選手の人種的発言によるトラブル
  220. アラファト議長は暗殺されたのか? 世界が見守る調査の行方
  221. アメリカでの健康保険の問題と大統領選挙
  222. ロドニー・キングの死がもたらす一つの感慨
  223. ムンバイのトイレ論争が語るもの
  224. 日本企業の不調は製品ではなく構造の問題
  225. オバマ大統領の失言と世界の複雑な過去
  226. ニューヨークのチャイナタウンと陳光誠氏の亡命
  227. ナバホの人の、日食を通したノスタルジー
  228. シングリッシュの国、シンガポールの、労働事情
  229. 電子ブックと刺激し合い、売り上げ好調なアメリカ出版事情
  230. 我々も、より多様なニュースソースを、スーダン問題の背景から
  231. 裸にしてのボディチェック、最高裁の不愉快な判決
  232. アンドリュー・サリバン氏の語るキリスト教観とアメリカの政治
  233. ユーロ危機の将来は。そして日本は…
  234. アラブの春が語るもの。サウジアラビアの英字紙のコラムから
  235. アフガンで米兵が市民に銃乱射
  236. 人気高まるジェレミー・リンとプロバスケットボール。そしてニューヨークとボストン気質とは
  237. ギリシャ危機: 経済の問題だけではない原因
  238. アメリカの保守主義とアメリカ流 freedom の価値観
  239. 米出張中にホイットニー・ヒューストンの訃報が臨時ニュースで流れて
  240. ビスマルクの肉声とアメリカの発明
  241. トルコとフランスの諍いがアメリカ大統領選に与える影響
  242. イタリア観光船事故—欧米と異なる日本流の責任の取り方
  243. 同性結婚とアメリカ大統領選挙

山久瀬洋二の活動とサービス・お問い合わせ